ジェイソン・キッドが歩ませた若きバックス

トレードデッドラインを前にして初めに何が起こるかと思っていたらジェイソン・キッドHCがクビになりました。フィッツデイルの時にも書きましたが、他にクビになるべきHCがいる中で驚きの決断です。

 

グリズリーズと違いバックスは成績も5割。そこから考えるとかなり微妙な解任劇なのですが、ジェイソン・キッドが何をしたのかを振り返りってみましょう。

しかし、フィッツデイルと違い就任してから長いのでデータで特徴は書けないのですが。

“ジェイソン・キッドが歩ませた若きバックス” の続きを読む

20180123 ホークス vs ジャズ

そろそろドノバン・ミッチェルの現在地を確認しておこう。でもジャズはプレーオフ争いから脱落気味でサンズに追いつかれようとさえしています。

仮に連勝で5割ラインまで行っても、2チームが脱落する大混戦のレースを勝ち残るのは厳しい。今のうちにミッチェル中心にどうやって切り替えるのかをテストした方が良さそう。ミロティッチ?指名権の方が大切なのでは?

 

一方でシーズン前から再建モードのホークス。再建モードだけど名将ブーデンボルザーによりしっかりとしたチームバスケをしておりタレント力が足りないだけ。

 

そのためトレードに積極的ですが、1巡目指名権を集められていない現状です。2巡目ばかり集めても仕方ないだろう。

と、思いきや今季も色々と無名選手をブレークさせようとしているので、あながち否定もできません。コーナー3Pが信じ難い確率のプリンスに新感覚センターのコリンズがいるので、エースさえ手にすれば感があるのも事実です。

 

お互いトレードを画策していることもあり、現在地を知りたい試合です。

 

“20180123 ホークス vs ジャズ” の続きを読む

20180121 キャブス vs サンダー

相手の強さに合わせて自分達の強さも調整しているようなサンダー。主にカーメロ。それは良くも悪くもね。
だからキャブスを強いと考えているか、弱いと考えているのか?弱いとは考えているはずはないですね。

 

注目はポール・ジョージによるレブロン虐め。ジョージは抑えまくるよ。だからマッチアップ変えるのが常套手段だけど、ロバーソンに変えたらより地獄。

本日2試合目だからプレビューはもういいや。

キャブス?
トレードよりも先に考える事があるのでは?

 

“20180121 キャブス vs サンダー” の続きを読む

20180121 ロケッツ vs ウォーリアーズ

ウォーリアーズとロケッツの第3戦。

開幕戦は両者が真っ向からぶつかり合いロケッツがハイスコアゲームを制しました。

第2戦はハーデンとデュラントが不在の中でウォーリアーズが優勢に進める中、追いすがったロケッツをスプラッシュブラザーズが振り切りました。

ケガからの復帰戦は勘を取り戻す感じで、アシストだけでプレーメイクしたようなハーデンがどこまで得点を伸ばせるかに注目です。

“20180121 ロケッツ vs ウォーリアーズ” の続きを読む

戦術的にシューターを並び替えてみた

3Pシューターを場合分けする続きです。
前回の場合分けはこんな感じ

・チームでのアテンプト割合
・キャッチ&シュートとプルアップ
・フリーとタイト

シュート力を測れそうな分け方をしてみました。今回はシュート力の指標というよりも、戦術的な特徴から個人のシュート力を調べてみます。

“戦術的にシューターを並び替えてみた” の続きを読む

20180120 ネッツ vs ヒート

ネッツもヒートも最近よく観ているので予定になかったのですが、他の試合のタイムアウト中に覗いたらディアンジェロ・ラッセルが出ていました。

ラッセル推しではなかったのですが、シーズン序盤に観たネッツとラッセルの衝撃に僅か2試合で目を離せなくなりました。

 

ラッセル不在でも面白すぎるネッツ
戻ってきてどうなるのかを確認するためにも復帰戦は観なければ!

“20180120 ネッツ vs ヒート” の続きを読む

20180120 ピストンズ vs ウィザーズ

そこそこ勝ち始めたウィザーズ
そこそこ負け始めたピストンズ

基本はオフェンスチームだけどディフェンス強化しているウィザーズ
基本はディフェンスチームだけどオフェンス強化しているピストンズ

ガードコンビ中心のウィザーズ
インサイドコンビ中心のピストンズ

選手の長所を活かすシステムを作るウィザーズ
選手の短所を隠すシステムを作るピストンズ

ドラフト指名して育ててきた選手中心のウィザーズ
ドラフト指名した選手と交換した選手中心のピストンズ

レッツゴー!!

“20180120 ピストンズ vs ウィザーズ” の続きを読む

20180119 ロケッツ vs ウルブズ

バトラーによる勝利をいくつ積み上げてきたかわからないウルブズ。豪華メンバーに隠されているけど、バトラーがいなければかなり怪しかったです。

 

何故、バトラーがオールスターのスターターではないのか?
欠場の多い選手がスターターなのに何故?

バトラーが好きではない管理人が言うくらいスターターに相応しいよ。

開幕から圧倒的な活躍を見せるハーデンはケガ明けの復帰戦。圧倒的すぎた大活躍が簡単に戻るとも思えないのですが、プレータイム制限もあるし。

欠場こそあったけどMVPなので、オールスターのスターターには相応しいよ。

“20180119 ロケッツ vs ウルブズ” の続きを読む