サマーリーグ雑感②

あまり観ていないです。

 

ネッツの試合を観るから、それ以外はあまり観ていないような。ブレイザーズが良いらしいですがそれは全く観てないよ。あとウィザーズのトロイ・ブラウンが良いらしいけど全く観ていない。イアン・ハートは今更褒める必要もないような。

トーナメントでブレイザーズとレイカーズは勝ち上がりそうなので、そこで確認しましょう。

 

あとこれか。

渡邊雄太の挑戦だけが見どころじゃない!サマーリーグに挑む各チームの思惑を探る

ホークスは前回少し触れたし、サンズはディフェンスをちゃんとやるようになったし、オフェンスも組織的だからトーナメントを勝ち上がることを期待しよう。なので、キングスについて触れます。

 

◉キングス

 

マービン・バグリーはかなりお気に入りになりそう。特にディフェンスが良くてチームの中心的な役割を果たしてくれそうです。ディフェンスリバウンドから自分で運んで速攻も作れそうなので、一気に期待が膨らんでいます。得点やリバウンドでのスタッツ以上のインパクトを残せそうな選手。クリス・ウェバーみたいな。

そして1年間プレーしなかったハリー・ジャイルズはスピード感のあるセンターとしてプレーしていて、バグリーとのコンビで出場しているとポジションが全く分からなくなるキングスに。これはかなり興味深いコンビになっていて、シーズン始まってもこのままを期待します。多分初めは負けるけど伸び幅は非常に大きそう。

 

しかし、キングスはキングスらしくないプレーをしています。イェーガーのオフェンスが好きじゃない管理人的には褒め言葉。スピードのインサイドコンビはゴール下を広くして、効果的なスペーシングを可能にしますが、イェーガーって全く違うよね。

シーズン始まって未だにランドルフとクーファスで合わせる可能性があるから、結構引く。そしてボグダノビッチもディフェンス面で連携があるのか不安。

要はサマーリーグの方が面白そうなキングス。

 

 

◉ブルズ

 

ブルズはドラフト7位のヴェンデル・カーターと22位のハッチ村君がいますが、あまり面白くなさそうと敬遠していました。その理由はホイバーグが本気出したシステムは、どうにも機能しないから。機能しないというのは難しくてサマーリーグじゃ無理だろうと言うことです。

しかもセンターは少し孤立して独力で戦うような感じなので、そこにカーターがサマーリーグで無双しても参考にならなそうだなーと。

 

現実にはスクリーンと高速パッシングを使いながら、ハイポストのカーターを絡めていくオフェンスをみせていました。悪くない印象と共にカーターがかなり万能なオフェンスをみせるので、興味をひかれてきました。まだ3/4試合しかみていないけど。

そしてウイングにいるのがハッチソンで、力強くリングにドライブしていきます。ハイポストにディフェンスが寄れば尚更活きてくるタイプです。

 

ここにマルケネンが加わるブルズは更に面白そうです。アウトサイドでもインサイドでもプレー出来るマルケネンなのでよりシューター的になり、カーターとポジションチェンジも有効に機能しそう。シーズンへの期待が高まってきました。

そしてやっぱり「ラヴィーンに払いすぎじゃないか?」という疑念も出てきました。ウイングに人材揃えているけどラヴィーンというのはどれだけの価値があるのか。ダンをキープしないでPGとして使うならわかるけど、このままだとサラリーバランスがとれなくなるかも。そんな事を今考えても仕方ないか。マルケネンのルーキー契約が終わる頃にどんなチームになっているのだろうか。

 

ちなみに今年当てまくったと評判のドラフトネットの来年の指名予想は「八村塁」です。ハッチ村コンビはプレーもなんか似ていそうだし、ブルズの大型化がどんな結果をもたらすのか。

 

NIKE 公式オンラインストア

◉ケビン・ノックス

ノックスなんて3P打って、ダンクするくらいしかプレー選択がなさそうと思っていましたが、よく考えたら、それってフィッツデイル的には非常に優秀な選手になるよね。

そして予想以上の活躍を見せているサマーリーグになっています。おそらく戦術的にも特徴にフィットしていることが力を発揮出来る要因でしょう。そしてオフバランスからリカバリーしてシュートに持っていく能力があるので、非常に怖い存在になっています。

 

戦術的な部分もさることながら、ニックスにはいなかったタイプなのも好印象です。正しくはハーダウェイがいますが、その3Pがあまりにも決まらなくて負けたのはファンには頭が痛かったはず。ノックスも同じ系統ですが、ドライブの力強さでは上回っていそうなのでスターターで積極的に起用されるかもしれません。

 

 

◉コリン・セクストン

 

キャブスはレブロン用みたいなセットばかりでどうするのかと思っていたら、セクストンがかなり引っ張っています。オスマンのブレークもあって、サマーリーグではあるけれど、しっかりとプレー出来ていました。それくらいダメなんじゃないかと疑っていたわけですが。

ペイサーズのホリデーとの対決は面白かったです。プレーそのものよりもリーダーシップがとれるタイプだと思うので、キャブスの面々がのびのびとプレー出来る環境を作るPGになって欲しいです。

 

ペイサーズはTJリーフが思ったよりも成長していないのが。もっとやれると思うのですが、このままだとルーキー達に追い越されそう。

 

【ドームショッピングゾーン】公式アンダーアーマー_フットウェア

 

あとはペリカンズが意外と機能していて驚いたのです。準備期間が短くても、それなりに形になってしまうのだからコーチ陣は優秀だなぁ。

 

 

サマーリーグ雑感②” への7件のフィードバック

  1. 自分はオスマンを観ていてレブロンのようなパスをしていて、成長するなと思ってるのですがシーズンでも通用すると思いますか?去年は迷ったプレーが多く、プレーオフもPTが少なかったので少し不安です

    1. オスマンの善し悪しはわかりませんが、キャブスはとにかく1人1人が窮屈にプレーしていて、特に16年以降に加入した選手は多少活躍してもガマンさせられて消えていきます。
      とはいえ、もう大胆に方針転換することになったので、数人の害が発生しなければもっと自由にプレーするのではないでしょうか。クラークソンが本領発揮したら、かなりヤバいですが。

  2. キングスはバグリーとジャイルズで新感覚なインサイドコンビが作れそうです。そこにフォックスを交えて早い展開を望めそうです。
    上手くヒールドも絡めたい。
    イェガーがどうするかわからないですが。
    ウェンデルカーターかなりいいですね。
    早くマルケネンとのコンビが見たいです。
    ラヴィーンにあれだけ払うのであればもっと安くで狙えるジャバリで良かったと思いますが
    管理人さんはどう思いますか?

    1. ジャパリはポジションが被るので必要だったかどうか。
      どうせならマーカス・スマート狙えば良かったのにと思います。
      単純にキャップスペースに余裕を作っておいても悪くなかったかと。

      ラヴィーンはまだ長期的に問題ないかどうかわからないですからね。少なくともリスキーな契約でした。成功することを祈るのみです。

  3. バスケットカウントで記事書いてたりしますか?最近、このブログっぽい文章を見かける気がします。

      1. 匿名さんと同じこと思ってましたー。
        本文にもありますが、神高尚というライターの記事の、バスケの観点が似てますね。
        中身は面白いのに金にならなそうなチーム選んでるところとか笑 褒めてます

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA