やれんのか、グリズリーズ

不思議なチームだ

グリズリーズの成功はモラントのようでいてモラントではない。絶対的エースの存在は急浮上させるキッカケではあったけど、そもそもタイラー・ジェンキンスの有能性により、次々に若手が台頭してくる育成力の高さこそが、グリズリーズの成功です。

5年目
ディロン・ブルックス

4年目
JJJ
メルトン 

3年目
モラント
クラーク
コンチャー
カルバー 

2年目
ベイン
ティルマン

ルーキー
ザイアー・ウィリアムス

メルトンとカルバーを除いて、グリズリーズのドラフト組であり、こんなに若いのに成功した稀有なチームです。

セカンドラウンドへと進出し、いよいよトップを目指す戦いが始まる新シーズン。当然、それに見合った補強が行われたはず!!

【移籍・放出】
カイル・アンダーソン
メルトン
カルバー

【獲得】
ダニー・グリーン

いやいやいや、おかしいだろ。ケガでシーズン全休が予想されているダニー・グリーンを獲得(引き取り)した以外は、何一つ補強をしなかったという異様なチームです。一体全体、なんでそうなるのか。

そしてJJJは手術により長期離脱が決まっています。いやいやいや。これでやれんのかグリズリーズ?

◎ルーキーズ

毎年恒例のルーキー補強だけは順当に進めました。ドラフト当日は謎のトレードを繰り返し、2人を1巡目指名しましたが、2人とも「2順目でも取れたんじゃ?」という選手だから、これまた謎。

1人目はジェイク・ララビア。ウェイクフォレスト大のシューター系ビッグで、よく言えば「良い部分だけ切り取ればクレイ・トンプソン」であり、悪く言えば「劣化版マグダーモッド」です。

この選手をどう使うのかは謎というか、懸念がディフェンスやリバウンド面なので、ビッグマンとして使うのはちょっと怖い。怖い部分を除けば、JJJの代役としてハメるのでしょう。

ポジティブに観れば、タイラー・ジェンキンスはこの手のタイプを活用するのが上手いです。コンチャーに代表されるシュート能力のあるウイングを、ディフェンスのデメリットを感じさせることなく、見事にフィットさせます。っていうか、コンチャーいるのにね。

指名予想もあったララビアに対して、全く持って謎だったのがコロラド大のデビッド・ロディの指名でした。198センチながら、116キロという重たいガードの何を買っているのか、マジでわかりません。

一応、弱点らしい弱点はないような気がしないでもないので、ディフェンスの圧力と判断能力が評価されたのかも。でも、この身体でNBAのスピードスターを相手するのは難しいと思うんだよね。

ガードのポジションは充足しており、わざわざトレードしてまで獲得するメリットがあるのかどうかわかりません。1巡目下位なのでルーキーシーズンから活躍する必要もないのですが、どうしていきたいんだろうね。

しかも、メルトンの放出というオマケもついています。シューターとスティール担当だったスピードが武器のガードから、フィジカルな重たいガードへの変更って事です。マジでわからん。

本当にやれんのか、グリズリーズ?

その他、2順目ではロディらの指名により落ちてきたケネディ・チャンドラーがPGとして加わりました。こちらは3番手PGなので、育成枠ってことで理解できるし、勝ちたいチームならベテランPGを置くポジションです。

チャンドラーとロディの指名順位が逆だろって感じだし、メルトンいなくなってチャンドラーにしたって方が納得するんだよね。

47位ではビンス・ウィリアムスを獲得しています。良く知らないけど左利きでシュートに自信を持っているウイングなのかな。198センチなのでガードサイズです。

なんだか一番使いやすそうだよね。ララビアにしても、ロディにしても偏った印象があり、やっとバランス型が出てきたって感じです。それでも左利きのシューターで、あまり見ないフォームだよね。ってことで、変わり者が好きなんだろうな。それこそが『NBAでも通用する武器を持っている』選手なのでしょう。

そして最たる変わり者ケニー・ロフトンをドラフト外で獲得しました。アンダーサイズのゴリゴリ系統は、ザック・ランドルフそのもの。意外とゴール下のフィニッシュが多彩というか、リバースレイアップを活用するのが上手いんだよね。

こうして5人のルーキーを加えたわけですが、本当に全員が一癖あるよね。チャンドラーなんかはアンダーサイズって事が懸念事項という評価だったのに、こうやってグリズリーズのメンツに混じると「アンダーサイズだから面白い武器と評価された」気すらしてくるもんね。

昨シーズンの飛躍に続き、プレーオフで勝つチームへと進化を望むと思われたオフですが、従来通りに若手若手若手でした。ちなみにダニー・グリーン35歳、アダムス29歳の次はタイアスとブルックスの26歳になるザ・若手チームですが、10代は誰もいません。ここもグリズリーズらしい。ザ素材型は要らない。

次はロスターバランスを考える ⇒ ⇒ ⇒

やれんのか、グリズリーズ” への5件のフィードバック

  1. ダニグリ+指名権でジョーダンクラークソンとかそういうトレードはないのかな

    1. 指名権を手放してまで個人技担当が欲しいかですね。
      どっちかというとコンリーのが欲しいし。

      1. それでもジェンキンスなら良い使い方発見してくれそう(謎の信頼感)
        コンリーも帰ってきて欲しいけどサラリー差があってトレードしづらいですね

  2. ブルックスもメルトンもロケッツの2巡目指名だったということを考えると、ドラフト指名権は2巡目といえど貴重な資産ですね。

    1. なのか、2巡目でも大事にできるチームが強いのか。
      次回のピストンズも2巡目で当ててますし

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA