どうする、どうなる、カーライル

概要説明です。

さて、Twitterにスペース機能がつきまして、ちょっと使ってみたい衝動に駆られています。それはインタラクティブでボーダレスで、、、えーっと横文字が思い浮かばない。まぁ「妄想」も、みんなで妄想したいじゃんって話です。

普段の妄想を話し始めると意見がバラバラなので収拾もつかないわけですが、テーマを絞れば行けるのかなー。ならばペイサーズが適している気がします。

①HC交代でどんなバスケをしたいのか
②ある意味で、完成しているロスターをどう変化させるのか

この2つのテーマになるわけですが、もう少し詳しく設定して、余計な文言を省いて意見を聞きやすくしてみましょう。なお、2回に分けるので、それぞれについて、もう少し触れてみましょう。

◎カーライルに求めるもの

新HCカーライルのことよりも、前HCの方が大切です。

【マクミラン】
・ディフェンス重視
・選手との信頼関係強め→選手任せ
・オフェンスのアイデア不足

これに加えてマクミランは前期と後期での違いもあります。

前期・・・12人使ってフルメンバーアタック
後期・・・ 8人くらいを中心にして使い分ける

前期はオラディポというエースに加え、サボニスというシックスマンがいたことで、ツープラトンみたいな戦い方をしていました。
後期はオラディポのケガで、もう少し選手を混ぜないと機能せず、普通のチームのローテになりました。

しかし、マクミランの問題はオフェンスが個人任せだったので、ビョルグレンを招へいすることになりました。良し悪しは別にして、考え方はわかるし、ビュルグレンは新しいものをもたらせてくれました。

【ビョルグレン】
・エース中心にオフェンス構築
・ディフェンスもゾーンとマンツー併用

ベーシックな戦い方から個人に任せていたようなマクミランに比べると、攻守にアイデアを持ってアクションしに行きました。それが結果的にマイナスに働いただけであって、取り組みとしてはマクミランよりもオフェンスの可能性がありました。

ってことで「カーライルに何をして欲しいか」という視点で、意見を聞いてみたいわけです。大きな選択肢としては

【基本方針】
A.フルメンバーアタック
B.中心選手を定めた戦い方

【攻守のバランス】
C.オフェンスの改善重視
D.ディフェンスマインドの復活

まぁカーライルだとどっちともない局地戦を選びがちなのですが、そこは置いといて、過去3年くらいの中から、何を重視して欲しいのかという話をしましょう。違う選択肢を選んでもいいですが、話はわかりやすくね。

そして攻守それぞれを考えていくと、こちらもここ3年の何を選ぶかっていう話になってきます。繰り返しますが、「何を重視するか」ってだけで、マクミランやビュルグレンとは同じにはなりませんよ。

【オフェンス】
E.個人の強みを生かした選手ベースの発想
F.現代オフェンスらしいチームアイデアを増やしていく

【ディフェンス】
G.ハードファイトする個人のマインド復活
H.チェンジングディフェンス

これはカーライルなのでEとHなのですが、ここでACロイド・ピアースの出番です。パッシングオフェンスを作っていったピアースは、鮮やかにボールムーブさせていくのでFっぽいです。そしてホークスはACマクミランだったのでディフェンスもGっぽさがあります。

なので、どっちにも行けそうは行けそう。ACとHCがアイデアを持ち寄って、決めていくと思うので、それなりに方向性は調整可能です。

◎ロスターをどうするか

第2部はロスターの話ですが、これはマジで言い出すとキリがない。テーマを絞らないと、かなりわけわからなくなります。ベン・シモンズを取りに行く事にして失敗しましたが、この動きそのものが考えに行くべきポイントでした。

現在のロスターはマッコネルとマグダーモッドの契約更新はあれど、ほぼほぼ開戦しているし、そうも厚いです。どこかのバランスを崩すのは結構リスキーなのですが、それでも動くかどうか。

A.動く
B.動かない

でもBを選択したら、そこで終わりだ。なので方針を2つ話し合いましょう。

①中心選手はだれか
②分厚いロスターを解消するか

①に関してはサボニスという大黒柱がいるわけですが、微妙になってくるのがブログドン、ルバート、ウォーレン、ターナーの4人です。既にブログドンは売られそうになったわけですが、あれは相手がシモンズなのでビッグトレードだから気にすることはない。同じようなビッグトレードがあれば、他の4人も動かしますが、ビッグ以外でも動かすのかって話です。

【積極的に残したいかどうか】
ブログドン
ルバート
ウォーレン
ターナー

1人ひとりならアンケートでも済むわけですが、大事なのは組み合わせだよね。サボニスを残して考えるなら誰と誰をチョイスすべきなのか。それは次の項目にも繋がっていくぜ。

②は個人的に解消したいと思っているのですが、ブリセットやマーティンが出てきた中でサムナーやアーロン、そしてビターゼもいるから、なんかもう選手の数が多過ぎないか問題。でもマッコネルとマグダーモッドも残したいよね。マジで多すぎるぞ。

マッコネル
マグダーモッド
ラム
ジャスティン
ビターゼ
アーロン
サムナー
マーティン
ブリセット

9人いますが、これを「何人くらい入れ替えたいか」がテーマです。誰と誰、なんて言い出したらキリがないので省略。とはいえ「ビターゼは将来の核だから」なんていう意見はあるでしょう。そういうのは良いとして、さすがに新しい血を入れていかないと停滞したまま終わってしまうので、どの程度の入れ替えが必要かを考えてみましょう。

現実的には前述の4人+ラムの誰かしらは放出しないといけないので、その点も含めて考察してください。

ということで、テーマは以上です。最後はその他にカーライルに期待したいことにはなりますが、まずは、どの程度の整理が必要か意見を聞いてみたいのでした。

18日のフランス戦の後にやりたいと思っています。ペイサーズファンの方、よろしくお願いします。

どうする、どうなる、カーライル” への2件のフィードバック

  1. よろしくされたので初投稿させていただきます。
    ツイアカ無いのでコメントにて失礼します。
    ◎カーライルに求めるもの
    【基本方針】
     A.フルメンバーアタック;レギュラーシーズンはみんなで色々なパターンを試しておきたい。
    【攻守のバランス】
     D.ディフェンスマインドの復活;ダンバークがいなくても守れる面子はそろっている(年齢、サイズ等)。華麗なオフェンスはカルチャーじゃない。
    【オフェンス】
     F.現代オフェンスらしいチームアイディアを増やしていく;レギュラーシーズンはみんなで色々なパターンを試しておきたい。
    【ディフェンス】
     G.ハードファイトする個人マインドの復活;レギュラーシーズンはスーパースター相手以外はマンツーで負けてちゃ話にならない。
    ◎ロスターをどうするか
    ①中心選手 サボニス、ルバート、ターナー;このクラスをこの金額で見つけるのは、かなり難しい。
    ②ロスターは解消しない;21-22はカーライルに今の面子を試させてみる。勝負は22-23(ルバート、ターナーの最終年)。ラム、アーロン、サムナー、マーティンは入れ替えってことで。
    カーライル&ピアースってガチガチの管理タイプなので、勝てなかった時のチームの空気が、かなり心配です。
    では、スペース頑張ってください。

  2. お疲れ様です。
    自分はペイサーズファンではなくマブスファンなのでペイサーズをこうしたいっていう意見はないのですが、カーライルがどうするのかにはすごく興味があります。
    特に中心選手のところでウォーレン、ルバートには合いそうですが、一番肝心なサボニスがどうなるのか全く想像つきません。
    どうせならマブスの頃とは全く違う姿を見てみたいです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA