ファイナル ウォリアーズvsセルティックス

ゲーム5

ゲーム4で手ごたえを感じていたとは思えないOPJのスターター起用を続けることにしたカー。やっぱりイグダラの影を重ねているようにみえるぞ。

◎テイタムの違和感

試合はテイタムの違和感から始まります。オフボールスクリーンであっさりとスイッチしていくテイタムが、OPJの担当になるとアッサリと裏のスペースへ走りこまれてしまいます。OPJはこれがファイナル初めての2Pアテンプト。

さらに同じくスクリーンからクレイについていくブラウンなのに、明確なスイッチ対応をしてしまったテイタムにより、ウィギンズが空いてイージーにフローター。そしてウィギンズの1on1では、なんでもないハンドリングに対して酷いくらいに左側に寄ってしまい、簡単に打たれてしまいました。

オフェンスではドライブからのキックアウトが客席へ。本人も顔をしかめており、なんだか違和感を感じているのか。

ブラウンがミドルを決めたものの、カリーを押し込んでのターンシュートは後ろからウィギンズがブロック。ウィギンズにマークされていたテイタムが・・・じゃなくて、これはブラウンのパス判断だよね。

テイタム個人のミスなのかは置いといて、いずれにしてもセルツは「カリーの3Pに釣られず、1on1ベースでイージーシュートを減らす」が成功していはずが、スクリーンからシューターにつり出され、裏のスペースを使われてしまいました。3P決まってないのに二桁リードになるウォリアーズってのはシリーズ初めてじゃないの?

タイムアウトのセルツですが、クレイの1on1で決められるテイタム。逆にルーニー相手に仕掛けるとハンドリングに触られてしまいます。で、グラントと交代。通常ローテだけどね。なんだか変なテイタムでビハインドを負いました。

下がったら早速ブラウンがドライブ&ワンだから、なおさら印象が悪い。

試合はちょっと落ち着きを見せ、セルツは従来通りインサイドをやられなくなります。外からは打たれるけど、そんなに決まりまくることはないさ。多分。マジでテイタム下がったら改善したな。

そしてオフェンスはボールムーブからスマートがワイドオープン3Pを放ち、さらにカリー相手にフィジカルで押し込んでレイアップに行くスマート。つまり狙いは機能していたのですが、どっちも決まらなかったです。これは仕方ないさ。決まりまくることはないし。

先に決まったのはタイムアウトあけのペイトンのコーナー3P。スマートがカリーを押し込んだらボールを叩かれてミスになり、ペイトンのカウンターでファールドロー。なお、ファールは起きておらず、ペイトンが自分で自分の足を絡めてしまいコケタだけなんだけどさ。

ここでドレイモンドと交代でイグダラ登場。OPJ、ウィギンズと並べて働くウイング構成にします。

戻ってきたテイタムがペイトン相手にフェイダウェイを決めるも、ウィギンズがテイタム相手のフェイダウェイでお返し。ロバートがオフェンスリバウンドを押し込み、カリーのフローターは外れ、なんとかインサイドの優位性で取り返したセルツでしたが、3Pが全然決まらないので26-16と10点ビハインドの1Qで・・・

・・・終わると思ったら、残り0.5秒のスローインからロバートがファールしてしまい2スローを与えた上、ウドカが抗議してテクニカル。カリーとウィギンズが両方フリースローミスして助かったけど、焦りが見える終わり方でした。

パスアウトからスマートやプリチャードの3Pに繋がっており、オフェンスはシュートが決まらなかった。ブラウンのプルアップ3Pも決まらなかったしさ。そもそもセルツはテイタム&ブラウンがプルアップ3P決めて点を取っていたので、決まらなければこんなもんでしょ。

問題はディフェンスだよね。スクリーンへの対処を変更したように見え、マークの受け渡しミスがポロポロとありました。ゲーム4で抑え込んでいたウォリアーズのスモールに対して、何故かゲーム5になって守り切れなかった。うーん、ウィギンズにやられたことも含めてテイタムのディフェンスが怪しかったねぇ。

◎違う戦い

1Qにホワイトのカットプレーをブロックしたのに続き、2Q開始直後にブラウンを止めたドレイモンド。さらにロバートとのリバウンド争いも制し、ちょっと気合入れてきたのかな。誉めてみたらレイアップを外し、ロバート相手にゴール下でファールしたわ。

すると再びテイタムのケアレスパスによりドレイモンドが速攻。なんとかロバートがファールしたけど、明らかにプレーレベルが低いテイタムで得をしているようなウォリアーズ。

面白かったのはビエリッツァがスマートのマークになり、トップのディフェンスをすれば、インサイドカバーに入り、パスアウトを追いかけて3Pチェックに行ってたこと。動き遅いけど、頑張って追いかけているし、それはスマートを空けておこう作戦にも見えます。

このマークはずっとやっているわけでなく、プール、クレイ、ウィギンズ、ドレイモンドと並べて次々に受け渡していくマークにしたことで発生しています。なんだかロケッツの「ウォリアーズ対策」みたいなスイッチングディフェンスにしているウォリアーズ。早めに受け渡すことでフリーの選手を作らない作戦ですが、確かにここまでテイタムにすらインサイドアタックをさせていないのわけで、自分たちのヘルプを信じるなら効果的だよね。

でも、見事にスマートに攻略されて失敗します。ドライブを決めれば、ロバートへのアシスト。ただ、ここぞって時の3Pは外れたので助かった。スマート開けておく作戦は有効です。

なかなか3Pが決まらないウォリアーズですが、テイタムやホーフォードも外してくれるので6点差までで耐えていると、本日2回目の登場となったイグダラとのハンドオフでウィギンズがドライブ&ワン。さらにイグダラからペイトンへのアリウープ。

1Qは出てきたルーニーですが、どうも「ルーニーのところをイグダラ」にしているようにみえます。ゲーム4で成功していなかったスモールを逆に手ッて敷いているようなスティーブ・カー。ルーニーを使わないのだから「困ったらイグダラ」っていうのとは違うよね。狙ってのイグダラ。

ただイグダラ登場からテイタムとホーフォードの3Pが決まります。ちょっとしたイグダラのポジショニングミス。なお、1分半くらいで再びドレイモンドと交代なので、ワンポイント起用でした。

またもウィギンズが1on1を決めれば、外れたシュートも最後はウィギンズに戻ってきてゴール下。カリーはドレイモンドとのギブ&ゴーでファールドロー。これまでになくインサイドを攻めることが出来ているウォリアーズ。

ちょっとウドカが迷っているんだろうね。ゲーム3はビッグマンで勝ったけど、ゲーム4はロバートを引っ張って失敗した感もあるし。ホーフォードのワンビッグにしたらインサイドでやられ始めてしまいました。

ただセルツもスマートの3Pが決まり、テイタムのドライブも出たので、悪いことばかりではない。

残り1分。ブラウンの苦しいキックアウトがペイトンに奪い取られてカウンターからウィギンズ。これで11点差になるもホワイトがドライブファールドロー。カリーが2for1のドライブを決めると、裏を狙ったスマートのパスはブラウンと呼吸が合わず。

51-39の前半でした。ただ、その内容はウォリアーズの方がだいぶ良かったというか、これまでの4試合と大きく違いました。

〇前半のウォリアーズ
2P17/26
3P 3/17

3Pが決まらなかったんだよね。とにかく決まらなかった。同時にカリーは打たせてもらえなかったので、意図してセルツが3Pを減らしに行ったようです。その代わりに2Pが決まりまくりです。なので、これでOKって感じ。51点しか取れなかったけど、それはウィギンズやドレイモンドの3Pが決まらなかっただけさ。OPJもね。

〇前半のセルツ
2P13/26
3P 3/15
FT 4/9
9ターンオーバー

セルツも酷いくらいに3Pが決まらなかったです。ウォリアーズよりもワイドオープンが多く、この決まらないのは自分たちが悪い。一方でこれまでプルアップ3Pを決めまくっていたテイタム&ブラウンは、ドライブを促されており、ちょっと守り方が変わったようです。

そしてテイタムが2P5/6とこれまでの悲惨さを改善するような高確率。たださ。チームとしてフリースローまで外しているし、そりゃあ39点に終わるよ。

ファイナル ウォリアーズvsセルティックス” への1件のフィードバック

  1. YoutubeライブをしていたMIA-BOSのgame6のように、どうしてもgame7が見たい審判の笛の偏りが起こる気がしてならないです、、笑

    にしても、ウィギンスはよく働きましたね。今日はカリーのスクリーンプレイに対して2人で守っているシーンが多かったように感じたので、その点もどうウドカが修正するのか気になります。。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA