20180130 ペイサーズ vs ホーネッツ

クリフォードHCが復帰してからそこそこ調子が良くなっているホーネッツ。その理由は得点が取れるようになっていること。最近負けた相手はヒート、サンダー、ペリカンズなどのディフェンスの良いチームです。

あれ?ペリカンズ?
その試合ではフリースロー18/31です。その前にマブスに負けた時も15/30です。つまりはフリースローを外しまくった試合も負けています。なお、外すのはハワードだけではありません。

 

そう考えるとディフェンスに特徴のあるチーム以外ならば攻略出来ていそうです。今更感はありますが、残り試合が21勝13敗ならば5割です。
トレード話もありますが、目の前の試合も大切です。

ペイサーズは年末にオラディポ不在で5連敗はあったものの、そこからは8勝4敗とペースを戻し、オラディポはオールスターに。順調そのもの。

しかし、気がついたら上が落ちて来て、頑張れば3位すら狙える雰囲気も。プレーオフに向けてギアを上げる事が出来るのか試したくなって来ます。

なんならケンバを狙っても良いくらいですが、それはやっぱり崩壊するかな。

しかし課題はディフェンス力。今季15点以上リードされても6試合に逆転勝ちしているのはセルティックスと並んでリーグトップです。セルティックスとは逆でオフェンス力で大逆転が得意技です。

オフェンス好調なホーネッツ相手に守れるのか。

“20180130 ペイサーズ vs ホーネッツ” の続きを読む

20180129 スパーズ vs キングス

 

スパーズに関して思っている事は戦力・内容からすると「いくら何でも勝ち過ぎ」という事。

クワイ・レナードも戻ってきた前回のレポート時は戦力も揃い『ここから連勝しそう』でした。しかし、またも離脱者が増えたらしく、また「いくら何でも勝ち過ぎ」状態に戻りました。

それを証明するかのようにシクサーズに完敗したのが前の試合

 

キングスは何だかベテランの出場制限するそうで。何がしたいのか意味不明です。それって試合によって誰が出てくるのかわからないって事か。アトキンソン特集の後だとディスりたくなる内容ばかりになりそう。

ジョージ・ヒル。サラリーが高くなければスパーズは獲得狙ったかもね。

ちなみにレポートする試合のチョイスは無計画でやっていますが2週間に1回は全チームがレポートに登場するといいな、と思っています。しかしどうやらキングスの出番が少な過ぎる模様です。毎回同じ感想になるからなぁ。

“20180129 スパーズ vs キングス” の続きを読む

20180128 ウォーリアーズ vs セルティックス

ウォーリアーズに強いセルティックスですが、最近は不調です。その理由はこんな気がしたのが前回のレポートです。

・ベンチメンバーの弱体化
・ディフェンスリバウンド率の低下
・疲労

そんな意味ではウォーリアーズの強い部分との相性は悪いはずです。

・ベンチメンバーを含めたチーム力
・ロングリバウンド
・ローテーションで休んでいる

しかし、相手が強いと安易なプレーが減るのもよくある話ですし、高さで勝負されないだけリバウンドがとれそうなセルティックスでもあります。

 

前回の対戦でデュラントを見事に止めた事がジェイレン・ブラウンの評価をオールディフェンスチームまで上げました。今季デュラントを止めた選手はブラウンとポール・ジョージしか見ていません。レブロン止めるのは何人か見た。

そんなシーンまで持ち込めればカイリーvsクレイも発生します。そこまで持ち込まれない可能性の方が高そうな現状です。

“20180128 ウォーリアーズ vs セルティックス” の続きを読む

20180127 グリズリーズ vs クリッパーズ

ケガ人が多いクリッパーズの本来のスターターは

テオドシッチ、ベバリー、ガリナリ、グリフィン、ジョーダン

それを譲らない人がいるけど、このメンバーなら勝てるのかって疑問をシーズン開始から呈していました。もっとも全員が揃った試合はレア過ぎるのですが。

 

一方でジェリー・ウエスト効果なのか、ベンチに良い選手を揃えるようになり、彼らが試合に出る事で連勝を手にしました。管理人のお気に入りはリードとデッカーのコンビですが、他にもハレルなど仕事する選手が一杯。何よりルー・ウイリアムスがいます。

 

つまりは何人かの選手が復帰しない方が素晴らしいプレーになりそうなクリッパーズ。開幕当初はグリフィン頼みだったのに、正しいポジショニングする選手が増えたからパスも回るように。

で、前の試合はジョーダンが復帰してハイスコアが途切れました。それを確認してみたい試合

 

グリズリーズは結局何をしているのか?

HC交代して何をしているのか。いや、ビッカースタッフを来季も継続ならば何の文句もありませんが。勝てない中で来季以降を見据えているのか。勝とうともがいているのか。

 

そしてまたもケガ人が増加。エバンスとジャマイカル・グリーンが不在とか何を見れば良いのか。パーソンズはもうどうでもいいや。モデルに専念すれば。

 

“20180127 グリズリーズ vs クリッパーズ” の続きを読む

20180126 ナゲッツ vs ニックス

激戦のプレーオフ争い中のナゲッツ。シーズン通じてケガ人に悩まされてきたけどナゲッツ自体は同じペースなので、もうひと頑張りが必要です。

落ちてきたニックス。希望を失うにはまだ早いけど、ケガ人もいるし、如何すれば良いか迷う所です。ロードが続く苦しい日程。

エルナンゴメスが兄弟って知りませんでした。プレースタイル違いすぎ。

“20180126 ナゲッツ vs ニックス” の続きを読む

20180125 シクサーズ vs ブルズ

勝ち数だけなら差は4つしかない両チーム
どちらも未来に向かうチームだけどスーパースター2人のシクサーズと何人もいる有望株のブルズなので、発想は異なっています。

スーパースターに合わせるのはシューター達。だけど、結局信頼できるのがレディックとコビントンしかいません。
そんなコビントンは2点負けている場面でオフェンスリバウンドを取り、フリーのエンビートを無視して3Pラインまで下がって自ら外したらしいです。何だか扱いの難しい選手だったり。

だからポジションを選ばないシモンズの優位性も活かして、ロールプレーヤーにフィジカルなメンバーを増やしました。

◯1月のレーティング
オフェンス 108.3
ディフェンス 97.7

オフェンスも良いですが、それよりもディフェンスで再浮上してきたシクサーズ。1月は6勝2敗。

一時期の連勝が落ち着いたブルズ。まぁそうたろうね。特集した時に指摘したのは「オフェンス力向上には理由がある。でもディフェンスは偶然」だからあの時期はいくら何でも勝ち過ぎという事。

◯1月のレーティング
オフェンス 106.6
ディフェンス 111.1

そんなわけでオフェンスは継続できていますが、ディフェンスは崩壊。ドヤ顔の管理人。
1月は5勝8敗。

 

“20180125 シクサーズ vs ブルズ” の続きを読む

20180124 レイカーズ vs セルティックス

今季初めてトラブルになっているセルティックスをカイリー・アーヴィングは嵐に巻き込まれたと表現しました。

長いシーズンには浮き沈みがあるもの。むしろここまで順調過ぎただけの気がしますが、好調ラプターズの影が迫ってきたのも事実です。

特に問題なんてない気がしますが、それがあるならば確認したいセルティックス

 

アーヴィングの発言が嫌味に聞こえてしまうレイカーズ。ロンゾ復帰のタイミングかどうかは知らないけど、よくわからない方向に舵を切って理解に苦しむとしたのが連敗中

しかし、一転勝ち始めたからよくわからないよ。しかも聞いた話だとクラークソンやランドルが活躍したとか。

こちらも謎だよレイカーズ。今は一体何をするための時期なのか?
今は両者に差があるライバル対決です。

“20180124 レイカーズ vs セルティックス” の続きを読む