コディとケイレブ

あれから2年

ドラフト2巡目でホーネッツに指名されたコディ・マーティンは、ディフェンス力を生かして頭角を現わし始めると、双子のケイレブ・マーティンもドラフト外から契約を勝ち取るまでに浮上したのが2年前。

「クラッシュ・ブラザーズ」というニックネームが付けられた大学時代と同様に、どこにでも顔をだす運動量とエースキラーなディフェンスで結果を残した中で迎えた3年目のシーズンは、ウイングが溢れているホーネッツの事情によりケイレブがウェイブされてしまいました。同じタイプがチームに2人いても価値が低いからでしたが、すぐさまヒートがクレームしてケイレブを獲得すると、見事に戦力として機能しました。

異なるチームで働くことになった2人の3年目を振り返ってみましょう。なお、ルーキーシーズンの話はこちらから。

より目立ったのはヒートにいったケイレブでしたが、それは単に日本ではホーネッツファンよりヒートファンの方が多いからだけの気がします。攻のケイレブと守のコディということもあり、目立ち方には差があれど、重要度と働きぶりには差はありませんでした。そしてオフになると両方ともチームと契約更新をしました。

コディ  4年32M
ケイレブ 3年20M

ややコディの方が高いサラリーを手に入れ、何より長い契約を締結しました。これもまた両チームのフロントの考え方の差にも見えるね。いずれにしても2順目とドラフト外から、長期契約となったのは立派な3年間だったという事です。

次はディフェンス面の活躍 ⇒

コディとケイレブ” への1件のフィードバック

  1. 多分日本唯一のクラッシュブラザーズの大学時代からのファンです
    再び特集記事を書いて頂けてとっても嬉しいです
    また来年も是非宜しくお願いします

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA