17-18シーズンプレビュー クリッパーズ編

キャブスの次はクリッパーズです。この両チームは選手構成もプレー内容も異なりますが、似たような数値を残しています。
両チームに共通するのは効率性の高いセット(フォーメーション)を行う強いチームだけど、戦術がないという点です。アイソレーションばかりします。

“17-18シーズンプレビュー クリッパーズ編” の続きを読む

17-18シーズンプレビュー レイカーズ編

プレビュー第3回はレイカーズです。
データを検索すると酷い数字ばかりで、何から伝えれば良いのかわからないまま時は流れて、浮かんでは消えていくありふれた内容ばかりです。
レイカーズファンは多いでしょうし、マジックがフロントを指揮するようになってまだ半年です。これまでの方向性を変えた部分もあるので、現状は把握するだけにして将来に期待し物事はポジティブにみていきましょう。

“17-18シーズンプレビュー レイカーズ編” の続きを読む

17-18シーズンプレビュー ラプターズ編

ラウリー&デローザンを軸に地道に力をつけ、2年連続50勝に到達しイーストのトップチームとして確固たる地位を築いたラプターズ。しかしプレーオフではキャブスに敗れ、チームの限界を感じたシーズンにもなりました。
敗戦後にはチームの文化を変える必要がある。とまで明言し、ディテールの変更を図っています。

ラウリーのFA移籍は留める事が出来、またイバカも残したものの多くのベテランを放出しました。

もう50勝を目標にする事はなく、シーズンを通じてチーム力を上げてプレーオフでの勝利だけを目指すチームになりました。イーストでそれを許されるのはキャブスとラプターズだけです。

“17-18シーズンプレビュー ラプターズ編” の続きを読む

17-18シーズンプレビュー ホーネッツ編

イーストの注目チームのひとつホーネッツ。何故、注目しているのか。
ハワードが入ったから? ケンバがいるから? ジョーダンがオーナーだから?
答えはマリク・モンクが加入したからです。とても楽しみだったのですが、捻挫したのがドラフトワークアウト中なのにキャンプでも完治してない様なのは、かなりマズイです。

そんなわけで1番の注目ポイントを失いました。

“17-18シーズンプレビュー ホーネッツ編” の続きを読む

17-18シーズンプレビュー ウィザーズ編

前回はバックスでしたので、そのライバルになるウィザーズです。ライバルと書きましたがウィザーズは2010年にウォールを獲得してから堅実にステップアップしてきたので、バックスよりもかなり先を行っていました。でも堅実過ぎて追いつかれそうです。セルティックスには一瞬で抜かれました。

レビューしますが、毎回同じような内容になってしまうので、今回はテーマをつけます。

「目指せ!リーグ最強のオフェンスチーム」

それがウィザーズのテーマです。現在の最強はロケッツとキャブスです。ウォーリアーズはディフェンスのチームにデュラントがいるだけなので。まぁデュラントいれば大抵のチームはオフェンスチームになれるのですが。

“17-18シーズンプレビュー ウィザーズ編” の続きを読む