ECFセルティックスvsヒート

ゲーム4

ゲーム3を復帰したラウリーとオラディポによって手に入れたヒート。後半にバトラーを欠きながら、むしろ欠いていてよかったんじゃないか疑惑すらある内容でした。このゲーム4はヒーローが休みです。セルツはスマートが欠場で、ロバートが復帰。

◎パパは強い

NBAの伝統の一つである「プレーオフ中に子供が生まれるとシュートが決まる」ですが、初めの7点が全てホワイトになります。あんなにシュート決まらなかったのにさ。しかし、他の選手はあまり決まらないセルツ。テイタムがフリースロー外すし、大量リードが生まれそうなのに・・・

でも、もっと決まらなかったのがヒート。酷い。酷すぎる。アデバヨのミドルはともかく、タッカーのフローター、アデバヨのゴール下(ファール)、そしてバトラーのレイアップ。酷すぎるヒート。ゲームメイクはよくてもシュートは決まらないラウリーってこともあって、スピードアップしても全然きまらない。

開始6分が12-1でした。いやいや。どっちかというと形になっているのはヒートで、ただラウリーのパスをホワイトが読んだりと、そこまで楽なわけじゃなかった。とはいえ、シュートを外しすぎ。逆に外に押し出されての3Pが増えたセルツの方が苦しかったし、シュートが決まらなかったのに、何故か二桁リードだよ。

タイムアウトをとっても酷いヒート。バトラーはグラント相手にドライブ出来ず、フリーのミドルもミス。そしてカウンターでホワイトからテイタムのアリウープ。

毎試合の事ですが、ホワイトのシュートが決まるとか、3Pが決まるまでなら、そこまで問題はないのですが、こうやってカウンターが出始めたら一気に試合が決まります。セルツもテイタムが3Pエアボールしたりと点を取るのは楽じゃないのに、トランジションで楽になったら一気だよね。

その後もグラント相手に1on1できないバトラー。ショートレンジを外すデッドモン。9分が経過したところでオラディポが3Pを決めて、なんとこの試合初めてのFG成功です。まだ4点しかとっていない。この時点で18-4です。いかれてるぜ。こんなに点が取れなくて14点差しかないのも脅威だけどさ。

残り2分でやっとミドルを決めたバトラー。ビンセントのスティールからオラディポがファールドロー。続いてオラディポがトランジションアタックでファールドロー(ファールされてなかったけど)、ディフェンスリバウンドからバトラーのトランジション。これでなんとか、ギリギリ、どうにかして二桁得点になった。

最後もバトラーがシュートを外して1Qは29-11です。なんだこれ。

ECFセルティックスvsヒート” への2件のフィードバック

  1. 今回のヒートはほんと酷かったですね笑
    ところで、なにかブログの設定を変えられましたか?私のスマホだと今回の記事のみページが3ページに分化して表示されていて、いつもより読みづらかったです。
    いつも楽しく拝見しているのでご参考になればと思います。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA