ウィザーズの揉め事

今シーズンも揉めているらしいウィザーズ。遂にはウォールとビールもトレード可能に変更したとか。

エース2人をトレード可能にしたと言われると、じゃあなんでバトラーとレナードの獲得に興味を示さなかったのかとなります。どちらもビールならそのまま交換できるので、お互いの評価値を討論すれば済んだのに遅すぎる決断はウィザーズというチームを象徴しています。

そもそも49勝して上手く行くと思われた昨シーズンにチーム内はガタガタに。その原因の1人と想定されたゴータットをトレードしたけど、やっぱり火種になるリバースを連れてきたのだから。幸いにもハワードの話は聞いていないのですが、ジェフ・グリーンはウォールと揉めたとか。そしてウォールはHCスコット・ブルックスに暴言を吐き、後に謝罪。ビールはフロントを批判したらしい。

それを受けてウォールとビールのトレード話が出てくるというのも変な話で、フロントが上手く行っていないのをエース2人の責任にしています。もちろんこの2人にも問題があるのだろうけど、だったらオフに動いておけって話です。誰が悪いという話を始めるとキリがないし、知りようもないので無視しておきましょう。どんなシナリオがあるのかを考えてみよう。

 

◉ウィザーズの問題点

・選手同士の仲が悪い

・HCがコントロール出来ていない

・サラリーが高い

問題があるのは大きく3つ。1つ目は仲が悪いという話ですが、ウォールとビールはビジネスライクに上手く付き合っている様子なので、それ以外との摩擦になります。でもさ、エース2人が上手くやっているならそんなに問題ない気がするよね。合わない選手を放出すれば良いわけで。

2つ目の問題はこの状況が長く続いておりHCがコントロール出来ていないこと。HCに限らずフロント全般って事であり、選手の性格的な部分の見極めが全く出来ていないわけです。そしてHC交代という手段は現実的に存在していたのに、どうにもその雰囲気がなく、上記のウォールが暴言を吐いたらトレードってことなので、完全にHC続投が前提の考え方の様子です。

3つ目は問題解決のために動きたくてもサラリーキャップが苦しすぎて動けないこと。このオフはミニマムばかりで補強を済ませました。その割にはよく補強できていただけに今の結果が残念なのも事実。ちなみに昨シーズン活躍したサトランスキーが不遇ってのはどう考えてもHCが悪いんだけど。

 

ウィザーズの契約状況で問題になるのは、こんな部分です。

オット・ポーター 26M

ビール 25M

ウォール 19M

マヒンミ 16M

リバース 13M

モリス 9M

大失敗だったのはマヒンミの契約ですが、来シーズンまで残っています。リバースも問題ですが今シーズンで終わりでありゴータットと交換しているので致し方ない。1つ言えるのはルーキーを育てる余裕がないのだから1巡目指名権でマヒンミを売っておけば良かったねってこと。代わりに若い選手をもらっておけばなぁ。

もう1つの問題はオット・ポーターがマックス契約なことです。これはネッツ砲の被害者ですが、マッチしたのだから致し方ない。そしてマッチしたけど使い方はエースとはほど遠い訳なので、やっぱり必要なかった気がします。ネッツがどうやってエースにしたのかは気になりますが、ネッツはネッツでアレン・クラブをエースに出来なくて困っているしな。タイラー・ジョンソンだってヒートはもてあましているし。

来シーズンからはウォールのサラリーは倍増して40M近くになります。それが22-23シーズンまで続くので、ウィザーズはウォールで勝負する姿勢を明確にしたはず。しかし、ここにきてトレードというのはチームの中期計画としては大きな間違いなのは言うまでもありません。

ウォール、ビール、ポーターの3人に高額サラリーを支払っているウィザーズには、大物だけでなく中堅所のFAを連れてくるのも難しい。それでも今のメンバーは悪くないし、これを動かすってのは結構大変です。特にポーターに関してはドラフト指名権とかをいっぱいつけてあげないと処理が難しい。にっちもさっちもいかないウィザーズ。失敗しているのはフロント。

 

そんな事情なので、今回のウィザーズがとれるケースパターンとしては3つになります。

➀ポーター他を放出してロスター組み直し

➁ウォールかビールを放出してロスターを柔軟にする

➂ウォール&ビールを放出して再建モード

 

ちょっとわかりにくいから、書き直すと

➀ウォール&ビールで優勝を目指す方向性は変えないけど、ポーターを放出してサラリーキャップを空けてロールプレイヤーを見直す

➁片方を残すことで再建には進まず、選手を変えて勝利を目指す

➂ドラフト指名権を中心に完全に再建に進む

こんな感じだと思います。要するにトレードしたいわけだけど、その見返りを何にするのかって話。スパーズもウルブズも完全な再建にはしないで、勝ちに行くための対等な対価を求めましたが、ウィザーズの場合はどの方向なのかもわからないんだ。ただ➀は正直、難しいよ。ただでさえポーターを放出するのが難しいのに、それが出来たとしても「どんなロールプレイヤーが欲しいか」という基準がないから。バトラーみたいに本人がトレード希望ってわけじゃないから、より難しい。

➁か➂を選ぶことになるわけです。

 

◉ビールのトレード先を考える

シューター系エースのビールに関しては、20-21シーズンまで契約が残っていますが、その内容は29Mと高すぎないのが良い部分です。つまり獲得したチームはエースキャラを30M以下で3年間キープ出来るので、ビールに対して一定の評価をしているなら非常に良い選択肢になります。例えば夏に再契約したクリス・ポールは4年160M、ポール・ジョージが4年137Mといわれており、ビールの契約がお手頃なことがわかります。

例えばレイカーズがイングラムとトレードしても悪くないわけです。イングラムの成長を待てないのであればビールにすることで向こう3年間はSGのポジションに困りません。これがバトラーだと来オフに出て行かれる可能性があるので、イングラムと交換するわけにはいかないのでした。まぁイングラムだけでは済まないのでトレードしないだろうけど。

ディフェンス面でも弱点になるような選手ではないし、ビッグマンに対しても守りに行くのでSFとしても使いやすく、リバウンド面でもちゃんと貢献してくれます。その点でビールは本当にお買い得な選手で、レナードやバトラーよりも手を出しやすい選手なのです。ただ、優勝出来るエースってわけではなくセカンドエースが合っているかな。

問題はウィザーズが対価に何を求めるのかってこと。再建モードで指名権なのか、組み直しレベルで対等な選手なのか。両方のパターンで考えてみましょう。まずは対等な選手。

 

〇バックス

ミドルトン+ブレッドソー

3Pを打ち始めているバックスなのでビールをセカンドエースに迎えるのは良い判断だし、来オフにミドルトンがFAになるので交換する価値があります。自前で育てたようなミドルトンなので簡単には手放したくないでしょうが、バックス以外のチームがマックス契約(4年140M)を提示されるなんて噂話もあるので他のチームにさらわれる可能性もあります。それに比べるとビールの方が安く済む。ビールに対する評価次第ではありえるトレード。

そこにはブレッドソーの処理を含んでいて、契約が今シーズン限りのブレッドソーをウィザーズが引き取れば来オフにキャップスペースに空きも作れます。その代わりサトランスキーもバックスがもられば胸熱。ブログトンを重用しているバックスなので、シュートが上手いPGのサトランスキーはありがたいはず。来シーズン以降も競争力を保てる戦力を揃えることが出来、アンテトクンポも喜びそうです。

しかし、現状が絶好調すぎるのでないな。もう少し勝率が悪ければありそうなんだけど。

 

〇ネッツ

アレン・クラブとディアンジェロ・ラッセルなら売ってくれるであろうネッツ。交換要員として悪くないし、他にも数人のオマケを要求できます。でも、なんか見劣りするよね。ネッツが相手だと指名権とか欲しがりそうだ。何よりネッツ砲の被害者であるウィザーズからするとビールよりもポーターを引き取らせたい。

※2年前にネッツはボグダノビッチと1巡目指名権をトレードしており、そのオフにボグダノビッチとの再契約が可能だったウィザーズですが、ポーターへのマックス契約をネッツが提示してウィザーズがマッチしたため、ボグダノビッチを残す余裕がなく僅か半年の在籍でペイサーズへ行ったのでした。半年のためにドラフト指名権を売ってしまった。売らせてしまったネッツ砲のダブルパンチ。

 

〇ヒート

ジョシュ・リチャードソンとディロン・ウェイターズをセットで。おそらくヒートにビールは合うと思うし、SGを1人減らしてアップグレードだからヒート側は乗ってくれそう。

ウィザーズとしてもジョシュ・リチャードソンなら悪くない。もう1人は別のポジションが良いだろうけど、他でリバースが処理できるならアリなような。なんとなくそこが焦点になりそうなトレードです。ヒートのSGを3人引き取ってビールとリバースが成立するならアリな気が。

 

〇キャブス

JRスミス+トリスタン・トンプソン+カイル・コーバー

ラブというのもアリだけど、ケガしている高額サラリーは敬遠。前者2人は大した価値がないというか、揉めまくっているチームに加えたらフロントが無能としか言いようがない。却下。フロントは無能だと思うけどね。

 

これくらいしか思いつかないぞ。オフならいくらでも話はあるでしょうが、シーズン中だと難しいですね。他にはクリッパーズあたりかな。次に再建モードで良い前提で若手と指名権になると可能性はぐっと膨らみます。ちなみにサラリーの関係も出てくるね。

〇ホーネッツ

実際に動いているらしいホーネッツには不良債権の選手が何人かいて、彼らを引き取ることで交換条件を引き出せます。ただバトゥームのサラリーが非常に高くてビールと同じくらいの上に契約期間も長いので、バトゥームを引き取ったらウィザーズは終わります。指名権2つはつけて貰わないと割に合わない。だからバトゥーム抜きで考えてみよう。

モンク+1巡目指名権+マービン・ウイリアムス

うーん、すっごく微妙。サラリーキャップが少し削減されるのですが何とも言えません。オールスターのビールの対価がモンク+1巡目みたいな形で落ち着けるのかどうか。

ホーネッツ側からすると、この3つでビールがとれるなら大成功ですが、ケンバの再契約のためにはキャップスペースの問題があるのでバトゥームかビヨンボを処理したい。MKGとゼラーでも良いけど戦力になってきているだけに、特にゼラーがいなくなると苦しいかもね。

そんなわけでホーネッツはやっぱりバトゥームを引き取って欲しい。問題があるのはビールに見合った交換要員ではなく、ホーネッツのサラリーキャップなので簡単にはいかないんだ。戦力的にビールが加わればプレーオフは現実になり、その先を考える事が出来るのでのどから手が出るほど欲しいはず。ある程度の条件は呑むと思うけど、ケンバと再契約できなくなるリスクは負いたくないだろうな。

 

〇グリズリーズ

複数の指名権+チャンドラー・パーソンズ

リーグ最高の不良債権と呼ばれるモデルの処遇は非常に難しく、指名権を複数つけないと引き取ってもらえませんが、このチャンスを利用して単に放出するのではなく、ビールがとれるなら大もうけです。ビールとジェイレン・ジャクソンがいれば未来も見据えることが出来るので、多少の犠牲は致し方ない。でも来年の指名権を持っていないんだっけ。だからムリっぽい。

 

〇セルティックス

セルティックスが誰を売るかって?誰も売らないよ。なんせドラフト指名権を4つも持っています。全部放出してビールにしても良いくらい。というのも指名権を残しておいたところでセルティックスにはロスター枠が足りなくなる可能性があります。ロジアーやジェイレン・ブラウン、ヘイワードをつけることも含めて、有効活用しないといけない事情があるのでした。

ビールよりも欲しい人材がいるでしょうが、市場に出ている選手は少ないので4つの指名権を有効活用するなら悪い話ではありません。ただサラリーキャップ問題があるので、結構ギリギリの選択になります。アーヴィングが残るのかどうかが焦点かな。

人畜無害そうなヘイワードがくればウィザーズも少し落ち着きそうですが、サラリーにはさらに苦しめられることになります。むしろポーターとヘイワードを交換したらどうだろうか。高確率のシューターにしてサイズのあるウイングでセルティックスは強くなると思う。

 

〇ニックス

指名権+エネス・カンター

カンターの契約は今シーズン限りなのでありえるトレード。キャップスペースを空けて指名権をもらえるなら悪くないし、ニックスからしてもポルジンギスがいて、ニリキナ、ノックスを信じるならSG加えちゃえば形になるよね。ただ上位が現実的な来年の指名権は手放したくないから、ウィザーズはかなり未来を観ることになってしまいます。ムリだな。

 

〇ロケッツ

指名権+ゴードン

うーん、バトラーに4つ提示するチームだから、3つとゴードンってのは魅力的。ついでにカーメロももらっちゃえ。波紋を呼ぶトレードになるだろうな。本当はクリスとナイトを放出したいだろうけど、クリスのオプション破棄しちゃったから価値がないんだよな。これを選んだらウィザーズは泥沼だと思う。むしろウォールとクリス・ポール交換しよう。

 

〇サンズ

ジョシュ・ジャクソン+TJウォーレン

サンズは理解に苦しむから、やりかねないし、持て余しそうなジョシュとビールを交換できるならやっても悪くない。でもウォーレンをつけちゃダメ。確か来年の指名権を複数持っていた気がするから、そこで交換する手段もあるよ。でもサラリー不均等になりそうで成立するのかな。

実現してもサンズはビールとブッカーで揉めそうだ。

 

〇シクサーズ

フルツ+指名権

トレード希望らしいフルツを処理してビールというのは契約的にも悪くない。でも、これでビールを売るのはムリだろうね。唯一の希望はフルツがワシントン大ってことくらい。フルツをもらうにはウォールを処理できる前提なので、やっぱり難しい。

シクサーズからするとバトラーとの再契約を実質諦めることになります。まだ時間が経っていない中で見極められるわけがなく、タイミングが悪い。1ヶ月くらい様子見て考える可能性はあるかも。

 

まぁとりあえず、これくらいにしておこう。比較的ビールは売りやすいと思いますが、それはあくまでも再建を目指したケースになってきます。主力が揉めているのはウォーリアーズくらいなので、タイミングが良くない感じ。ドレイモンド・グリーンとビールを交換したら面白いけど、それはウィザーズ側が断るだろうし。グリズリーズが成立させたらパワーバランスが更に混沌とするね。

 

◉ウォールのトレード先を考える

実は選手の価値としては高いウォールの方が難しい。来シーズンからサラリーが跳ね上がって40Mレベルの契約が22-23シーズンまであるので、迂闊に手を出すことが出来ません。

「ウォールのチームにする」

という確固たる意思が必要になるのです。例えばラプターズが「ラウリーとトレード」というと価値感覚が合致したとしてもラプターズはウォールのチームにはしないからムリ。そんなチームとなると強豪ではないのが一般的。ブレイク・グリフィンを売ったクリッパーズは凄いと思うよ。

さらにドラフト1位であるウォールの価値はウィザーズが最も高く見積もっていると思うので、対価を見つけるのも大変だよね。例えば上記の例でいえば来年のドラフトで上位指名権が確実になりそうなキャブスであっても、その指名権1つでは到底無理な話。デローザンクラスを動かせってことになるぞ。

 

〇マジック

マジックはゴードン、アイザック、バンバがいるからPGにウォールを連れてきてしまえば形になると考えてもおかしくないチーム。対価はフォーニエとブセヴィッチ。もちろん指名権もいっぱい。

フロントがどう考えているか知らないのだけど、マジックの事情としては動いても良いと思うよ。これ以上育てるべき若手を増やしても育てられないのはわかりきっているし、22-23シーズンまで契約が保証されたスターがマジックに加入する可能性なんてないだろうし。

もちろんビールでも良いわけだけど。どちらにしても選手を大移動しないと成立しそうにないので、第3チームも絡めないといけない。簡単ではないけど、お互いの条件を引き出すことは出来そうな。ゴードン以外は売ってしまっても問題ないでしょ。なんならアイザックとバンバも渡してウォールとビール両方獲得するとかさ。

 

〇ブルズ

指名権+クリス・ダン

こちらはクリス・ダンがいて指名権が2つくらいなら悪い話ではありません。ブルズもラヴィーン、マルカネン、ハッチソン、ヴェンデル・カーターがいるのでPGにウォールがくれば問題ないような。サラリー的にもパーカーを破棄すれば問題ないのです。

ウィザーズが本気ならブルズに売ってしまうのがベストだと思う。本気じゃないと思っている。

 

◉再建モードのウィザーズ

結論的にはトレードは成立しないと思うんだ。だって、ウォールとビールの片方だけ放出するとか意味あるのかって話です。両方を放出して再建するなら分かるけど、片方だったら再建にはならないので。だからオフに自分達の指名権を放出してでもガンとなる選手を放出すべきだった。もう遅い。

バトラーの時に手を挙げたチームはトレードを受け付けてくれるチームって事なので、ヒートとロケッツは候補になり得ますが、そうなるとPGは要らないのでビールの方だと思うんだ。ヒートがドラギッチとウォールの交換というのはやらないんじゃないかな。

結論は現状維持だと思います。だからこそHCとGMを交代させるべき。他に手を打てるとでも言うのか。

 

でも、フロントが本当にこのチームは終わっていると考えるなら、少し安くても売ってしまった方が良い。なんせ2人ともサラリーが高くて契約年数も長いから、この状態が3年くらい続くことになってしまいます。そんなケースを妄想すると

 

PG サトランスキー

SG ウーブレイ

SF ポーター

PF 未定

C トーマス・ブライアント

インサイドは微妙だけど、結構面白そうなメンバーじゃないか。連動性を重視したクリッパーズの匂いがするよ。だから例えばクズマとかテイタムとかバグリーとかを加えたら、それだけでなんか将来性が見えてきます。多少、安くても売ってしまって悪いことばかりじゃないよ。まぁサラリー高いから簡単ではないけど。

トレード成立させるならこんな感じかな

ウォール→アイザック+ブセヴィッチ+指名権

ビール→ディアンジェロ・ラッセル+アレン・クラブ+指名権

これを成立させるには細かい条件が一杯必要になるのですが、PGラッセル、PFアイザックにしてセンターにブセビッチ、ベンチにクラブとサトランスキーなら何だか面白そうなチームだし、将来性もあります。パッシングチームとしてシュート力を活かていくことが出来そう。

しかし、こんなチームを作るとなると大きな心変わりが必要です。つまり本質的にはフロント全般の改革が求められることに。話が元に戻るわけだ。ビールがフロントにクレームしたと言うけど、ビールの意見は正しいと思う。正しい方向性でチーム作りが出来ていないのは、選手個々のキャラクターの問題以上にチームにはびこる悪いカルチャーがあるような。そういえば昔、マイケル・ジョーダンがいたんだっけ。

サトランスキーとウーブレイは来オフに契約が切れてしまい、RFAで他のチームから良い条件を提示される可能性があります。その時にマッチするほどのキャップスペースを作らないと行けないウィザーズ。でも、そんなことは以前から分かっていることで、分かっていて現行のメンバーを選んだのだから、変えるべきなのはGMかHCかだろうと。

GMは誰が良いかは知らないけど、シーズン中でも良い人材を確保することは可能なのですが、HCは少ない選択肢の中から誰にするのかって話になります。やっぱりこんな複雑なときはレジェンドに託すのが一番簡単だと思うのでジェイソン・キッドにしましょうよ。キッドに対して暴言を吐くのは勇気が要るし、キッドがそんな状況にするとも思えません。

 

何を揉めているのか、誰が問題なのか難しいウィザーズですが、今のチームを変化させて上昇気流に乗せるのも難しいなら、中期戦略が必要になってきます。戦略が描けているのかどうか。それが1番の問題。

ロールプレイヤーには苦労人で自分の仕事を全うするタイプか、ベテランにかわいがられる若手を連れてくるべきだなって話です。いろんなエゴがあるのは当然の世界だから、それを受け止められる選手がいるのも大切なことです。ハワードの明るいキャラに期待していたけど、それだけでは解決できない様子なのでした。

 

 

ウィザーズの揉め事” への21件のフィードバック

  1. 選手もフロントも全部変えましょう(適当)

    ところで、以前はメールアドレス入力必須ではなかったと思うのですが、なぜ必須になったのですか?

    1. メールアドレスは必須にしたくないのですが、「名無し」が多すぎてそれを回避するためにはメールアドレスも必須にしないといけないシステム事情です。

  2. ウィザーズはホント難しいですよね。

    ペイサーズがマヒンミを放出した時は、ルーキーイヤーを終えたターナーと入れ替えになったわけですが、その時はマヒンミに16Mも出しちゃうのかとびっくりしたものです。
    その時ウィザーズはホーフォードも狙っていたようなことを思い出して、当時の情報を調べてみたら、ここのシーズンオフはビッグマンが高騰していたんですね。
    ホーフォード4年113M、ホワイトサイド4年98M、ハワード3年70.5M、パーソンズ3年94.8M、ルオル・デン4年72M、ノア4年72M、ビヨンボ4年70M、モズコフ4年64M、マヒンミ4年64M……。
    これはちょっと切なくなるような高額契約のオンパレード……。
    その頃はリーグ全体がこんなにスピードアップするとは思っていなかったのでしょうか。その兆しはあったと思うのですが。

    1. その中だとマヒンミはまだ走れるだけマシなんですけどね。どちらかというとスキルが足りない。
      ビッグマン以外もサラリー高騰していた時期ですよね。放映権料の高騰で各チームがサラリーキャップにものすごく余裕がありFAの獲得競争が過熱してしまいました。
      とはいってもパーソンズ、デン、ビヨンボ、モズコフ、マヒンミには出し過ぎ。払ったチームは大きな代償を払っていますし。まぁホーネッツみたいに動けそうな選手に大金払って困っているチームもありますから。

      エースクラスがこんなに動くとは思いもしませんでした。

  3. ウィザーズ見てると失礼ですが揉めない、揉めてることが表に出ないだけまだマシかなと思ってしまいます。
    ポーターがオススメとありましたが個人的には獲るならビールです。
    好調なら30点取れるセカンドスコアラーは喉からでが出るほどほしい現状です。
    テイタムはいいときはセカンドスコアラーとして有能な選手なんですがいかんせん爆発力はないだけにもの足りない。
    ロジアーと指名権3つでどうだって感じです。
    ヘイワードさんはウィザーズにぶち込まれるのは忍びないです…
    そしてネッツはウィザーズになんの恨みがw。

    1. でもセルティックスがこんなに早くロジアー問題が出てくるとは思いませんでした。要するに全て含めてフロントの力ですよね。そういうロッカールームを作ったり、揉める前に処理したり。
      セルティックスにポーターが良いのは、自分でガンガン行くタイプじゃないのでジャマしないことです。その上でFG%が高い(高かった)ので、テイタムを残すならポーターの方がビールよりも合うと思います。本当はヘイワードが2人の間のタイプのはずですが・・

      ネッツはロスターにいる選手はコスト重視なのに、ネッツ砲発射するから厄介。

      1. ロジアーの問題より思ったよりカイリーとの差があるんですよね。
        タイプが近いので従って売れる選手に。
        ポーターはちょっと今後見てみます。多分縁はない。

  4. えっビールってまだビール25歳なの!? まだピークこれからじゃん!
    …ということは同期ドラフト2位のMKGも…25歳っ!?!

    うおおおあああぁぁ!!

  5. ビールのトレード先にマブスは入らないでしょうか。
    マシューズやバーンズを絡めれば成立しなくもないような···
    ウイング不足ですし···

    1. 確かにバーンズを組み込むのは面白そうですね。
      でもマブス側は欲しいですかね?
      バーンズを大好きなオーナーなので、ビールよりも評価していそうで。

  6. バックスとしてはミドルトンと良好な関係を気づけてるので中々なことがない限り手放さないと思います。

    新HCとしてキッドが来れば安定したカルチャーは作ってくれそうですが、
    ロッタリー→POチームになる段階ならともかく、
    今までPOチームだったチームからすると勝ち星がぐんと伸びるわけではないのでフロントが納得できるかどうか。
    加えてウォールの長期契約中に優勝候補になれる可能性も低いので、
    いかにキッドがレジェンドでもウォールがその状況を飲み込めないとまた内乱が起きる気がします。
    結局、中長期的な目で見ないとズルズル落ちていくだけなので全員がビジョンを共有しないといけないんですが
    そこに欠けるのがウィザーズって印象です。

    1. バックスは5割近辺なら動いたと思いますが、チームが好調なら動く理由がないですね。ミドルトンを信じるしかないし、他チームよりも高いオファーをする用意があるのではないかな。

      ウィザーズはオフになってからHCを考えたほうが無難なので、とりあえずキッドって感じです。今はチームをまとめる方が大切で、それこそロッタリーみたいなカルチャーがあるのを立て直さないと。そういう意味合いですね。
      優秀なフロントを連れてきても一朝一夕で改善するわけじゃないので、ひとつ目がレジェンドってのは悪くないような。

      それともビールとブーデンフォルツァーをトレードしますかね。

  7. 一刻も早くHCとGMは変えるべきだと思います。スコットブルックスはサンダー時代と同じで放任主義な気がして、、、今はビジョンがあって、それに沿って多少強引でも選手を矯正させる様なHCが必要だと思います。キッドはそういった意味でも良いと思いますし、威厳も確かにあって良いと思います。GMはタイミングとしてはオフ中になるんですかね。

    1. HCはオフの方が選択肢が多いですが、GMは突然変更してもいけます。レイカーズのペリンカもロケッツのモーローも異分野からきていますし。そういう人材を見つけるオーナーならば。

  8. ウィザーズ特集ありがとうございます!
    自分もHCを変えるのが現状の最適解かと思っていて、ロッカールーム問題を鎮めるには、レジェンドを持ってくるのが手っ取り早い、思いつくのは・・・キッド?ってところは同じ考えです。そのほかに現役時代の実績があるコーチっていますか?

    1. ウィザーズってそもそもレジェンドがいないので難しいですね。レジェンドでHCになりたい人も少ないし、なりたい人は大体どこかのHCやってます。ペニー・ハーダウェイなんかも高校だったかな。
      スタックハウスやジョワン・ハワードはACやってますしね。

      ナッシュはウォーリアーズでアドバイザーやってますし、HCじゃなくてもそういう人材を入れるのも手かな。

      ガーネットとかポール・ピアース、モーニング、うーん難しい。

  9. SFが弱点のキングスがうまくポーターを補強できたらプレーオフ本気で狙えると思うんですけどどうですかね?
    まぁそもそも今年の指名権ももってないし無理でしょうけど↓↓
    ウィザーズの得になるようねトレード要因てキングスにいますか??

    1. バグリー&ジャイルズならトレード可能だと思いますけど。ウィザーズはインサイドの人材に困っているし、来年以降も残る選手が固まっていないので。
      でもそれはキングスがムリでしょ。

  10. レイカーズは来季のMAXfaが取れるのか怪しいので、それなら適正サラリーなビールを求めるべきだと思うのですが。ロンゾやレブロンとの相性も、ビールならかなり良いですし。
    イングラム+KCP(契約今期まで)+1巡目でなんとか…

    1. それなら取れそうですし、KCPはウィザーズに合うと思うんですよね。ただイングラムにするなら、ウォールもトレードして一気に若返りたいところ。そんなディールをまとめる能力がウィザーズにあるかな?

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA