2K20PG

まずは2K20のレーティングを並べて、PG達をランキングしてみましょう。

〇2K20
95 カリー
92 リラード
91 アーヴィング
90 ウエストブルック
89 ウォール
88 ケンバ 
87 クリス・ポール
87 ディアンジェロ
87 コンリー
86 フォックス
86 ホリデー
85 ブレッドソー
85 トレ・ヤング
84 ジャマール・マレー
84 ラウリー
83 ブログトン
82 ディンウィディ

80 ドラギッチ
80 レジー・ジャクソン
80 ローズ
79 デリック・ホワイト
79 ムディエイ
79 ジャ・モーラント
79 クラークソン
79 ロンゾ
78 デジョンテ・マレー
78 JJバレア
78 ティーグ
78 ルビオ
77 セクストン
77 ガーランド
77 シュルーダー
77 デニス・スミス
77 ペイトン
77 モンテ・モリス
77 べバリー
77 SGA 
77 DJオーガスティン
77 サトランスキー

これで39人です。あぁ長かった。30チームのPGが登場するまで並べようと思っていたのですが、結局はホーネッツ(ケンバはセルティックスカウント)が延々と出てきませんでした。ロジアーに高いサラリー払っておきながら、トップ50PGにすら食い込んでいないよ。なお、レートは75でした。

“2K20PG” の続きを読む

PGの系譜は変わりゆく

PGについて考えてみよう・・・の前に。

本題に入る前に触れておきたいのですが、かつて「センターと戦術」っていうのを書きましたが、当時はヒマ人でしたが、これを書くために2週間くらいかけていたと思います。なんだか毎日アップするのが普通になっている今日この頃ですが、本来は1週間くらいかけて仕上げたいテーマです。

その一方で考察する要素は割と少ないし、調べなくても各選手の特徴も頭の中に入ってきている今日この頃。今回も数回に分けて細かくアップしてやろうと思います。初回は昔のセンターと戦術を張り付けるだけで良いかな?

これを読んだことない読者がどれくらいいるのか知りたい。要するに2017年11月はこのブログの認知度がどれくらいかっていう。

“PGの系譜は変わりゆく” の続きを読む