ECFヒートvsセルティックス

◎タイムアウト

後半もホーフォード相手にアグレッシブに仕掛けたアデバヨ。さらにストゥースがフェイクでかわしてサイドステップの3Pを決めて追い上げるヒート。スマートとテイタムが強引に突っ込んでのファールドローで差を広げるセルツ。タッカーのワイドオープン3Pさえ決まればヒートの流れでしたが、逆にスマートがタフ3Pでリードを広げます。

今日は苦戦しまくっているホーフォードがアデバヨに倒れこみながらのレイアップを決められるのですが、そこからの4on4をトランジションにしていくスマート。これが差を作っている要因なんでしょうね。バトラーのシュートが外れたのも、カウンターになってテイタムがファールドローしているし。

アデバヨがタフなフェイダウェイも決めてなんとか抵抗するものの、テイタムのドライブにブラウンが合わせ、ブラウンのドライブキックアウトからスマートが3P。より形になってきたセルツ。これで14点リードにします。ファイナルが見えてきた。

タイムアウトから再びバトラータイムに。なかなか止められないDPOY。今日は本当によく止めているストゥースがチャージドローし、テイタムが倒れている間にトランジションでアデバヨが決めて、さらにトランジションからオラディポの3Pで一気に7点差にして、今度はセルツがタイムアウト。ファイナルは譲らんぞ。

しかし、良いディフェンスをしてもリバウンドが取れなかったヒートはファールが増えてしまいます。セルツがボーナススローに。プレッシャーをかけにくくなったところでブラウンがドライブ一閃。ホーフォードがカットしてきたテイタムへのパスを通し、また11点差。タイムアウトのたびに入れ替わるぜ。

それにしてもテイタムはカットプレーが上手くなったよね。あとカットプレーをするスペースがあるよね。

で、タイムアウトあけにラウリーが3P決めるんだぜ。お互いにタイムアウトを効かせすぎだろ。ラウリーはツーメンゲームからフローター&ワンにも繋げます。ファールさせるのが上手かったけど、適当みたいなシュートも決めた。再び追い上げてきた。次のタイムアウトはまだか。

そのタイムアウトが起きたであろうシュートをミスしたバトラー。トランジションからブラウンが決めて残り1分。今度はバトラーがダンクで返し、オラディポが2for1をミス。っていうかディープ3Pだから判断ミス。そういうの要らなくなってきたプレーオフ。

ところが残り8秒でラウリーがスマートからファールドロー。ファールさせるのマジで上手い。このラストチャンスに3P狙ってテイタムにブロックされますが、リフレクションを掴んでアタックしたラウリー。が、ファールはなかったようで7点差で4Qに行きます。

ECFヒートvsセルティックス” への4件のフィードバック

  1. RSでみせたバランスアタックと高確率3が消えてしまい悲しいヒートファンです。
    ジミーが限界を超えたバブルからチームとして何か成長はあったのかなと思ってしまいます。

  2. 管理人さんの最後の煽り文最高です!笑
    もしかしたら今が時代の節目なのかもしれませんね。
    そう思うとゾクゾクしてきます!

  3. テイタムは本当に成長しましたね。ルーキーから3年目くらいまでは悪い意味で現代版カーメロのようで非効率1on1マシーンに見えて、何で皆がテイタムを次代のスターと言うのかわかりませんでした。ミドル乱射、パス下手、ドライブしない。が、今年のプレーオフは全く別のプレースタイルになってて驚きでした。オフボール、キックアウトパス、ディフェンススキルと勝つためのスキルが段違いにレベルアップしてました。GSWのパッシングバスケは大好きですが、テイタムのスターダムも楽しみです。でもシクサーズファンなのであまり天井突き抜けないで欲しいです。笑

  4. 結局テイタムをPFからナチュラルのSFに戻したのが正解だったんですよね。スピード、サイズ、フィジカル全部勝てるので、プレイに迷いが無くなったというか。特に今日の試合はボール持ったら3秒以内にシュートかパスしてたような。前から才能は認めてましたが、「恐ろしい選手だな」と認識したのは今日が初めてな気がします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA