ペイサーズvsネッツ

2022/1/5

パートタイム・カイリーが戻ってきました。ってことでアウェイだね。プロトコルで苦しい中で戻したわけだけど、ビッグ3揃い踏みです。一方のペイサーズはブログドンもルバートもドゥアルテもいないスターター。ワシントンと、あと知らない小さな選手が本日Gリーグからきたらしい。

◎ミドル

ネッツはファーストオフェンスをカイリーにやらせますが、しっかりと守られてタフミドル。デュラントのミドルを挟んで、ドライブからキックアウトをホームランパスのカイリー。スティールしたと思ったら、ターナーへパス。なかなか酷い立ち上がり。

そしてデュラントのミドルとハーデンのストップミドルで点を取るネッツ。ペイサーズがゾーンにしている事もあり、真ん中のスペースが空きがち。あえてゴール下まで行く必要もないスターが揃っているぜ。

そしてカイリー⇒ミルズ。ナッシュも「こりゃマズい」って感じかな。3人揃うとイマイチ連携にならない中で、ゾーンされていると目立ってしまう。マンツーならば局地戦が有効なのですが、ガードが離脱しまくっているからそれは避けたいペイサーズって感じです。

すると場内は拍手喝采。ランス・スティーブンソンがインディアナに帰ってきました。ガード不足のホークスにヤングが戻ってきたら、ペイサーズに来たぜ。

さて、そのペイサーズはターナーとサボニスはいるのでインサイドで優位。だからネッツもクラクストンとジェームス・ジョンソンで固めてきました。珍しくビッグなネッツ。そしたらランスに3P決められた。ミドルも決められた。シュートチェックに出ないネッツのアウトサイド。さぼってるハーデン。

オルドリッジを投入するとハイポストからのミドル。ジェームス・ジョンソンも3P。で、デュラントがフェイダウェイミドル。ただし、ドライブしてゴール下に行くとターナーにブロックパーティーされます。1Qだけで3ブロック。だから、やっぱりミドルなネッツ。

ネッツの弱点はゴール下での弱みですが、それをミドルで補ってしまった1Qでした。いうまでもなくデュラントがえぐくて16点なんだけど、インサイド攻めずに点が取れるってアンチ・セオリーだわ。

◎ランス

しかし、主役はランス・スティーブンソン。なんとデュラントを上回る20点を、たったの6分半で稼いでしまいました。決まりまくる3Pに恐れをなしたネッツは、2Qになると明らかに外まで追いかけてきます。

なので、今度は広くなったインサイドでサボニスのプレーメイクが冴えわたる。これでペイサーズが9点リードまで広げていきました。なお、ランスはカイリーに1on1でイージーにジャンプシュートを打たれています。お前の本職は何だ? もっとプレッシャーかけろよ。

アドバンテージを持って戦うペイサーズは、なかなか見事なオフェンスをしていくのですが、フィニッシュしていくのはブリセットくらい。ワシントンなんか完璧に裏抜けしたのに、ミルズに後ろからブロック食らってしまった。ってことで、二桁リードにするのを避けていくペイサーズ。自滅。

そんな中でランスが戻ってくるとサボニスへの見事なパスを通します。次はシンプルにサボニスを使いパスアウトからサイクスが3Pで二桁リードの壁をこじ開けます。またもランス。ムードメイカーにして、シューターにして、ゲームメイカー・・・なのかな?

サボニスが下がる時間帯に、デュラントが戻ってきたので、マジでここのリードは大切だったペイサーズ。ちなみにネッツはハーデンを戻すときにカイリーを下げました。ビッグ3は難しいな。

デュラントに対してブリジットが良いディフェンスをしてもねじ込まれますが、グリフィンのゴール下をターナーがブロック。さらにランスとのピック&ロールからターナーのねじ込み。サイクスも3Pで続き、リードを守っていきます。

結局ガード不足だったのに、ランスの見事なプレーメイクとサイクスの3Pでの貢献もあり、今日も今日とて「前半最強」のオフェンス力を発揮したペイサーズ。

〇前半
ランス 24点4アシスト
サイクス 12点

こうなってくるとドンチッチが1Qに点を取りまくったことといいカーライルらしさなのかな。アップの強度が高いとか。加入したばかりの2人まで活躍しちゃって73-60とリードのペイサーズでした。

◎ハーデンゲーム

後半も似たような感じで点差を開いていくペイサーズ。ちょっとネッツのアウトサイドが決まらなかったこともあってさ。ただ、前半と違ったのはクラクストンのゴール下にターナーがファールしてしまったこと。そしてターナー相手にコンタクトしながらハーデンがねじ込んだこと。ここまで止めていたインサイドアタックを成立させられると、そのハーデンのドライブからキックアウト3Pが始まります。ワイドオープンだけど外してしまった。外したけどいい感じだ。

そしてダンシング・ハーデンがドライブからサボニスのファールを誘いフリースロー。これも外しやがったけど、いい感じは良い感じだ。

いい感じだからネッツペースになるよね。ペイサーズディフェンスはコーナーからコーナーまで走らされて間に合わなくなっていきます。遂にはデュラントvsターナーの1on1でドライブダンク。それをブロックしていれば流れも変わりそうだったのに、前半のようにはいかないターナー。

カーライルはランスを投入すると、ドライブレイアップを決めるランス。しかし、ランスからベンブリーがスティールし、ハーデンがドライブ&ワン。ハーデンな世界になってきた3Q。

ただそれでもランスの肘打ちがコールされず起こったベンブリーがテクニカルくらうし、ランスがミドルを決めるし、サイクスも3Pを決めるしで反撃したペイサーズは、トランジションからのハンドオフプレーでコーナー3Pを沈めたワシントンによって、逆に17点リードになります。わお!

こりゃいかん。タイムアウトからディフェンスを強めるネッツ。それって余力があるって事か。強まったプレッシャーに戸惑うというか、焦っているようなシュートにパスをみせてしまった後半に弱いペイサーズ。大量リードなんだからスローダウンでいいのにね。

逆にシンプルなアタックのネッツ。特にベンブリーが目立っていたぜ。最後はカイリーがブザービーターでしめくくると気が付いたら7点差です。2分で10点も溶かしてしまった。なにしてんだ。ゲーム運びが下手すぎるし、マジで前半に頑張り過ぎだろ。

◎あっけない幕切れ

コートを広く使って4人連続パスで振り回しての3Pを打ったホリデーだけど、ネッツのローテに思いっきりブロックされます。足が動いているのはネッツ。デュラントも相手がブリセットなのに3Pラインの1m手前からプレッシャーかけてる。相変わらずビッグマンを守るのが上手いハーデンはターナーのポストアップを止める。

4Qになって突如としてディフェンスの戦いになっていきます。思うように守れているネッツですが、デュラントがワイドオープン3Pを外したりしてオフェンスは上手くいかない。バスケってそういうもんなのかね。

ネッツがちょっと楽そうにしていたのは「最悪でもホリデーに打たせろ」が成立していた事。デュラントがヘルプに出るとホリデーが空くんだけど、そこで決めきれなかったりパスミスがあったり。サボニスに対して分厚く守ることが成立してしまいました。

〇ホリデー
3P1/9

これがなければディフェンスの強度は下がった気もするし、強度が高いからホリデーが外した気もするし。

逆転に成功したネッツはさらにカイリーが連続でジャンプシュートをヒット。ハーデンはドライブからファールドロー。残り5分あって6点差なので逆転圏内だけど、オフェンスがサボニスにまかせっきりになっているので試合が決まった感があるな。しかも3連続の3Pを全部外すし。

それでも、そのサボニスとブリセットがゴール下でリバウンドに奮闘するから、なんとか離されずについて行きます。サボニスはポストアップで押し込み、ファールされると背中側に向かって放り投げるシュートを決めて&ワン。粘ります。

ハーデンがタフなディフェンスをみせ、ベンブリーがヘルプに飛んできてブロックを決め、トランジションに走ったカイリーがねじ込み。美味しい所だけ持っていった感のあるカイリーですが、ビッグ3のうち2人がディフェンスで奮闘し、最後の1人が点を取ったネッツ。そして残り2分、カーライルがレフリーにブチ切れてテクニカルをコールされ10点差。あっけない幕切れでした。

そんでさ、カーライルさん。なんでターナーを戻さなかったの。サボニス、ランス、サイクス、ブリセット、ワシントンという5人でビッグ3のネッツと戦っていたのでした。

〇サボニス
32点
12リバウンド
10アシスト

選手がいないので仕方ないけど、3Qまで立派に戦えたのに、何故か最後がサボニス頼み過ぎた。ランスの30点もむなしく。奮闘したけど、いつも通りの失速をしてしまった。

相手がネッツという事もあって、スーパースターの余裕と集中力に対して、盛り返すだけのエネルギーが残っていなかったね。シーズン開幕からずっとこんな感じなので、コンディショニングなのか、作戦なのかはわからないけど、どうみてもミスっているよ。

ネッツは4Qにディフェンスのギアを上げたのがさすがのハーデン&デュラントでした。慣れている。そこに上手く乗っかったミルズと、見事に働いたベンブリーって感じ。カイリーはオフェンス仕事だったけど、復帰したばかりって考えれば良く決めたわ。

いかにも勝っていることに慣れているチームと、負けることに慣れているチームっぽい試合でした。内容はペイサーズが良かったはずが、イージーにまくられてしまった。ランスがいた3年前は終盤に盛り上がりチームだったと思うけどなぁ。ムズカシイネ。

ペイサーズvsネッツ” への1件のフィードバック

  1. 1Qのランスは訳が分からなかったですねえ。
    全部、会場のお客様のおかげだと思います。
    試合内容には触れたくありません。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA