ナゲッツvsヒート

初登場の両チーム

試合開始からミルサップの&ワン、ハリスのダンク、バートンの&ワンと快調なナゲッツ。ヨキッチはなんだかダルそうですが、それでも関係なくリズミカルに決めていくナゲッツ。

ナゲッツを書くのは初めてなわけですが、正直もう観なくても大体わかるし、チームとしての余裕があるし、そしてどうせシーズン後半まで観るくらいの戦いをするしで優先度は高くありません。新戦力はジェレミ・グラントくらい。

一方のヒートは見たかったけど、ホークス戦はトレ・ヤングがいなかったり、なんだかタイミングが合わず。前日のサンズ同様に1試合目でも、それっぽく書きたいくらいなのですが、捉えどころのない試合をしています。それもまた予想通りではありますし、スポルストラっぽい。

◉反動のヒート

新加入のメイヤーズ・レナードといえば、ヒートに似合うムキムキでありながら、ヒートにいなかったシュートの上手いビッグマン。アンダーサイズのアデバヨとのコンビは論理的です。

だけどブレイザーズを観ている人はみんな知っています。レナードはパワーもシュート力もあるし、走れないって程でもないけど、反応が鈍くてプレーが逐一遅い。本日もパスキャッチからのフローターが遅い遅い。なんだけど、見事にレナードを使っていくし、活躍している。不思議不思議なスポルストラマジック。

おそらくヒートの面々はホワイトサイドっていう動かない選手に慣れているから、反応こそ鈍くてもそこそこ合わせに動いてくれて、なおかつシュート力があるから、どこからでも打てるレナードが楽しいのかもしれません。ホワイトサイドの反動で活躍している気がするレナード。信用しきれないけど活躍しているよ。

そしてヒートの新加入といえばジミー・バトラーですが、これもまた不思議なことに、ボール持っていないと空気なバトラーだったのに、なんだかそういう部分が気になりません。というのも、あまりボールに絡まず、だけど最後にパスが出たところに待っていたバトラー。

バトラーがボールを持つ → ピックとか利用するけどパスを出さず持ちすぎる → パスを出すけど、そこから組み立て直すだけ

という印象があるのに、最後にボールを貰っているから勝負しやすいし、周囲と絡んでいるし。レナードとバトラーそれぞれの悪い部分が目立たないような立ち上がり。

ナゲッツのベンチにはマイケル・ポーターjrがいます。ドラフト1位候補ですらあった逸材は大学でのケガもあって昨シーズンはプレーせず、今シーズンもベンチの端っこ君になっています。

ドラフトにすら引っかからなかったケンドリック・ナンは突如としてヒートのスターターに定着し、毎試合ハイスコアを記録し、さも当然のように自信満々にプレーしています。信じられないほどに立場が変わった2人。

そのナンもバトラー同様に、あまりオフボールで動いていないイメージ。それでもボールをもらってから小さなスペースでクイックを打てるので、正しくポジショニングできていれば十分って感じです。

レナード、バトラー、ナンとそんなに動いていないけど、適切な距離感が保たれているヒート。でもさ、ヒートってそういう距離感が下手なチームというか、動き回る選手が動き回りすぎていたイメージなんだよね。反動のヒート。

◉ヨキッチとハードワーク

コンビネーションに優れたナゲッツと、適切な距離感のヒート。ミスの多めなナゲッツと少ないヒートという構図もあって、互角で進んでいく前半。

ただヒートはベンチメンバーまで豪華で、ドラギッチ、ヒーロー、ジョーンズ、オリニクと登場します。いや、ドラギッチ以外は普通なのですが、ヒーローが活躍することで豪華に見えてくる。

そして共通意識として攻守の切り替えの早さが優れています。この部分でナゲッツを圧倒しているヒート。特にヨキッチがいると遅くなってしまいがちなナゲッツ。自分たちのシュートが落ちるとカウンターを食らいまくっています。

ところがヒートはアウトサイドが全く決まらない。全然決まらない。

だけどナゲッツはリバウンドが確保できない。複数人が飛び込んでくるヒートに奪われまくる。

〇前半のFG
ヒート 41%
ナゲッツ 55%

ナゲッツが圧倒して良いスタッツなのですが、ターンオーバー、オフェンスリバウンドともにヒートが上回って、互角の展開が続きます。そりゃあマイク・マローンも不機嫌になるわけだ。

そんな中でヒートが3点リードの2Q残り6分、ヨキッチが3ファールでベンチに座ります。試合終了みたいな疲れた顔をしているヨキッチ。

トップのバトラーから仕掛けてくるオフェンスはを見事なローテーションディフェンスでフリーを作らせず守っていくナゲッツは、しっかりとボックスアウトするミルサップがディフェンスリバウンドを一発でキープするとワンパス速攻。

ハリスのディフェンスを嫌がるバトラーがシュートまで行けず、パスを受けたレナードにプレッシャーをかけてハンドリングミスさせる元チームメイトのプラムリー。見慣れた光景のレナード。

そしてオフェンスではゴール下で奮闘して決めていくマレー。同じくゴール下で奮闘するし、速攻の先頭を走るプラムリー。そしてハーフコートでもあっさりと3Pを沈めるマレー。なお、相変わらず1人だけヒーローに簡単に抜かれてダンクを食らうマレーでもあります。

そんなわけでヨキッチがいなくなると圧倒するナゲッツ。ハードワークの部分でヒートを上回り、当然のように完成度の高さで圧倒してしまった2Q後半でした。話には聞いていたけど、ヨキッチがここまで動いていないとはね。

ミスがあっても繋いで繋いで最後はバートンがステップバック3Pを決めたナゲッツが前半を58-48と10点リードで折り返します。

ヒートはさ。ドラギッチがドライブ→パスアウトしてミドルレンジのアデバヨっていうラストプレーとは思えないラストプレーをしていました。だからやっぱりオフェンスが整備されて機能しているとは言いにくい気がするんだよね。

◉ナゲッツのトラブルが引き起こしたもの

後半はナゲッツにトラブルが連発します。まず前半の終わりに腰を強打したハリスが出てこず、代わりにクレイグがスターターに。ただ、これはポジティブな現象があって、実質的にはヨキッチがハリスのポジション。つまりはシューターになります。動かないヨキッチと追いかけてこないレナードなのでフリーで打てるヨキッチ。

一方でクレイグがゴール下に飛び込んでのオフェンスリバウンド、ディフェンス力には定評があるクレイグなのでバトラーを守っていきます。なお、打たせなかったハリスと打たれるけど外させたクレイグです。

トラブルは終わらず。ドライブからレナードと激突したマレーが20秒くらいダウン。無事立ち上がりましたが、今度はトランジションでレナードに押された(フレグラント1)ミルサップが、ウィンスローの頭と激突し流血でロッカールームへ。ウィンスローも1分くらいダウン。

動きの鈍いレナードが巻き起こした事件から、ミルサップと交代で登場したグラントが連続得点します。ヨキッチがシューターやっててインサイドをグラントとクレイグが動き回るというスピード勝負にさすがのアデバヨも追いつきません。

これで15点差にしたナゲッツでしたがアクシデントは終わらず。アクシデントというかマレーからヨキッチへのうかつなパスをバトラーがスティールすると、ヨキッチがファール。これで益々スピードアップすることになるナゲッツ。

とはいえ、ここまで行くとさすがにね。ヨキッチと違ってインサイドで頑張るプラムリーなので、ストレッチ出来なかったから爆発とまではいきません。それでもヒートよりも走るので全局面で数的優位を作っているナゲッツがヒートを飲み込みました。

イージーシュートを一切許さず、ナンのレイアップをバートンがブロックしたボールを更にクレイグがブロックするスーパープレーまで出たナゲッツ。一方でやっぱり総合的にバトラーやナンの運動量が少なく、アデバヨばかりが顔を出しているヒート。

ならばと元気なベンチメンバーを繰り出しますが、そんなにコンビネーションが良いわけでもなく、後手後手だし、プレーに絡んでいない選手が突っ立っていることも多いし。3Q開始から出続けていたマレーやバートンの方が動けているというほどの状態。

これってヒートが動けていないのではなく、そこの運動量をベースに置くバスケじゃないから、って感じです。つまりは試合序盤の良かった部分が悪い方向に流れています。

ということで手も足も出なかったヒート。点差は最大27点まで広がり、のらりくらりなヨキッチになっても何も問題なくリードを守り切って圧勝したナゲッツでした。

◉また次回お会いしましょう

ナゲッツは相変わらず強かったですが、よくわからない負け方をしているのも理解できました。確かにヨキッチが浮いているね。WCではデンバーが恋しそうで「お前ら動けよ」みたいなシーンが多くありましたが、実際にデンバーに来ると「お前ら動きすぎだよ」みたいにね。

疲労の面ではWCの影響がありそうですが、プレーの面でもなんだかWCボケしている雰囲気です。それ以上にメンタルが休まっていないのかもね。どこかで休ませてあげた方が良いと思いますが、残念ながらマイク・マローンはヨキッチに厳しめ。日常的にとほほーんとしているからだろうね。

そして本日の主題はヒートだったのですが、コテンパンにされてしまいました。バトラー問題ってわけじゃないのですが、予想された通り全体の運動量が落ちていましたね。

ただこれも難しくて、データ的にはヒートの運動量は上がっています。理由はトランジションが増えて試合のペースが上がっているから。ウェイドの神通力とホワイトサイドのリムプロテクト力はなくなりましたが、その分ベンチも含めて走れるチームになりました。

クリス・ポールなんて話もありましたが、それよりもグラントが欲しい陣容です。インサイドがアデバヨくらいしか走ってくれないので、ちょっと苦しいです。まぁ苦しいって言ってもレナード、オリニクはそこそこ走ろうとしてくれるし、デリック・ジョーンズいるし。

ということで、なんだか難しいヒートの評価。噛み合えば強いわけですが、その噛み合いどころが非常に微妙。運動量で上回れる範囲だと強くて、そこのラインで負けた瞬間に圧倒されちゃうような。

よくわかんないので、次回は明後日のサンズ戦でお会いしましょう。

ナゲッツvsヒート” への5件のフィードバック

  1. バートン、プラムリー、ハリスがいるって事がナゲッツにとってありがたーく感じるこの1週間でした。
    ほんとヨキッチは病人かよみたいにのたのたしてるので休ませては?と思いますよね。

  2. ロケッツ戦では運動量で圧倒しロケッツの稚拙なスイッチディフェンスの裏をかきまくりぼこぼこにダンクをかまされたんですが…そうですか、この日は動いてなかったんですね。
    この日のヒートとやっていたらと言いたいところですがバトラーもがつがつ行くのか黒子役に徹するのか日によって違うしまだチームとしての特色は見えない感じなんですかね。

    1. ちょっと表現悪かったかも。走らないわけではなく、トランジションへの参加はしっかりとします。
      ハーフコートになるとオフボールで足を止めるので、細かく動き続けるナゲッツ との差がありました。

      言うまでもなくロケッツは更に動きません。ラス君1人が動いている。

  3. ナゲッツはヨキッチやメイン陣の健康問題とモチベーション維持だけですかねー プレーオフが本番ですが、レギュラーシーズンの過ごし方大切。

    W杯出ていたNBA選手は出ていない選手と比べてやっぱリフレッシュ不足に思える序盤戦。

    ヒートは本当ファイター揃いでねぇー 社長がマフィアのボス感ありますからねー(モーニングのSP感もやばい) バトラーさんはレナードに溝を開けられたけど、はてさてどーなりますかねー

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA