ウエストファイナル 第4戦

ウォーリアーズ 129
スパーズ 115
レナードが復帰しなかった事もあり、大方の予想通りウォーリアーズが全勝でファイナルに進むこととなった。
キャブスとの違い。
前日にキャブスは大逆転負けをしている。第3Q21点差から一気に詰められたキャブスに比べれば、ウォーリアーズのリードは15点前後とチャンスはありそうだったが、実際にプレーしているスパーズの面々の表情からもかなり難しい雰囲気だった。
その理由は個人技で得点していたキャブスに比べ、ウォーリアーズはフリーで打つシュートが非常に多い。動いて回してフリーを作る、もしくはカリーとデュラントが仕掛ける間にポジションとってスペース作る。それぞれがムリのないシュートを確実に積み重ねて行く。
全Qで30点オーバーなんてなかなか見れない試合。



分析するような事柄もないけど。
ウォーリアーズはマギーを外してきた。多分、前の試合でガス欠になった事から必要な場面で使いやすくするため。スパーズがツインタワーにしてきてやられたらマギー出すしかないわけだし。必要な場面はやってこなかったけど。
その分空いたインサイドをカリーがドライブで使う。はじめのオフェンスなんてカリー&トンプソンがインサイドというセットで始めてた。
しかしまぁ本当に綺麗なカリーのレイアップ。なんで入るのか不思議な回転もかけるしね。相当練習しているね。
でも記憶ではスパーズはカリーのペネトレイトは割と止めていたはず。7/11と高確率で決められてしまった。
カリーだけではなく、ウォーリアーズ自体が3Pは36%とそこまで高くはない。しかし2Pは70%オーバーと決めまくっている。確かに3Pは驚異だけど、やっぱりドライブ止めないとコンスタントに得点されてしまうのがバスケだという事を示すようスタッツだった。



スパーズの良さ
攻守に残念だったスパーズ。FGは42%でした。しかし、115点もとっているのだから悪くはない。12のオフェンスリバウンドと14のスティールで確率悪くても食らいついた。
そう考えれば作戦として機能しなかったわけではない。もう少し誰かが当たれば点差を縮めることは出来たはず。要はやっぱりスモールラインナップをやるメンバーではなかっただけ。
というわけで、攻守にレナード不在を大きく感じさせた試合だったが、この状況としてはスパーズも健闘した。



オルドリッジはどこへ消えたのか。
ブレイザーズ時代のオルドリッジからは考えられないようなシュート精度だったので、ちょっと比べてみた。このプレイオフ平均では46%と意外に決めている。キャリアでの平均よりも同じくらい。しかも2年前のプレイオフは33%と酷かったのでそれに比べればマシ。
シーズンで比較すると2年前と今季では、ボールをもらってから2秒以内に打つ割合が10%近く増えている。同じくキャッチ&シュートの割合も増し、確率も僅かに上がっている。
こうみると数字は落ちていても効率性は変わらず、むしろスパーズらしく堅実になっている。しかし、これを勝利した試合と負けた試合に分けると大分イメージが変わってくる。
シーズン中は勝敗で5%ほど確率が下がる。昨季は8%下がっている。対してブレイザーズ時代の3年前は負け試合の方が2%高い。それより前はさすがに負け試合の方が確率低いが、大きくても4%程度の差でアテンプトを増やしている。
エースとしてチームの浮沈を握っていたブレイザーズ時代よりも、スパーズにきてからの方が勝敗に影響しているとは捉え難く、むしろチームの調子に左右され易くなっていると考えられる。
キャッチ&シュートが増えているのだから、チームの影響を受けやすいのだろう。結果的に勝負弱くなっているオルドリッジ。元々ダメならともかく、強いチームにきて弱くなるというのは、非常に繊細な問題があるのだろう。



この試合に限って言えばオルドリッジらしくないミドルシュートの確率は勝敗に大きく影響したと思う。オープンのシュートもあった中で決めていれば、より楽なインサイドでも活躍できたはずだ。



レナードのアクシデントもあり、リーも含めると主力3人がリタイアしてしまったスパーズが抗えなかったのは仕方がないだろう。
やはりミルズはペースコントロールを出来ずに終わってしまった。完全に引退な雰囲気を出されてしまったジノビリも含め、選手の入れ替えが起こるスパーズの中で、本当にミルズが必要かは考え所になるだろう。それはダニー・グリーンも同じ。
ウォーリアーズからすれば、昨年はカンファレンスファイナルで7戦までいき、疲労があった事もファイナルに響いたので休養十分となるスイープは最高の結果だろう。
しっかりと準備をした戦いが見られるはずだ。

イーストファイナル 第3戦

セルティックス 111
キャブス 108
ホームで連敗した上にエースのトーマスが離脱したセルティックス。スイープの空気が漂いまくっている試合は似たような展開となるが、後半に一気に崩壊したキャブスがウォーリアーズとの無敗対決の夢が儚く散らしてしまった。
蹂躙するラブ&キャブス
前2戦と変わらず、またもキャブスがセルティックスをいたぶる展開となる。その中心はレブロンではなくラブ。3Pが決まりすぎる。タイミングもムチャクチャだけど、自分のリズムで放つシュートはセルティックスディフェンスにはノーチャンスだった。なお、決めたのは全部同じサイドだよ。
更にアーヴィングが続いたのは驚き。ラブが生み出した雰囲気はチーム全体に波及するらしい。シャンパートまでが思い切りよく打ち出し決めてしまう。レブロンだとこうはならないので、ラブがチームのバロメーター。
まるでウォーリアーズみたいと言われそうだけど、ウォーリアーズはカリー以外はこんな風には打たないんだよね。あくまでもパス交換されてから打つ。
少し前のバルサのティキタカみたいなもので、世界でマネをされたけど、「あれはバルサの個人能力があるから出来る事」と言われる。このキャブスもチームオフェンスなんだけど、個人能力ありきのオフェンス。普通は崩壊して速攻食らってしまう展開。
その間、セルティックスは何してたの?うん、ちょっと諦めてた。試合を諦めてた訳ではなくて、流れがキャブス側に大きく傾いていて今はどうやっても抗えないと捉えていた。なので、ベンチメンバーを積極活用して目先を変えていく。トーマスいないから総力戦だ作戦。
残念ながらジェイレン・ブラウンが好調を維持出来ず、というか外のシュートを打たされてベンチメンバーは機能しなかったけど、パターンの違うオフェンスは悪くなかったと思う。



おいおい、またも楽勝するのかよ強すぎるぜキャブス!!な展開だけど、16点のリードという結果に対し内容は伴っていなかった。異様に3Pが入っただけだよ。
一方でセルティックスの、特に1Qのオフェンスは非常に良かったよ。こちらは内容は良かったけど結果が伴っていなかった。レイアップ外し過ぎ。ベンチメンバーになって内容変わったので、HCはやれる事はやった感じ。あとはこれは続ける事とキャブスのシュートが外れるのを待つこと。ポジティブに待つか、ネガティヴに待つかは性格出るけど。
そんな前半だった。



第3Qに何が起きたのか?
21点差まで開いた第3Q。そこから一気に5点差まで縮められたキャブス。一体何が起きたのか。
答えは何も起きていない。強いて言えばレブロンがシュートへの積極性を欠いていたくらい。
例えばラブ。ゲームトータルで3Pは54%決めた。後半は3本打って全部外しただけ。それを攻めだしたらみんな怖くて打てなくなる。タッチが悪くなったので自重しただけだ。
アーヴィングやJRスミスもトータルでは高確率だ。3Qが少し悪かっただけ。
そして全員がそんな感じだっただけ。そしてそもそも前半から良いオフェンスをしていた訳ではない。個人が決めてただけだよ〜なオフェンス。
キャブスの問題点はそんなメンバーをレブロンが2分休んだのを除き、ベンチで休ませなかった事。ちなみに4Qに休みをもらい、コートに戻ってからは決めているので、誰か1人くらいはさっさと休ませれば展開が違ったはず。
では、セルティックスがそこまで良かったのか。
オフェンスの流れとしては前半同様に良い流れだったが、やっぱりシュートは入らない。3Qだって49%のFGだった。
その代わりさっさとホーフォードを引っ込めて、ジェレブコやオリニク出して、その2人が決めるという展開はHCの力量差だよ。



そんなこんなで、前半のプレーをお互いに継続した事で流れがセルティックスに移ったのだった。ある意味正当な展開で接戦になって4Qに突入した。
レフリーがキャブスびいきでなければ、トンプソンがいなければ逆転しててもおかしくなかった。レブロンがドリブルミスると全部ファールになるのは何なんだ。NBAレベルのディフェンス相手だとありがちなミスでも、ピーピー鳴る笛。
そしてラブの演技に騙されるレフリーは会場の雰囲気に負けてるよ。



レブロンを抑える。
レブロンは11点しか取れなかった。しかし、この理由を紐解くのはかなり難しい。クラウダーが良いディフェンスをしたのか? いや、彼はずっと良いディフェンスしてるよ。この試合から何が変わったのかを分析するのは難しい。
1つ言えるのはクラウダーは駆け引きには勝ったという事。前半のレブロンは何もしてなかった。それは周りが大活躍してやる事がなかっただけ。後半になって自分の出番がやってきたが、それは周りのシュートが入っていないことを意味する。
その気になれば打てる場面はあったけど、ドライブを選択しパスを出したがるが、セルティックスはあまり寄ってこないからフリーの味方がいない。では自分で打てば良いのだけど、クラウダーはレブロンがミドルレンジから打ってこないと踏んでいるので、最後のゴール下まで踏んばって守りに行けた。ある意味、ドライブとアウトサイドシュートの自由を与える選択が上手くハマった。元々カーメロやデュラントに比べて1on1のスキルが劣るレブロンなのでフィニッシュの選択肢を狭めたクラウダーの駆け引きが成功したと言える。デュラントならドライブからのミドルをガンガン打ってそうなディフェンスでした。
シリーズ前のレビューでレブロンを敢えて止めに行かない作戦を選択すべきとしたけど、まさにそんな展開。ただ、その結果としてレブロンの得点が伸びなかった事は予想外過ぎた。



価値を示したスマート
話をそらすとスマートの置かれている立場は微妙だ。シックスマンだけど実質ベスト5の扱いで、チームをリードし、トーマスを補完し、ディフェンスであらゆる相手にマッチアップする。今のセルティックスにおいてホーフォードと共に役割としては最も重要な存在。
素晴らしい選手だが、レベルの高いPGというポジションにおいてリーグ全体でみれば市場価値は低い。だってスターにはなりそうにないでしょ。
そしてセルティックスはイースト1位でありながら今年のドラフト1位指名権をゲットしており、まず間違いなくフォルツを獲得する。レベルが高いとされる今年のドラフト候補の中でも最高のスターPG候補だ。つまりスマートは来季以降のプレータイムが保証されない状態に突如陥っている。
そんなことは考えていないと思うが、トーマスも不在になり、より自身の存在価値を証明すべきスマート。後半になり、少しアグレッシブさが不足していると踏んだのだろう積極的にシュートを狙い始める。3P決めているのはもちろんドライブやオフェンスリバウンドまで、どこにでも顔を出すようになる。
そんなスマートのところからキャブスのディフェンスは綻びを見せ始める。ある意味、トーマスがいればそこに注力するけど、スマートにやるのは何か違う。そしてフィジカル強過ぎて密着マークは損をする。
後半だけで19点5アシストのスマート。特に素晴らしかったのはアシストの方。ハイライトはラストプレーで、スマートにレブロンをつけてきたキャブス。レブロンとの1on1に入りながら冷静にブラッドリーがフリーになった瞬間のベストタイミングでパスを出し、決勝点をアシストした。正統派PGなお仕事でした。



連勝に加えトーマスの不在、そして前半の大量リードでキャブス側が足元が定まらなくなった感じの試合だった。こんな試合なのにベンチ陣の出場時間が短いのもナゾ。
トーマス不在はキャブスのマークを緩くする事に繋がった。昔のJRスミスはこんな感じ。3P決めてうぇ〜い、オレ仕事したぜ!みたいな。マークが緩いのでプレイオフ平均よりも5本も多くの3Pを打てたセルティックス。必ずボールが回っての3Pなので個人頼みのキャブスに負けるのはシャクだよね。
第5戦のチケットが売れそうな試合でした。

ウエストファイナル 第3戦

ウォーリアーズ 120
スパーズ 108
スパーズの健闘が見えた試合ではあるが、最終的なスタッツをみれば、ウォーリアーズが淡々と120点オーバーになるゲーム運びをみせた試合だった。
レナードは復帰せず、パチュリアもブーイングの場に現れなかったので、異様な会場の空気みたいな現象も起きなかった。
気を使うレフリー
第2戦から時間が空いて最も対策を施して来たのはレフリーだった。接触を許さず早めのコールで試合が荒れるのを防ごうとするレフリー。それはシュートファールをとられるウォーリアーズに不利に働く。元々ファールが少なく、かつマギーのシュートシーンが目立ったためスパーズ側は普通な感じ。フリースローで得点出来たスパーズはラッキー。なお、ホームコートアドバンテージな感じではない。
そして好調だったカリーが早々に3ファール吹かれる。大きくスパーズ側に傾きそうなレフリングだったが、ダニー・グリーンがカリーに突っかける場面でことごとくミス&パスでチャンスを逸してしまった。
そんなレフリーでした。



大丈夫なのか、スパーズ?
スモールラインナップ対抗で臨んだスパーズは激しいディフェンスと人もボールも動くオフェンスで良い入り方をする。ウォーリアーズはオフェンス面ではプレッシャーに対してボールを動かし、マギーでフィニッシュする流れなのでさほど問題はなかった。唯一、困った時のデュラントがターンオーバーを繰り返すという珍しい展開。
スパーズのオフェンスはスペースをもらったオルドリッジが動きを作る。スモールラインナップにしてインサイドが自由を得るというのは最近の流れだよね。
中外繋がると強いのがスパーズの特徴なのでオルドリッジからのシモンズラインは効果的。そして若返ったジノビリが躍動する。ジノビリはダンカン不在でシステム的な活躍出来なかっただけなのかもしれない。
そんなスパーズを見ていて思ったのは、このペースで大丈夫なのか、ということ。ベンチをみると控えにはズラッとビックマンが並ぶ。つまりこのハイペースを続けるには駒不足。しかも中心にいるのはオルドリッジで代役がリーしかいない。
そしてそのリーが大活躍ののち、大怪我の疑いで退場してしまう。うーん、災難に見舞われているようなスパーズ。
素晴らしいオフェンスを展開した反面、明らかにウォーリアーズが希望するペースで接戦に持ち込んだスパーズ。得点差以上にボディブローのように効いてきそうな前半だった。



フラグ回収が始まる。
そして前半のフラグ回収が始まる。はじめに回収されたのはウォーリアーズのマギー。活躍しすぎ&走り過ぎだったマギーは後半に沈黙する。象徴的だったのはアーリーで3Pラインの外でボールをもらったマギーはドライブでディフェンスをかわしながらレイアップ→当然ミスして逆速攻でオルドリッジに決められる。
そして戻るスピードがあからさまに遅くなるマギー。後半開始直後のスパーズの得点はほとんどマギー絡みだったのは偶然ではない。
スパーズで回収されたのは意外にもオルドリッジ。いつからそんなにスタミナなくなったのか、ブレイザーズ時代にはみられなかった気がする。ショットミスが目立ち始め、接戦を展開する機会を逃してしまうオルドリッジ。
スパーズにきて効率は高くなったけど、代償として個人能力を失っていったのかもしれない。タフに決めまくるオルドリッジってもう昔の姿なのかな。
軸が不安定になったせいか、それともオフェンスが重要になったからか不明だけど、スパーズのディフェンス陣はどんどん後手を踏むようになっていく。つまり1個目のアタックは守れるけど連続するアタックは守れない。デュラントについていきボールもらうのを守るが、バックドアに切り替えられると離してしまう。デイビッド・ウエストがアシストを連発したのはそんな感じから。
これまでバックドアを嫌がり守っていたスパーズだけど、インサイドヘルプの人数を減らしたことと、マギーがお疲れでウォーリアーズが更に小さくなった事でバックドアをされまくる後半になった。やり過ぎてミスも増やしてしまったウォーリアーズだったけど。
そうなってくるとデュラントは止められない。前半のミスを取り返すような活躍で3Qに19点を稼ぐ。
3Q自体はベンチの頑張りもあり、なんとかついていったスパーズだったけど、3Q終了時点で100点を取っているのは明らかにウォーリアーズのペースだったよね。
そんなわけでもう4Qになるとスパーズの主力は抵抗する体力が残っていなかった。点差的には可能性がある段階でポポビッチが諦めたのも得点以上にチームが消耗していたのを感じたからだろう。



何が正解だったのか。
表面的にみればスモールラインナップ対抗でチャンスを見出せる得点差に持っていったスパーズ。一方でどう考えてもウォーリアーズペースにならざるを得ないチョイスでもある。
そしてコートでもそれは明確に示されてしまった。単純な話、パーカーとレナードというアウトサイド2人分の人数不足だったともいえる。クオリティ以上にコマが足りない戦い方。
逆に言えば2人いれば最後まで戦えたし、クオリティ的にもレナードで勝率は大きく高まったはず。でも2人がいたらこんなペースにしないけど。
チャンスを見出すという点では成功したスパーズだけど、勝率を高めるという意味では微妙な選択だったと思う。



惜しいようで惜しくないスパーズだった。それでも若手は頑張っていたし、ジノビリも若手だった。ダニー・グリーンがより強気にカリーを攻め立ててファールトラブルに追い込めれば、ウォーリアーズといえどここまで落ち着いて自分達のゲームを続けることはムリだったと思う。
パーカーとレナードがいない中では評価出来るのだけど、なんかもう来年以降のための経験値得よう的な空気すら漂い始めた。
一矢を報いるためにレナードを使うのか、元気な若手を積極活用するのか、そんな事ぐらいしか楽しみがなさそうな第4戦になるのだろうか。

イーストファイナル 第2戦

キャブス 130
セルティックス 86
点差ほど悪くはなかった第1戦を経て、点差並みに悪い第2戦となったセルティックス。流しながら戦えたキャブスは気分良くプレーし過ぎです。
1on1させられるセルティックス
第1戦で活躍したのはジェイレン・ブラウン。それは何故か、個人で仕掛けられるから。キャブスのディフェンスはスクリーンに対して過剰気味にショウする。レブロンなら簡単にパスをふれるが小さいトーマスはディレクションされるとパスを振るのが難しい。スクリーンからのローテーションでチョコチョコフリーは作れるけど、そこはディレクションされたトーマスからは見えない位置になるのでパスを出せない。
出せないとはいえズレてはいくので、2つパスが繋がると誰かは1on1し易くなるのだけど、誰もが勝負できるわけじゃないのがセルティックスの設計。スタメン起用されたグリーンが3P決めたのはそんな空いた時に躊躇しなかったから。
これがバンバンボールが回った先ならみんな勝負するけど、結構あっさりとそんな場面に出くわすと躊躇してしまう。キャブスからすると、そこは個人がガンバレという事はハッキリしているのでそこそこ守れてしまう。なお、そこそこであってあそこまで外したのはセルティックスに問題がある。
ハマり続けたセルティックスは、そうなるなら始めから1on1しように切り替える。まずは強みのホーフォード。トリスタン・トンプソンを攻め立てることにも繋がる。しかし、あれっ?それ外すの?状態に。
次に相手の弱みコーバー狙い。ブラウンは決めたけど、後が続かない。巧みにヘルプとディフェンス任せを使い分けるキャブス。キャブスというかレブロン。



結局のところ、キャブスはセルティックスのボール回しを阻害しに来ていた。それはヘルプが来ない(遅い)わけで、個人がミドルを選択してれば問題はなかったのだけど、それはセルティックスのオフェンスパターンではないという事。
ミドルレンジからゴール下へのパスを何度も繰り返しスティールされたセルティックス。そこに意識がいきすぎて、途中からキックアウト出来なくなっていた。
前半は11アシストと数はそれなりだが、そもそもFGで25点しかとっていないので、逆にいえばアシストなければ得点できなかった証拠でもある。そしてアシスト数字並の10ターンオーバーだよ。



キャブスのオフェンスは驚異だったのか。
結論を言えばイエスだ。見事なまでにコートのあらゆる角度から、様々な選手が決めている。そんなオフェンスは止めようがない。
でもキャブスの場合は明らかにきっかけがある。いうまでもなくレブロン。そしてこの試合はケビン・ラブ。ラブが躍動している時間のキャブスは強い。それはペイサーズ戦のレビューから書いているが、一方でレブロンがラブを躍動させてあげている状態だった。
しかし、この試合のラブはレブロン関係なくタフに3Pを決めてセルティックスディフェンスを崩壊させた。レブロンとラブは対角に構える事が多いので、広げられてしまうセルティックスディフェンス。結果、あらゆる角度から決められることになりました。
トンプソンのオフェンスリバウンドを封じたら、外から決められてしまった。きまっているからリバウンドが少ないのも事実ではあるが。49%も3Pを決められたら勝てるはずがない。まぁそれ以前に勝てる内容ではなかったが。



打開策が見つからない。
当たり前だけど、日本代表がNBAチームと連戦しても対応策って何もないよね。セルティックスもそんな感じ。ちょっとNBAレベルとしてはありえない段階で負けている。
例えばレブロンはスーパーで誰でも嫌がるけど、ポール・ジョージは何も恐れず向かっていき、時にはレブロン側が勝負を避けてしまう。PJタッカーは選手の格としては遥かに劣るけど、ディフェンスで引かないのはもちろんオフェンスでも勝負すべき場面になったらガツガツいくし決めてくることも多い。
セルティックスの面々はどうしても、そんな場面で避けてしまう。相手をリスペクトし過ぎ。
大差で後半になり、トーマスもいなくなってしまった時に、それでも向かっていく姿勢を失わないのはスマート、ブラッドリー、ブラウンの3人だけなんだよな。そしてスマートはそこに持ち味なさすぎて失敗してるし。
ここまで手詰まりならブラウンをスタメンにして始めからガツガツ攻めて先手必勝、あたって砕けろ!!しかないよ。
スイープが現実味を帯びて来た試合でした。セカンドラウンドを楽に突破出来るかは大きいんだな。