コディとケイレブ

◎ツインズの進化

ロビン&ブルックとマーカス&マーキーフのようにツインズ自体は珍しくありませんが、1巡目指名の有望株と違って、ギリギリNBAプレイヤーのところからツインズ揃って這い上がったのが、マーティンツインズに惹かれる所です。

しかも、3年目は離れ離れになりながら、共に同じような進化をして大きな契約を掴みました。ここまで似ているのって珍しいよね。

しかし、新シーズンに2人の明暗が分かれる可能性もあります。

ヒートがタッカーの残留に失敗し、PFの補強を進められなかった状況ではケイレブの価値は高まりそうです。シューターが多いオフェンス面は微妙だけど、ディフェンスの重要性が高いチームに置いて、ケイレブの価値は簡単には揺らがないでしょう。

揺るがないどころかスターターとして大いに活躍する可能性もあります。オラディポとの争いになりますが、ベンチにも主力を置きたいチーム事情を考えるとケイレブには多くのチャンスがありそうです。

一方でコディはHC交代により、スモールが好まれていたチーム事情が大きく変わり、ビッグマンが並ぶかもしれません。ラメロ、ロジアー、ウーブレに加えてブックナイトへの期待もあることから、ポジション的にあぶれる可能性もあります。

ディフェンダーの補強は進んでおらず、ブリッジスの動向が不明なのでコディの価値は上がりそうですが、クリフォードがフィジカルなディフェンスを好むこともあって、運動量豊富で、どこにでも顔を出し、ルーズボールやチャージドローで力を発揮するタイプのコディが必要とされるのかどうか。

ケイレブがウェイブされながら、ヒートで重要な選手になったように、何が起こるのかわからないのもNBAらしさ。順調に伸びてきた中で迎える4年目に何が起こるのか。楽しみでもあり、不安でもあります。

それにしても面白いツインズだよね。普通に好きなタイプの選手なのに、話題にしたくなるほど似ているんだもん。また来年もやるのかな。

コディとケイレブ” への1件のフィードバック

  1. 多分日本唯一のクラッシュブラザーズの大学時代からのファンです
    再び特集記事を書いて頂けてとっても嬉しいです
    また来年も是非宜しくお願いします

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA