ウエストファイナル 第3戦

ウォーリアーズ 120
スパーズ 108
スパーズの健闘が見えた試合ではあるが、最終的なスタッツをみれば、ウォーリアーズが淡々と120点オーバーになるゲーム運びをみせた試合だった。
レナードは復帰せず、パチュリアもブーイングの場に現れなかったので、異様な会場の空気みたいな現象も起きなかった。
気を使うレフリー
第2戦から時間が空いて最も対策を施して来たのはレフリーだった。接触を許さず早めのコールで試合が荒れるのを防ごうとするレフリー。それはシュートファールをとられるウォーリアーズに不利に働く。元々ファールが少なく、かつマギーのシュートシーンが目立ったためスパーズ側は普通な感じ。フリースローで得点出来たスパーズはラッキー。なお、ホームコートアドバンテージな感じではない。
そして好調だったカリーが早々に3ファール吹かれる。大きくスパーズ側に傾きそうなレフリングだったが、ダニー・グリーンがカリーに突っかける場面でことごとくミス&パスでチャンスを逸してしまった。
そんなレフリーでした。



大丈夫なのか、スパーズ?
スモールラインナップ対抗で臨んだスパーズは激しいディフェンスと人もボールも動くオフェンスで良い入り方をする。ウォーリアーズはオフェンス面ではプレッシャーに対してボールを動かし、マギーでフィニッシュする流れなのでさほど問題はなかった。唯一、困った時のデュラントがターンオーバーを繰り返すという珍しい展開。
スパーズのオフェンスはスペースをもらったオルドリッジが動きを作る。スモールラインナップにしてインサイドが自由を得るというのは最近の流れだよね。
中外繋がると強いのがスパーズの特徴なのでオルドリッジからのシモンズラインは効果的。そして若返ったジノビリが躍動する。ジノビリはダンカン不在でシステム的な活躍出来なかっただけなのかもしれない。
そんなスパーズを見ていて思ったのは、このペースで大丈夫なのか、ということ。ベンチをみると控えにはズラッとビックマンが並ぶ。つまりこのハイペースを続けるには駒不足。しかも中心にいるのはオルドリッジで代役がリーしかいない。
そしてそのリーが大活躍ののち、大怪我の疑いで退場してしまう。うーん、災難に見舞われているようなスパーズ。
素晴らしいオフェンスを展開した反面、明らかにウォーリアーズが希望するペースで接戦に持ち込んだスパーズ。得点差以上にボディブローのように効いてきそうな前半だった。



フラグ回収が始まる。
そして前半のフラグ回収が始まる。はじめに回収されたのはウォーリアーズのマギー。活躍しすぎ&走り過ぎだったマギーは後半に沈黙する。象徴的だったのはアーリーで3Pラインの外でボールをもらったマギーはドライブでディフェンスをかわしながらレイアップ→当然ミスして逆速攻でオルドリッジに決められる。
そして戻るスピードがあからさまに遅くなるマギー。後半開始直後のスパーズの得点はほとんどマギー絡みだったのは偶然ではない。
スパーズで回収されたのは意外にもオルドリッジ。いつからそんなにスタミナなくなったのか、ブレイザーズ時代にはみられなかった気がする。ショットミスが目立ち始め、接戦を展開する機会を逃してしまうオルドリッジ。
スパーズにきて効率は高くなったけど、代償として個人能力を失っていったのかもしれない。タフに決めまくるオルドリッジってもう昔の姿なのかな。
軸が不安定になったせいか、それともオフェンスが重要になったからか不明だけど、スパーズのディフェンス陣はどんどん後手を踏むようになっていく。つまり1個目のアタックは守れるけど連続するアタックは守れない。デュラントについていきボールもらうのを守るが、バックドアに切り替えられると離してしまう。デイビッド・ウエストがアシストを連発したのはそんな感じから。
これまでバックドアを嫌がり守っていたスパーズだけど、インサイドヘルプの人数を減らしたことと、マギーがお疲れでウォーリアーズが更に小さくなった事でバックドアをされまくる後半になった。やり過ぎてミスも増やしてしまったウォーリアーズだったけど。
そうなってくるとデュラントは止められない。前半のミスを取り返すような活躍で3Qに19点を稼ぐ。
3Q自体はベンチの頑張りもあり、なんとかついていったスパーズだったけど、3Q終了時点で100点を取っているのは明らかにウォーリアーズのペースだったよね。
そんなわけでもう4Qになるとスパーズの主力は抵抗する体力が残っていなかった。点差的には可能性がある段階でポポビッチが諦めたのも得点以上にチームが消耗していたのを感じたからだろう。



何が正解だったのか。
表面的にみればスモールラインナップ対抗でチャンスを見出せる得点差に持っていったスパーズ。一方でどう考えてもウォーリアーズペースにならざるを得ないチョイスでもある。
そしてコートでもそれは明確に示されてしまった。単純な話、パーカーとレナードというアウトサイド2人分の人数不足だったともいえる。クオリティ以上にコマが足りない戦い方。
逆に言えば2人いれば最後まで戦えたし、クオリティ的にもレナードで勝率は大きく高まったはず。でも2人がいたらこんなペースにしないけど。
チャンスを見出すという点では成功したスパーズだけど、勝率を高めるという意味では微妙な選択だったと思う。



惜しいようで惜しくないスパーズだった。それでも若手は頑張っていたし、ジノビリも若手だった。ダニー・グリーンがより強気にカリーを攻め立ててファールトラブルに追い込めれば、ウォーリアーズといえどここまで落ち着いて自分達のゲームを続けることはムリだったと思う。
パーカーとレナードがいない中では評価出来るのだけど、なんかもう来年以降のための経験値得よう的な空気すら漂い始めた。
一矢を報いるためにレナードを使うのか、元気な若手を積極活用するのか、そんな事ぐらいしか楽しみがなさそうな第4戦になるのだろうか。

イーストファイナル 第2戦

キャブス 130
セルティックス 86
点差ほど悪くはなかった第1戦を経て、点差並みに悪い第2戦となったセルティックス。流しながら戦えたキャブスは気分良くプレーし過ぎです。
1on1させられるセルティックス
第1戦で活躍したのはジェイレン・ブラウン。それは何故か、個人で仕掛けられるから。キャブスのディフェンスはスクリーンに対して過剰気味にショウする。レブロンなら簡単にパスをふれるが小さいトーマスはディレクションされるとパスを振るのが難しい。スクリーンからのローテーションでチョコチョコフリーは作れるけど、そこはディレクションされたトーマスからは見えない位置になるのでパスを出せない。
出せないとはいえズレてはいくので、2つパスが繋がると誰かは1on1し易くなるのだけど、誰もが勝負できるわけじゃないのがセルティックスの設計。スタメン起用されたグリーンが3P決めたのはそんな空いた時に躊躇しなかったから。
これがバンバンボールが回った先ならみんな勝負するけど、結構あっさりとそんな場面に出くわすと躊躇してしまう。キャブスからすると、そこは個人がガンバレという事はハッキリしているのでそこそこ守れてしまう。なお、そこそこであってあそこまで外したのはセルティックスに問題がある。
ハマり続けたセルティックスは、そうなるなら始めから1on1しように切り替える。まずは強みのホーフォード。トリスタン・トンプソンを攻め立てることにも繋がる。しかし、あれっ?それ外すの?状態に。
次に相手の弱みコーバー狙い。ブラウンは決めたけど、後が続かない。巧みにヘルプとディフェンス任せを使い分けるキャブス。キャブスというかレブロン。



結局のところ、キャブスはセルティックスのボール回しを阻害しに来ていた。それはヘルプが来ない(遅い)わけで、個人がミドルを選択してれば問題はなかったのだけど、それはセルティックスのオフェンスパターンではないという事。
ミドルレンジからゴール下へのパスを何度も繰り返しスティールされたセルティックス。そこに意識がいきすぎて、途中からキックアウト出来なくなっていた。
前半は11アシストと数はそれなりだが、そもそもFGで25点しかとっていないので、逆にいえばアシストなければ得点できなかった証拠でもある。そしてアシスト数字並の10ターンオーバーだよ。



キャブスのオフェンスは驚異だったのか。
結論を言えばイエスだ。見事なまでにコートのあらゆる角度から、様々な選手が決めている。そんなオフェンスは止めようがない。
でもキャブスの場合は明らかにきっかけがある。いうまでもなくレブロン。そしてこの試合はケビン・ラブ。ラブが躍動している時間のキャブスは強い。それはペイサーズ戦のレビューから書いているが、一方でレブロンがラブを躍動させてあげている状態だった。
しかし、この試合のラブはレブロン関係なくタフに3Pを決めてセルティックスディフェンスを崩壊させた。レブロンとラブは対角に構える事が多いので、広げられてしまうセルティックスディフェンス。結果、あらゆる角度から決められることになりました。
トンプソンのオフェンスリバウンドを封じたら、外から決められてしまった。きまっているからリバウンドが少ないのも事実ではあるが。49%も3Pを決められたら勝てるはずがない。まぁそれ以前に勝てる内容ではなかったが。



打開策が見つからない。
当たり前だけど、日本代表がNBAチームと連戦しても対応策って何もないよね。セルティックスもそんな感じ。ちょっとNBAレベルとしてはありえない段階で負けている。
例えばレブロンはスーパーで誰でも嫌がるけど、ポール・ジョージは何も恐れず向かっていき、時にはレブロン側が勝負を避けてしまう。PJタッカーは選手の格としては遥かに劣るけど、ディフェンスで引かないのはもちろんオフェンスでも勝負すべき場面になったらガツガツいくし決めてくることも多い。
セルティックスの面々はどうしても、そんな場面で避けてしまう。相手をリスペクトし過ぎ。
大差で後半になり、トーマスもいなくなってしまった時に、それでも向かっていく姿勢を失わないのはスマート、ブラッドリー、ブラウンの3人だけなんだよな。そしてスマートはそこに持ち味なさすぎて失敗してるし。
ここまで手詰まりならブラウンをスタメンにして始めからガツガツ攻めて先手必勝、あたって砕けろ!!しかないよ。
スイープが現実味を帯びて来た試合でした。セカンドラウンドを楽に突破出来るかは大きいんだな。

オールNBAチーム雑感

オールNBAチームが発表になったので雑感。
http://www.nba.co.jp/nba/2016-17-all-nba-team/18uc86tg3mtqxzbbbnpqddftp
まず、ファーストチーム。ガードとフォワードは誰が予想しても固かったが、センターにアンソニー・デイビス。それありなのか。ありなら順当ではある。1位票が45も入ってるから、多くのメディアがありと判断したのだろう。実際、センターで検索して当てはまるしね。
そしてウエストブルックを1位にしなかった投票者1人だけいて、その票はカリーに流れてる。これはまだ良いが、レブロン1人、レナード4人の1位票がデュラントに3人、ドレモンド・グリーンに4人流れている。
んっ?あれ? 計算が合わない。どうやらグリーンにはセンターとしての1位票が入っているっぽい。2位票以下はわからないけど、得している可能性があるね。
それにしてもデュラントとグリーンに1位票か。うーん、なんかウォーリアーズ得としか思えないな。評価の基準はさておき、デュラントは今季20試合を欠場している。そんな選手がレブロンやレナードより上と判断した理由を知りたい。
まぁでもセカンドチームは納得のメンバーだ。アンデトクンポやゴベールはリーグを沸かせてくれた。
違和感あるのはサードチームだ。個人的にはグリーンよりも活躍した選手は多くいるし、その1人はバトラーだけど、バトラーと同じくらいヘイワードやポール・ジョージはスタッツを残し、ミルサップは攻守に中核を担い、ケビン・ラブは41回のダブルダブルを達成した。トリプルダブルならヨキッチは6回だ。まぁヨキッチはないけど。
アシストの7は立派だけど、FG42%10点、8リバウンドの選手がオールNBAチームは違和感がある。デアンドレ・ジョーダンの票数が少ないことからもセンター票をグリーンに加算しているのでは?という感じ。なお、センターとして選ばれるなら納得。
そのセンターはジョーダンが58ポイントという驚異的な少ない票数でサードチームへ。同じくデローザンも少ないけど、ガードは1位と2位票がほぼ4人確定していて3位票ばかりなだけ。ジョーダンには100人の投票者中28人しか3位までに投票してない。デローザンは54人。
ダブルダブル62回(2位)、25点(12位)、12リバウンド(6位)なのに選ばれないタウンズは可哀想。ジョーダンの成績に文句はないけど比較したらタウンズだと思うけど。
ホークス(ミルサップ)を除いて両カンファレンスの上位6チームから選ばれた。それ以外はデービスとバトラーだけ。チームの注目度が全てだったかもね。
ヘイワードはオールNBAチーム入りしなかったので、オプトアウトしてFAの可能性が高まった。そんな事も関係してくるので、発表が早かったらしい。

ウエストファイナル 第2戦

ウォーリアーズ 136
スパーズ 100
レナード不在もあり、スタートから攻守に積極的に振る舞い大差で連勝したウォーリアーズでした。
ラッシュをかけるウォーリアーズ
第1戦は安全なデュラントからはじめたウォーリアーズだったが、試合勘も戻ってきたよね、という感じでカリー&トンプソンでラッシュをかけたウォーリアーズ。デュラントのアシストからカリーが決め続けた事でリードを奪う。
スパーズはトンプソンには打たせない事を優先しているので密着マーク。フェイクにも反応するので抜かれるし、裏もとられるけど、そこはヘルプでなんとかなる設計。実際にゴール下では潰していた。
ウォーリアーズに本当のリズムが出てきたのは、密着されてるトンプソンにボールを運ばせ始めてから。ほとんど見ない光景。ボールを運びパスを出し、裏を取ってヘルプ集めてアシストするPGみたいなトンプソン。そこからミドル決めてくリビングストンはエグい。
すると今度は外からも打てるようになっていくらしい流れで快調にオフェンスが天界されていった。



対策されたダンカンシステム
何故かマッチアップを変えたウォーリアーズ。オルドリッジにパチュリア。グリーンの方が止めやすいだろ、と思っていたらポストアップに対しダブルチームになっていた。
グリーンなら高さで打たれてしまうが、パチュリアなら抜きにくるからヘルプが間に合うと踏んだのだろう。
本来は空いた選手が飛び込めば良いのだが、ガソルにはグリーンが徹底マーク。ミルズとグリーンは外だ待っているだけ。レナードとパーカーの不在を利用した作戦だった。オルドリッジは良い戦術過ぎてパスを出してしまうんだよね。
なお、点差が離れた2Q途中からダブルチームを辞めたウォーリアーズ。タイムアウトあけからだったので多分辞めた。するとスパーズは4連続得点したので成功していたダブルチーム。



ベンチメンバーを出すのが早い感じのスパーズ。多分、レナード不在もあり機動力とスタミナで対抗しようと考えたのだろう。見事に失敗していた。ミルズはテンポを変えられないのでポポビッチが変化をつけてみたのかな。



イグダラがいないという事
試合は流れが悪いとデュラントを使い、良くなるとラッシュをかけて押し引きはあったけどリードを保ち続けたウォーリアーズが完勝した。
特にデータ確認したい事もないので、イグダラの不在について触れてみよう。
表面的にはマコーが埋めた。フィジカル勝負は苦手だけど、ディフェンスが良いマコー。必要最低限のシュートを完璧に決めてカリーに次ぐ活躍だった。イグダラより確率高いので代役以上の出来。
しかし戦術的には違う。グリーンとイグダラがPG的に振る舞って、カリー&トンプソンにシュートを打たせるのがウォーリアーズの戦術特徴。
それがグリーン1人だとローテーションがキツイ。スモールラインナップが使い難くなっていた。マコーがシュート決めてたからまだ良かったが、怪しい時間帯もあったよ。
というわけで、レナードがいなかった事もありディフェンス面では問題なかったけど、オフェンスとローテーションに歪みがあった。これは接戦になったときにグリーンの暴走という形で影響が出てくると思う。
ドフリーのシュートは外し続けたグリーン。関係ないけど、インサイドでイライラしたときにボール運びでリフレッシュできるって良いよね。



ウォーリアーズらしさを存分に発揮させてしまったスパーズ。テンポコントロール出来てないのがツラい。ウォーリアーズが早いのは止められなくても、自分達のペースは自分達で決めないと。パーカーの不在を大きく感じさせたオフェンスだった。
次戦まで時間も空くので帰ってきそうなレナード。ホームなのでパチュリアには凄まじいブーイングも吹き荒れるだろう。なので心機一転、仕切り直し出来ると思うよ。

ウエストファイナル 第1戦

ウォーリアーズ 113
スパーズ 111
大逆転を果たしたウォーリアーズ。スパーズファンからするとふざけんなパチュリアって感じ。オリニクの事をダーティーとか全くいう必要のない発言をしたグリーンだけど、ウォーリアーズの方がよっぽどダーティー。パチュリアとグリーン、ロケッツのベバリーは相手がケガする事を全く気にしないでプレーするから大嫌い。その中でもパチュリアは不必要なオーバープレーを繰り返す。3年ぐらい出場停止にして欲しい。
デュラントがケガした時も不必要なオーバーアクションして味方を傷つけた。ざまぁみろと思ったけど、何も変わらなかった。



何故、25点も開いたのか。
スパーズが2Q途中までに25点もリードを奪った。その要因をそれぞれのチームの視点から見ていこう。
スパーズ
・ダンカンシステム
スパーズがリードを奪い始めたのは、レナードがベンチに下がってから。オルドリッジを中心にしたダンカンシステムが明確になる。ロケッツとの最終戦と同じ。
試合開始当初は膨らみすぎていたスパーズのオフェンスは機能しなかった。それはレナード中心に外から攻めるのでディフェンスを収縮出来ないのだ。フットワークに優れたウォーリアーズのディフェンス。
レナードが休む時間は一旦オルドリッジに預けるので収縮させてバランスが取りやすくなる。オルドリッジがインサイドプレーでアンドワンをとったシーンは、本来はドリブル中にヘルプが来るのだが動き回るスパーズの面々にウォーリアーズが後手を踏んだ形。
さらにツイていたのが2Qになってレナードオフェンスに戻った際に何故かバーンズがレナードのマーカーになる。ディフェンスに定評のあるバーンズだが、フィジカル系は得意ではないので、あっさりとかわされるシーンが続く。
簡単に得点出来るレナードで流れも良くなったスパーズ。イグダラやデュラントなら違ったよね。実際に交代するとレナードをブロックしたデュラント。
・ハードディフェンスとドレモンドグリーン
スパーズはディフェンスでフェイスガードする事でスイッチの機会を減らす。ウォーリアーズとの対戦ではどのチームもスイッチディフェンスで苦労する。でもフェイスガードしてれば簡単にはスクリーン出来ない。カリー&トンプソンを逃さないスパーズ。
そして予想通りバックドアに最大限の警戒を払う。裏は絶対に空けないのだ。なお、ダンクも絶対ダメなのでファールで止める。結果的にガソルのファールトラブルは痛かった。
でもそんなディフェンスを全員でやったらスカスカに抜かれてしまう。まぁ実際にデュラントにちょこちょこ抜かれてた。なので出口がある。それはドレモンド・グリーン。プレイオフに入り3Pが入っているグリーンだけど、本来はウォーリアーズの中では下手な部類。そしてドフリーにさえしなければ打たない。
そんなわけでグリーンにはボールが渡るものの、駆け引きならお手の物のジノビリが遅れてマークに行く。アシストの多いグリーンだけど、それはウォーリアーズシステムでの話。
微妙にシュートの打てないグリーンの選択肢はパス。フェイスガードしてるから裏狙い。でもそれは最大限の警戒をしているスパーズだからカットされる。カットされたのはまだしも味方が受ける気なかったシーンはグリーンの状況判断が悪すぎる。
というわけで、ディフェンスではスパーズの狙いがヒットし、オフェンスでは偶発的な部分も大きかったリードでした。



ウォーリアーズからみた25点ビハインド
・そもそもデュラントスタート
スイープしたため時間の空いたウォーリアーズ。試合勘に不安があったのだろう。安パイのデュラントからオフェンスをスタートする。大当たりではないが、しっかり仕事は果たすデュラント。
デュラントスタートは確実性は高いが怒涛のシューティングラッシュにはならない。なのである程度得点が伸びないのは折り込み済。デュラントを警戒させてマークが緩んでからボールを回しに行く。この辺りは成功するのだが、レイアップすら外すトンプソンで流れが怪しくなる。
そして2Qにはいり、謎のゼロPGシステムからグリーンがミスを連発する。完全な自滅パターン。
多分、試合勘の問題から多くのプレーヤーを使っておきたかったのだろう。そして試合勘が酷かったメンバーが揃ってしまったのが2Q序盤だった。グリーン、トンプソン、ウエスト、バーンズ。まともなのはイグダラだけ。でもイグダラはケガ持ち。
もちろんカリー&トンプソン&デュラントが全員フリースローを外すなんて事は想像もしなかっただろうが、シュートが入らなくてもテンポアップは狙おうとしていたし、1Qはある程度早い展開になっていて、スパーズディフェンスが後半にバテる感満載だった。
しかしターンオーバーは別物。特にパスミスからの速攻はディフェンスに勇気を与え、スタミナ消費を抑えてくれる。2Qからはスパーズディフェンスは疲れそうになかった。
そんなわけでウォーリアーズからするとシュートが入らない事よりもターンオーバーが引き起こしたトラブルだった。打ってればシュートは入るようになるけど、そもそも打ってないよねー、みたいな。



大量リードがもたらしたもの
前半の終わり頃から流れは完全にウォーリアーズなのだが、スパーズはギリギリでシュートを決める事でリードを保った。
しかし、ここに油断が生じたのか後半開始からディフェンスが甘くなる。特にミルズ。前半はフェイスガードによりスクリーンにかかり難くしていたが、カリーに対しドライブ警戒の間合いにして事で簡単にスクリーンにかかる。フリーでことごとく決めたカリーも凄いが、そもそもなんでそんな簡単にフリーになるのか。
それでもレナードが3分半で8点を荒稼ぎして踏ん張るが、パチュリアのあからさまにケガさせようと足を伸ばしたワナに捕まり退場させられた。そこからウォーリアーズは16ー0のランで点差を一気に詰めた。
ディフェンス面ではレナードの不在はあまり関係ないが、オフェンスではミスマッチが作れなくなったスパーズ。さらにゆっくりと攻める事を重視し過ぎてリズムを失ってしまった。ここは難しいね。
レナードの不在以上に大量リードがもたらした停滞であった。ディフェンスでカリーを自由にしたミルズだけど、オフェンス面でも単に時間を使うだけになる。パーカーなら人もボールも動かしチャンスを探しながら時間を使う。人もボールも動かずにゆっくりしたオフェンスってスパーズではなくてサンダーみたい。でもウエストブルックもレナードもいないよ。
この試合で330回のパスを繋いだがアシストは19。ここまでのプレイオフでは平均280回で20アシストなので、単に回していただけで効率的なボールムーブが出来なかった事がよくわかる。



救われたウォーリアーズ
後半は爆発したようなウォーリアーズだけど、実際にはカリーが爆発してデュラントがいつも通りだっただけ。チームとしての機能性は欠いたままだった。
シーズン平均30のアシストが22に留まった。スパーズに止められたのとシュート外し過ぎてアシストにならなかったのと。
それでも勝てたのは2人の活躍とレフリーに助けられたため。オルドリッジのポジション取りやドリブルに対するウォーリアーズのチェックには全く吹かないけど、スパーズのシュートチェックには異様に厳しかったレフリー。
ガソルのファールトラブルでツインタワーの時間が短く、逆にウォーリアーズがスモールラインナップを使えた事が後半の展開を生み出した。オルドリッジが押し出されたらガソルがゴール下みたいな展開を使えなかったスパーズ。



ウォーリアーズらしさがなかった試合。前半はスパーズがらしさを消した部分もあるけど、基本的には自滅って感じ。それ故に勝ちたかっただろう。
レナード不在でもオフェンスはそこまで苦しくはないと思うけど、ガソルとリーが行方不明になると厳しいな。
ディフェンスではデュラントを止められないので、そこをどうするか。いっそのこと止めない代わりにトンプソンには何もさせずウォーリアーズらしさを消す方向性もあり。
ジノビリが若返っててビビった。ジノビリへはヘルプに行かないウォーリアーズの計算はやり直さないといけない。

セルティックス 対 ウィザーズ 第6戦

ウィザーズ 92
セルティックス 91
予想通りに奮起しシリーズを終わらせなかったウォールのシュートでウィザーズがタイに戻した。ビールで設計されたオフェンスだったと思うけど、ダメだと判断するや自分で決めきった。これからウォールのハイライトのトップにきそうなシュートだった。こんなのばかり決めてるコービーは異常だな。
最後は残り1秒からのスローインで打ったトーマスのシュートが外れた。コービーはラストショットのアドバイス忘れてたのか。



繰り返されるエースキラー対決
3戦目からトーマスを止めて連勝したウィザーズ。5戦目にウォールを止め返して勝利したセルティックス。さらにセルティックスはウォールのドライブにカウンターで速攻を仕掛ける対策までしてきた。
ウォールから始まるウィザーズなので、ウォールがドライブするとインサイドの合わせと両コーナーでキックアウトを待つ。となればセンターラインが空いているから、逆速攻を狙うのは理にかなっているが、簡単に出来るものではない。ブラッドリーの切り替えの早さとスリーガード&ホーフォードの能力。この試合では遂にウォールがドライビングレイアップを決めたのに逆速攻を切り返すという荒技まで出した。
ウィザーズはウォールの1on1のスタート地点をサイド側に移行する事で対策してきた。サイドだとトップでキックアウト待つ選手がいるのでセーフティに戻れる。なお、それなのに戻りきれなかった場面があったのでHCに怒られただろう。
とはいえ、前半はウォールがドライブを自重した事もあり抑制された。その代わりアシストでチームを機能させたウォール。前半は6アシスト。なお、シュートは速攻のレイアップしか入らなかった。
セルティックスはこの試合もブラッドリー。攻守の切り替えが早いのと、オフボールで隙を突くのが上手い。逆にウォールはボールを見てしまうクセが強く、度々ブラッドリーを見失う。5戦目の反省を活かせていないウィザーズ。
トーマスへのフェイスガードならそもそもボールみないので、よく抑えていたウォールなので、マッチアップ変えた方が良いのでは。
しかし、代わりにサポートメンバーのシュートが全く入らなかった。前半はベンチが1/11。
エースが決まらないがビール他がカバーしたウィザーズ。スターターは決めたがベンチが散々なセルティックス。
これまでになくロースコアな展開で前半を終えた。



コービーにはなれなかったトーマス
味方のシュート成功率の低さに業を煮やしたか、後半はトーマスが打ち始める。
プレイオフに入ってからトーマスの事を見直していた。自分が狙われ得点させられていたブルズ戦、自分が止められたウィザーズ戦、それぞれ自分が行くべき場面を選択し直したり、チームのためにスクリーナーに徹したりと、非常にクレバーなチームプレーを身につけていった。コービーのアドバイスが大きかったらしいが、コービーならそれでも自分で決めてたのは内緒だ。
そんなトーマスだけど後半は18本を乱れ打ち、6本しか決まらなかった。トータル27点をあげたが、トーマスを除いた後半のFGは57%と非常に高かったので、パス捌きを優先していればセルティックスは楽にオフェンスを展開出来ていたのではないか。
トーマスが打開するからこその高確率でもあるが、もう少しガマンしていれば良かったのではと思わせる内容だった。
たらればで言えば、コービーなら確率低くても強引に勝利を手繰り寄せてしまっただろう。最後のシュートを決めてしまうからスーパースターだったわけだし。
しかしトーマスはトーマスなので、より良い選択をした方がチームは強い。



リベンジするウォール
自重した前半と違いアシストを減らし、レイアップで加点したウォール。要は決めれば速攻はされないのだから、とばかりにエースの顔をみせる。(決めても速攻されたけど)
こちらも後半になり16本を打ち半分を決めた。3P以外は好調でトータル33点をとったビールと2人でセルティックスに対抗して行く分かりやすい展開。
残り1分半で5点ビハインドから、ビール3P、(ウォールブロック)、ウォールフリースロー、ビールジャンプショット、そして最後のウォール3Pとシュートを外さずに攻守に決定的なプレーをして勝利を掴んだ。
セルティックスには疑問がある。41秒同点のスローインからブラッドリーが直ぐに打ち決めたプレー。
決まったから目立たないが、10秒以上使えばセルティックスがオフェンス2回、ウィザーズが1回の勝負に出来た。結局、ウィザーズに2回のチャンスを与えたことが響いて負けてしまった。



ホームチームが勝ち続けている両者の対戦。ボストンは盛り上がりまくるだろう。勝敗をわけるのがレフリングにならない事を祈る。
用意されるであろうセルティックスの次なる作戦がどう転ぶのか。そしてウォールとトーマスのどちらがよりスターなのかの対決にもなりそう。

スティーブン・アダムスと同じ歳は誰か

この記事はスティーブン・アダムスは23歳である事が信じられない事を思いついただけのバスケとはなんの関係もないブログです。
同級生は誰なのか。
スティーブン・アダムス
1993年7月20日生まれ
https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/otherballgame/basketball/2016/assets_c/2016/06/StevenAdams20160607-thumb-500×376-129831.jpg
芸能人
神木隆之助
1993年5月19日生まれ
福士蒼汰
1993年5月30日生まれ
能年玲奈
1993年7月13日生まれ
他にもきゃりーぱみゅぱみゅやら有村架純やらと同じ歳。アダムスと学校で机並べて座ってたらウケるわ。
まぁアダムス1人でも想像つかないけど。
バスケ選手
田渡凌
1993年6月29日生まれ
https://mobile.twitter.com/TAWATARIRYO/status/762914486781038592/photo/1
たまたま日本で遭遇したらしい写真
冨樫勇樹(千葉ジェッツ)
1993年7月30日生まれ
橋本晃佑(栃木ブレックス)
1993年5月7日生まれ
ベンドラメや鵤、池田、寺原、笠井などのガード陣のゴールデンエイジが高校時代に活躍し、延岡の三冠達成に沸いた時の高校3年生。その頃アダムスは国内リーグで優勝していたとさ。
(個人的に)定期的に思い出すアダムス若いんだよな、という違和感を思いついただけのブログでした。

ウエストファイナル 展望

ウォーリアーズ(1位)とスパーズ(2位)の対戦。シーズン中はスパーズの2勝1敗。それぞれアウェーでも勝ってるよ。
3Pを打たせるウォーリアーズと打たないスパーズ
ウォーリアーズが3Pを打つ事はみんな知っているが、打たせた数も平均28本でリーグ20位と多い。その代わり3FG%が32.4%でリーグで最も抑えている。
対してスパーズは平均23.5本しか打たない(リーグ25位)。でも成功率は39%で1位だ。
シーズン中の対戦でも、44%、50%決めた試合に勝利し、37%で負けた。
というわけで、好勝負の期待に反し、単なる3Pの成功率で勝負が決まる可能性がある。そんなスパーズでプレイオフに入って確率が高いのはパーカー&レナード。なんという悲劇か。次がミルズで40%なので、ファンはレナードが万全で戻る事を祈るべきだろう。



レナード対デュラントのカギを握るもの
当然のエース対決。1on1のオフェンスで無類の強さを誇るデュラントに、ディフェンスで無類の強さを誇るレナード。矛盾ってやつです。
そんな2人のカギを握るのは、ウォーリアーズはトンプソン。凄い確率で決めているデュラントだけど、それはトンプソンが決まらないからでもある。不調のトンプソンが決め始めるとウォーリアーズは高速回転するので、デュラントを止める所ではなくなる。回転しなければインサイドが高いスパーズなのでレナードはプレッシャーをかけやすくなる。
一方のスパーズでカギを握るのはオルドリッジ。ロケッツとの最終戦で自分がリズムを掴むとともに、チームとしても前後のギャップを使えるようになった。ギャップが出来たらレナードは決めてくるよ。
更に言えば多分デュラントはオルドリッジのマークになり、レナードはイグダラが担当する。オルドリッジがデュラントに勝てるのかも重要。実は7フッターでウィングスパンの長いデュラントはオルドリッジには天敵な気もする。その点でもオルドリッジはキーとなる。



カリーとグリーンのホットラインは機能するのか。
3Pが少ないスパーズは裏を返せばインサイドで得点される事を嫌がる。ポポビッチはウォーリアーズのバックドアが1番嫌いだろう。それならグリーンに3Pを打たせるはずだ。ジャズ戦ではシュートが入ったのでゴキゲンだったけど、グリーンはやっぱり問題児なのでシュートを落とし始めたらファールも重みそう。
カリーはシュートを決めると思うが、その前のグリーンにトラブルを起こさせる事を狙うのではないだろうか。
リーグで最もアシストの多いウォーリアーズ。2位を5本近く離している。一方で負け試合の自分達のアシストも5本くらい少ない。
つまり普通のチーム程度のアシスト数に抑え込めば、ウォーリアーズの勝率を落とせる事になる。バックドアを優先して防ぐのは間違いではないと思う。



予想
ウォーリアーズの4勝2敗
カリーは自分のシュートでチームのテンポを急激に上がる事が出来る。スパーズもパーカーがテンポコントロールをするのだが不在。ミルズはパーカーよりも良い選手ではあるがテンポコントロールは出来ない。
お互いに相手への対策を取り難い展開の中ではテンポコントロール出来るのは重要になる。その差でウォーリアーズが勢いに乗れると考えている。
カリーが活躍するシリーズになればウォーリアーズのテンポ。