オリンピック 準決勝 日本vsフランス

グループBから3チームが準決勝に上がってくるというタフなグループリーグでしたが、日本はフルメンバーアタックで勝利していました。そこからホーバスは主力に偏った起用なので、アララ。書いた内容と違うじゃーん。

大会前から初戦のフランス相手の準備をしてきただけあって、戦いやすそうですが、それでも接戦での勝利だったわけで、選手も「フランスは調子を上げている」と言ってるし、日本の事もバレてしまっているので、予選で勝ったことは関係なさそうですね。

◎町田対策

んーでも、やっぱり戦いやすそう。3Pではなくカッティングから連続得点だし、高田は&ワンだし、赤穂もカッティングレイアップ。ベルギー戦は赤穂くらいしか点が取れていなかったイメージのインサイドですが、今日は全員で攻めこめており、しかも全てが町田からのアシスト。ベルギーと違ってここを封じ込められていない以上は、日本の連携が続いていきそうです。

それにしても町田が上手いというよりも、合わせまくるな。もちろん、そこにパスがちゃんと出てくるんだけど、ベルギーは町田を潰してドライブやパスを許さなかったし、ノーヘルプにして合わせもさせていなかったことが良くわかります。それくらい大きく違うベルギーとフランスの日本対策。

開始3分。何故かフランスの10番がヘロヘロ。ナニコレ。もともとそういう選手なのか、マジで疲労でくたばっているのか。高田がイージーに押し込み、町田はスピードで粉砕し。でも、まだ気が付いていないから、有効に使えてはいません。ってところで早々に下げたフランス。やっぱりヤバいと踏んだのかな。

日本もベルギー戦同様に本橋、東藤、長岡が登場。「町田対策をしていたベルギー」に対して、本橋になってPGのプルアップ系統が増えるのは効果的でしたが、そもそも町田が効いていたから、変化による良さはそんなに出てきません。実は今日は宮崎の方が良かったのか。

まぁそんなこんなで互角の立ち上がりでした。日本の方が良かったけど、交代からフランスの方が良くなったので、ここまでの試合となーんか違う展開だ。ただ、フランスもターンシュート使えておらず、日本はそもそもポストに良いパスが入らないように守れているので、3Pが打て始めたら持っていけそうな雰囲気。

あとあれね。東藤はものすごく効いているけど、スターターがそこに林でシュート打たせているから、オフェンスが全く違う形になってしまい、点が取れない傾向がある。本橋が決めてくれないといけないんだろうけど、ドライブブロックされ、パスカットされという残り1分で一気に離されてしまいました。

1Qは22-14。点が取れなかったベンチメンバー。苦しいぜ。そして予選と違うローテで失敗してしまったホーバス。

◎バテバテ

2Qはさっそくトランジションで町田のパスから得点。自由自在の町田。マジでフランスは対策していないな。さらに高田が&ワン。3Pなしで戦えている日本。速攻に、赤穂のドライブ。でも3Pは決まらないから逆転は出来ないぜ。

フランスのオフェンスは手詰まり。だけどミドルが決まって耐えている感じ。うーん、やっぱりアメリカってとんでもなかったな。フランスがチョロく見えるもん。逆転できない日本はトラップ発動ですが、これが効いてはいるんだけど、失敗したときにイージーシュートになって開始5分耐え抜いたフランス。

しかし、宮澤の3Pが1本決まると、高田も3Pが決まってついに逆転の日本。ってことで、2Q後半になってディフェンスで「3P要警戒」が効かなくなったフランス。走り勝てる雰囲気満載。

ちょっとアメリカvsオーストラリアみたいになってきて、どっちも対策なしでぶん殴っている展開に。フランスはなすすべなくスイッチして町田にスピードで抜かれているし、日本はトラップ仕掛けてカウンター食らっているし。でも、日本的には「ハイペースしていれば勝てるじゃん」だな。だから日本がアメリカです。フランスがオーストラリアかといえば違うけど。

ってことでなんかもう一方的になっていきます。完全に走り負けているフランス。インテンシティで楽勝の日本。遂には林も3Pが生まれ10点リードに。ノリノリだったけど、ここでラインクロスして、3P決められて。7点リードで前半が終わります。

うーん、この展開はちょっとヤバいな。「男子もスピードとスタミナで戦うべき」などっかの誰かさんたちが復権してきそうだ。それが出来なくて負けていたんだろうが。まっそれくらい圧倒していた前半でした。ここまで負ける要素はゼロです。でも、逆の立場からベルギー戦は勝ったので女子はよくわからんことが起こるぞ。

◎フルメンバーチェンジ

フランスはスタートを変更。10番を下げたので、やっぱりバテバテっぽいな。そし代わりに入ってきた23番がいきなりプルアップ3Pなので、何かを起こしに来た。この積極性で日本は少し前に出るので、フランスのボールムーブが改善します。

しかし、日本は赤穂がまさかの3P。いままでなら打たなかったシーンだと思うんだけど、しっかり決めて10点差に戻すと、今度は宮澤が完璧に空いて3P。町田のパスが良かったし、ノープランに見えるフランスだし。簡単にスイッチしすぎ。

スイッチしすぎなので、スリップするとドフリーになれる案件が多い日本。そこから抜け出した高田がドフリーのレイアップをミス。ヤベーのかと思ったら、フランスも3Pを連続ミス。多分、ここを強気にしてきたハーフタイムだけど、わかりやすすぎてマークを外せていない。

ただ、やっぱり3Pに積極的になったことで日本はアウトサイドを守る傾向になるので、インサイドが弱くなります。これ予選と同じ展開だな。後半になるとポストアップされる日本。

ただ、赤穂がバカみたいに決めまくります。ドライブ、カッティングでイージー、イージー。凄まじく優秀だね。こんなにハードワークしながら、何でもできるのか。林のタフ3Pが決まれば町田が速攻を外すも、素晴らしいランニングをした高田のオフェンスリバウンドから宮澤が決めてリードを守ります。

そしてまさかの町田の3Pで15点差。フランスのインサイドには困っているんだけど、オフェンス力で粉砕している。

困った顔のフランスのHCは思い切ってオールメンバーチェンジ。

ホーバスはタイムアウトで少し休ませて、そのまま行くのですが、直後はどうみてもフランスが息を吹き返しています。ってことで、やっぱり単なるスタミナだったな。これで5試合目だし、予選最終戦からは中1日の3試合目だからインテンシティが低かったフランス。

これで苦しくなったし、何故かディープ3Pを打った町田っていう油断というか流れぶった切っている雰囲気もあって、メンバーチェンジからしばらくはフランスペース。ただ、そもそもベンチな理由も次第に見えてきて、フランスのセンターは日本の動きにそもそもついてこれません。

残り1分半から日本はオコエが3P。町田がドライブジャンパー。これで18点差まで開きました。3Q終わって68-50と大量リード。楽勝だな。肩透かしなくらいに楽勝だな。

◎ペースダウン

とはいえ、PG変更するのが怖いホーバス。そこ以外を選手交代です。わかりやす。

えーっと、もうおしまいなんだよな。マズいのは早打ちしちゃったオコエみたいな案件くらい。でもこれって難しい話でして、それこそルビオは

トランジションを生み出すのが抜群に上手く、試合終盤はペースコントロールして逃げ切り

そんな圧倒なPGですが、基本的に走り勝つ日本にペースダウンが出来るのかどうか。ペース落としたら点が取れそうにないもんね。一発逆転の戦い方だから、柔軟性よりも一貫性の方が大切って感じ。だからオコエが打ったのも正解だろうね。

それでも違うのはディフェンスがあること。もうこうなると東藤は効きまくり。林みたいに点を取ってくれる必要はないし。エブリンも守れるし、セカンドのディフェンスは良い感じ。ってところで、やっと町田もお役御免。交代は本橋じゃなくて宮崎。

フランスのタイムアウト時にホーバスは「時間も大事」だってさ。なかなか難しいジャッジだろうな。

フランスがゾーンになったので宮崎が時間を使いまくりの24秒ギリギリでカットした宮澤に合わせてイージーゴール下。こっちの方が効いている本日。自分で仕掛けるガードよりも合わせろと。ところが、速攻に走られるわ、あっさりと3P打たれるわ。ペースコントロールしたら動きが悪くなった日本。怒るホーバス。

◎ファイナル

さて、おもわぬ大勝でファイナルです。再びアメリカと相対するわけですが、これで中1日が4試合目となるので、予選よりも有利かもしれません。アメリカはスー・バードが秀逸過ぎて日本にバスケをさせてくれませんでしたが、ベンチに下がると対抗できていたわけで、40歳のPGがばてていることを願おう。マジで。

アメリカはアメリカで日本とやるのは嫌そう。他のチームならばバスケットをする戦いですが、日本とやるなら「ペースの奪い合い」になるので、普通の戦いではなくなってしまいます。予選も大きなリードを奪っていたのに嫌そうだった。

ホーバスは最後まで拘った指示を出していますが、ディティールで負けないことを重視しています。そのディティールをこの強さで上回ってくるアメリカなのですが、ファイナルはファイナルの風が吹きそうだし。

「アメリカは新しいメンバーが6人もいる」

とインサイドあかつきでアメリカの弱点を指摘していましたが、それをいったら日本の方が若いんだけど、それはそれとして、ファイナルに何が起きるかは確かにわからないじゃん。どうせ日本は走ってペースアップするしかないんだから、考えても仕方がないけど、アメリカは常に普段と違う事を考えないといけないし。

ってことでファイナルです。凄いね。ファイナルだぜ。信じられん。

ホーバスの徹底した戦略が上回ってきたオリンピック。実はこうなるには吉田や渡嘉敷がいてはダメだった気がするし、面白いもんだな。ホームのオリンピックで一発逆転の戦略を組み、見事に走り勝っている。あと選手村にいないことも良さげ。

いろんなことが味方しているから、史上最大のチャンスなのは間違いないだろうね。他の競技は知らないけど、少なくともバスケはホーム開催がメリットになっている気もした圧勝のフランス戦でした。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA