デンバー・ナゲッツは飛躍するのか!?

今季のデンバー・ナゲッツは飛躍する!

それは管理人の予想ではなく、各メディアの一致した意見でした。予想の範疇ではあるけど、期待した程ではないのが今のナゲッツです。

 

しかし、中身をみれば今の成績は立派に期待できるものでもあります。そして居並ぶ個性のある若き選手達。

『将来性に溢れた末恐ろしい未完成チーム』

それが今回のテーマであるデンバー・ナゲッツ

“デンバー・ナゲッツは飛躍するのか!?” の続きを読む

20180211 ウォーリアーズ vs スパーズ

今季も高い勝率を誇るウォーリアーズですが、本ブログでは負け試合のレポートが多いです。その理由はレポートする相手が強いから。

◯ウォーリアーズのチーム別成績
キャブス 2勝 +8.5
セルティックス 1勝1敗 ±0
ラプターズ 2勝 +3.5
ロケッツ 1勝2敗 +0.3
サンダー 2敗 △18.5
ウルブズ 2勝 +18.5

合計すると8勝5敗です。ウルブズ以外は勝った試合も接戦が多いです。

では昨季はどうだったかというとウォーリアーズに勝ち越したのはスパーズのみ。なんと一昨年はゼロ。3年前はこれまたスパーズのみ。つまりここ数年、ウォーリアーズが警戒すべきはスパーズのみでした。

ちなみにシーズンスイープしたのは4年前のスパーズとボブキャッツまで遡ります。
頑張ろうぜ!サンダー

 

同じ事をスパーズでも比べてみましょう。

キャブス 1勝 +12
セルティックス 1勝1敗 △2
ラプターズ 1勝1敗 +0.5
ロケッツ 2敗 △13
サンダー 1勝1敗 ±0
ウルブズ 1勝1敗 △2

5勝6敗となります。
今季の内容を考えればまぁそんなものかなという印象です。昨季負け越したのはクリッパーズのみ。一昨年はウォーリアーズのみ。そして今季は9チームに負け越し中。

前回の対戦は20点差でウォーリアーズが勝っています。

“20180211 ウォーリアーズ vs スパーズ” の続きを読む

20180209 ピストンズ vs クリッパーズ

トレードの主役同士の対決です。グリフィン獲得のニュース以降連勝しているピストンズ。管理人の懸念事項なんてどこへやら。

クリッパーズも好調を維持。トバイアス・ハリスの得点力はグリフィン並だからね。とはいえベテランが多いのは何も変わらない。

“20180209 ピストンズ vs クリッパーズ” の続きを読む

20180209 マジック vs ホークス

トレードの主役になり損ねたホークスとマジック。それは勿体無かったよ。

ホークスはちゃんとやるけどタレント不足で勝てない。
マジックは振り切った戦術だけどタレント不足で勝てない。

やってる事は両極端だけど勝てない理由は同じ。

“20180209 マジック vs ホークス” の続きを読む

トレードデッドライン速報版

トレードデッドラインです。

グリフィンが動くという衝撃からするとなかなか動かなかった各チーム。それはサラリー高騰のせいで動けないからでした。結局はどうなったのか、それを確認していきましょう。

プレーオフへの展望を語るほどのチームはあったのか?

“トレードデッドライン速報版” の続きを読む

20180208 ヒート vs ロケッツ

サンダーの勝利によって負け数でウォーリアーズに並んだロケッツ。このチャンスをしっかりものにしたい所ですが、アウェー連戦で迎えるのは強敵ヒート。

一時はイースト三位を狙える位置にいながらバックスやペイサーズの後塵を拝しているヒート。「一時は」というけど、それは僅か1週間前のキャブス戦の話。そこから4連敗と激しい順位争いの中で苦しい連敗です。迎えるのはリーグトップを狙うロケッツ。

“20180208 ヒート vs ロケッツ” の続きを読む

20180207 ウォーリアーズ vs サンダー

相手の強さに合わせるサンダー。ロケッツ、ウォーリアーズ、キャブス、ラプターズという東西のトップチームにここまで負けなし。セルティックスには大逆転負けをくらいました。相手がウォーリアーズならば強さを見せるでしょうが、ロバーソン不在だと6勝9敗です。

 

変わらぬ強さを見せているウォーリアーズ。しかし、直近3試合でジャズとナゲッツに負けています。そこにあるのはベンチメンバー問題。らしくないチーム力の欠如かと不安視されます。

“20180207 ウォーリアーズ vs サンダー” の続きを読む