さようならニックス?

ニックスファンのにっちきさんからのコメントをそのまま載せるブログです。だから突然のニックス登場です。

 

 

ミラクルニックスでファンになったものの、BSを視聴できなくなったため2000年代はほぼ見れてなかったですが、KPがドラフトされてからリーグパスでNBA復帰しました。

昨季はローズ、ノア、リー、ジェニングスなどが加わって期待値アップで始まりましたが結果は、、、メロも移籍してどうなるかと思いスタートした今季。完全再建モードはわかるが、PGはルーキーとおっさん(笑)てかジャックとセッションズって誰?って感じでした(笑)

 

始まってみると、KPの成長と移籍組のカンターがハマって、ジャックもいいPG!以外と念願のPO行けそうな雰囲気が!と思ってました。
しかし、NBAはやはりレベルが高いですよね。KPはダブルチームで潰され、頼りたいセカンドオプションのハーダウェイjrは故障中。戻ってきても全く当たらない3Pの雨あられ。たまに当たるけど(笑)年末あたりからかなり苦戦が目立つように。でもビーズリーの大活躍でセルティックスにも勝ちました。
他にもPOチームのサンダー、ラプターズ、ジャズ、キャブス、ウィザーズなどにも勝ってますが勝っている試合は大体、ハーダウェイやビーズリーなんかがアンストッパブルになってた気がします。要は不安定。

 

シーズン通して全体的に見ると走って、ハードワークするいい試合はするチームになった!去年とは大違い、でも安定して勝てない。もちろんKPの怪我は大きかったですが、その前から一人で引っ張る限界は出てたと思います。流石に相手チームも対策しますよね一人だし。
シーズン序盤に確かホナセックがKPのミスマッチをもっと使っていかないとみたいなこと言ってましたが、それ以上の戦略は無かったのかな〜

 

良い面を考えると、若手に経験積ませられたこと、フロントがまともそうなこと、あとチームの雰囲気は良かった気がします。昨年が悪すぎたのもあると思いますが、試合出れなくなったジャックはコーチに徹してプロの鏡のようでした。

個人的に来季に希望する事は

①KPは無事に戻ってくる事
②チームの方個性創出と育成出来るHC
③フィルジャクソンの負債を清算
(ノア18M、19M/ jr 17M、18M、19M、リー11M、12M、13M)

リーは大好きなので残して欲しいですが、ノアとjrは貰いすぎ。HCと合わなかったとは思いますがノアはどげんかせんといかんレベルです。今季は数試合しか出ていません。でもトレードは難しそうだもんな、、、

 

新HCの方個性にもよりそうですが、KP、カンター、リニキナ、オクイン、バーグ、安い若手以外は全入れ替えかもしれないですね。

ただ個人的思い入れですがニックスはブルーカラーでハードワークするのが伝統的な気がしますのでその部分は残して欲しいですね。年代によって差はあると思いますが各チームの伝統、文化みたいのってありますよね。レーカーズはショータイム、ピストンズはバッドボーイズみたいな。

ちなみに管理人さんがHCだったらKPを中心にどんな風に戦略立てるのが良いと思いますか??

自分はCをカンターにする今季パターンとKPをCにして、相手のビッグマン外に引っ張って、カットイン出来る選手いれて、パス先の3Pシューターくらいしか思い浮かばずです。ユニコーンは希少すぎて、難しい(笑)

 

・・・・・・・・・・

そんなわけでニックス編でした。

個人的に今季のニックスが示してくれたことは重要だと思っています。

「カーメロよりも運動量」

極論言えばそんな感じです。トライアングルとか多分関係ありません。一生懸命に手を抜かずに頑張るから、パスも出てくるし、チームワークも良くなりました。乱していたのはHCとノアくらい。加えておじさんジャックの何もしないPGというのが重要なことも久しぶりに感じさせてくれ、その一方で積極的に自分で行くトレイ・バークがブレークするのだから難しいチームでした。

積極的に自分で得点しながらアシストもするPGはリーグに3人くらいしかいませんし、批判される選手だからジャックのような存在が重要になってきそうな3年後です。

 

ある意味、今シーズンは走らないカーメロと決別し、頭でっかちのフィル・ジャクソンと決別し、ハードワークの文化を思い出したのであれば十分すぎる成果かもしれません。オクインやランス・トーマスが印象的なシーズンでした。

 

しかし道のりはまだまだ長いです。ポルジンギスを中心にするといっても、自分で打開できるタイプではありません。個人的にはブルズのマルケネンの方を推すくらいです。理想的に言えばアンソニー・デイビスですが、まだまだ足下にも及ばないわけです。ただし、シュート力で上回れるのは大きなアドバンテージです。3Pだけでなくミドルも積極的に狙わせたいので、オフェンスリバウンドを回収してくれる選手は絶対に必要です。

そんなわけで目指すはペリカンズ。あちらもホリデーはいるけどロンドにして成功しました。そこにハードワークが加わるので、シュート力には少し目をつぶって選手を集めていくのでしょうか。

 

とりあえずはまだまだ様子を見るべき来シーズンです。必要なのはハードワークを文化として根付かせることだと思いますし、ニリキナもトレイ・バークも信用するまでにはまだまだ遠い。イメージとしてはロールプレーヤーは揃っているので、メインプレイヤーを作らなければいけません。そんな選手達を作るためのシーズンにしていかなくては行けない気がします。

ポルジンギスにパスを出せるチームではなく、パッシング&シューティングで戦いたいところですが、ハードワークとの相性はあまり良くないので、ちょっと悩んでしまいます。

 

・・・・・・・・・・・

 

他にも「自分でお気に入りチームの今季を振り返ってみたい」という方はこんな感じで掲載するかもしれません。個人的な都合次第ですが、語りたくなった方は長すぎない範囲でご連絡下さい。

 

 

 

 

 

 

さようならニックス?” への6件のフィードバック

  1. PO中なのに掲載ありがとうございます(^^)
    そして長くてすいません、、、
    なかなか周りにNBA語れる友達も少なくついつい長くなりました!

    マルケネン推しわかります!ブルズ戦は感情移入した上でも結構押されてました!
    PO見てると来年こそと期待したくなります。今年のPOはジャズみて浮気してます(笑)ミッチェルすごいですね。

    記事楽しみにしてます!頑張って下さい!

    1. ジャズは時代の最先端なので浮気しておくとニックスを見る目も変わって良いと思いますよ。
      ドノバン・ミッチェルを見過ぎると羨ましくなって辞めた方が良いかもしれませんが。

  2. オナジク,、ミラクルニックスからのニックスファンです。
    やはりニックスといえばハードワークですね。
    スプリー、LJ、ウォード、チャイルズ、カートトーマス、キャンビー・・
    今は、カンター、オクイン、ニリキナから同じ匂いがします。
    ポルジンギスはヒューストン的な立ち位置?
    ここから、時代に逆行しようと、ハードワークの面子を集めて、覇権に挑戦してほしいです。

    1. でも、プレーオフ観ていてもハードワークは重要なことがわかりますよね。
      両立しないだけなので、落ちても拾ってくれるチームにしたいです。
      ハーダウェイがもう少しハードなタイプならまた違うのですが。

  3. 初めて投稿させてもらいます。自分もミラクルニックスのファンだったので、うれしくてつい・・・。
    でも皆さんと違うのは、メロ&ローズのファンだったことです。昨季スタート前はめちゃくちゃワクワクしたのですが・・・。ゼンマスターがいなくなったし、KPもブレイクしてきたので同じ体制でもう1年、と期待したのですが。OK3も解体っぽいし、だめなら1年で見切りをつけるんですかね。

    1. 開幕前に書きましたが、個人的にはローズとは再契約すべきだったと思います。プレーオフ狙えたはず。

      カーメロ放出があんなに遅くなければ、十分に再契約の余地があったはずなので、フィル・ジャクソンの混乱が痛すぎました。

      カーメロの場合はチームカラーに合わないのに獲得したサンダーが悪いという感じです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA