ECFヒートvsセルティックス

◎遠かった残り1本

泣くか笑うかが決まるゲーム7の4Q。守るべきか、攻めるべきか。リスクを取るべきか、避けるべきか。

初得点はビンセントのアリウープパスをアデバヨがどかん。ロバートのダンクをストゥースが下で叩いて止めると、カウンターからバトラーが&ワン。マジで今日のストゥースはディフェンスが良い。これでタイムアウトのセルツ。そのタイムアウト明けには、ちゃんと流れが変わって同点を狙った3Pは決まらないバトラー。

ちなみにヒートはタッカーを諦めた様子。ずっとオラディポになっています。ラウリー以外は休んでいない。セルツもほとんど休んでいない。で、オラディポの3Pも決まらず、アデバヨのジャンパーも久しぶりに外れ、テイタムのドライブからグラントのゴール下。流れが変わりすぎだって。

変わりすぎたからか、ラウリーのファールがコールされるとチャレンジのスポルストラ。これが成功し、ブラウンのオフェンスファールに変更。さて流れは変わるのか。タイムアウト消費せずに変われば完璧だ。

ビンセントのオープン3Pが外れるもリバウンドをキャッチしなかったセルツに対して、ルーズボールに飛び込んでスマートの足に当てたバトラー。ところが次のオフェンスでラウリーが倒れてしまい囲まれる前にタイムアウトです。節約したのに意味ないじゃん。ターンオーバーでも良かったような。これでヒートは残り1つ。セルツは残り2つ。どっちもタイムアウトを残していない終盤になるのか。

このタイムアウトは、フローターを打ったビンセントが倒れている間にホーフォードがカウンターを決めます。さらに戻れないビンセントなので、リバウンドからも走ったテイタム。が、ここでまたラウリーがチャージドロー。エグイな。

しかし点が取れないヒート。セルツもとれていないけど、リードしているしさ。その意味は全然違うぜ。ジリジリと時間を消費したいセルツ。ブラウンがバトラーを完璧に止めて、リバウンドはホーフォードが死守して。スマートのドライブでまた11点差に戻ります。9本連続ミスの後オラディポがなんとか決めたが、残り6分。

時間を使ってテイタムとブラウンの個人技をするスマート。3回に1回決まればOKくらいになっている。しつこくストゥース狙いだけど、今日はそこがあまり成功しません。逆にバトラー相手でフェイダウェイを決めるテイタム。強引に突っ込んでファールドローのブラウン。

今度はスマートがドライブからのフェイクでバトラーを飛ばせておいてファールドロー。徐々に点差が開いていきます。ラウリーがミドルを返すけど11点差の残り3分。

スティール速攻しないとムリっぽいのですが、もう足が残っていないようなヒート。それでもストゥースがプットバックダンクを見せて食い下がります。セルツはホーフォードがオフェンスリバウンドでミスを救い、時間を使っていきます。あんまり動いていないけどリバウンドは取れるんだよね。

やっとラウリーがスティールするとオラディポがカウンターを決め、さらにラウリーがリバウンドから走って5点差にした残り1分。ブラウンのレイアップが外れてカウンターのシーンでレフリーはブラウンのオフェンスファールをコール。むしろラッキーなセルツ。ついでにチャレンジ。失敗したけど織り込み済みの失敗だと思うよ。

ここを決めれば互角みたいなもんだというオフェンスで、まさかのストゥースのタフショットをチョイスしたスポルストラ。これを決めたストゥース。スマートのドライブを止めると、トランジションからフリーのバトラーが3P・・・が決まらず。

あとはファールゲーム。スマートがしっかりとフリースローを決めて4点差。まぁ最後に外したのがバトラーだから、これはこれで仕方ないかな。ワンチャンスしっかり作ったけど、決められなかったバトラー。完全に疲れ切っていて足も動いていない中での奮闘だったので、誰も批判は出来ないけれど、決めればスーパースターとなれたシュートを決めきれなかったのでした。

◎時代は変わるのか

ウエストが再びのウォリアーズとなった中で、イーストは「遂に」のセルツとなりました。開幕当初はこんなことになるなんて想像もつかなかったぜ。しかもローテの人数が少なく、いつバテてもおかしくないのに、最後まで戦い切った。このスタミナが脅威だったし、ヒートよりも高い集中力を見せたシリーズでした。

2年前はアデバヨに譲ることになったテイタムが、堂々のエースとしてチームを引っ張り、ファイナルへとたどりついたわけだ。もっと時間がかかりそうだったけど、こうして時代は動いていくよね。

初めに結果を残したドノバン・ミッチェルが変わらないチームで停滞し
前に進むことのなかったベン・シモンズは大きく評価を落とし
ファイナルへと進んだアデバヨに次の一手がなく
追いかけてきたトレ・ヤングは調子に乗って落ちてしまい
あと一歩、届かなかったドンチッチの横目にみて

テイタムがファイナルへと駒を進めたのでした。まだ5年目と4年目のスターたちは大きく時代を動かしていますが、その一方で誰も頂点へは辿り着いていません。千載一遇のチャンスをテイタムはものにできるのか。

そして今年のセルツは「テイタムの」と表現するしかないチームになりました。それが最も大きな変化で、これまではテイタム中心と言いつつ、本当の核はそこなのかっていうことが多かったけど、とにもかくにもテイタムだったし、ハイレベルで安定したパフォーマンスを見せています。そこがヒートとの最大の違いでした。

にしてもヒートはホームで1勝3敗なんだよね。これもまた集中力不足に見えた要因だったかな。そこら辺はさようならで触れましょうかね。書くのか、書かないのかわからんけどさ。

ECFヒートvsセルティックス” への4件のフィードバック

  1. RSでみせたバランスアタックと高確率3が消えてしまい悲しいヒートファンです。
    ジミーが限界を超えたバブルからチームとして何か成長はあったのかなと思ってしまいます。

  2. 管理人さんの最後の煽り文最高です!笑
    もしかしたら今が時代の節目なのかもしれませんね。
    そう思うとゾクゾクしてきます!

  3. テイタムは本当に成長しましたね。ルーキーから3年目くらいまでは悪い意味で現代版カーメロのようで非効率1on1マシーンに見えて、何で皆がテイタムを次代のスターと言うのかわかりませんでした。ミドル乱射、パス下手、ドライブしない。が、今年のプレーオフは全く別のプレースタイルになってて驚きでした。オフボール、キックアウトパス、ディフェンススキルと勝つためのスキルが段違いにレベルアップしてました。GSWのパッシングバスケは大好きですが、テイタムのスターダムも楽しみです。でもシクサーズファンなのであまり天井突き抜けないで欲しいです。笑

  4. 結局テイタムをPFからナチュラルのSFに戻したのが正解だったんですよね。スピード、サイズ、フィジカル全部勝てるので、プレイに迷いが無くなったというか。特に今日の試合はボール持ったら3秒以内にシュートかパスしてたような。前から才能は認めてましたが、「恐ろしい選手だな」と認識したのは今日が初めてな気がします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA