サマーリーグ②

気になったこと

◎シクサーズvsマブス

「オフェンス力のある選手とは、タフショットを決められる選手だ」

そんな論理を見せつけられた感じの1Qだけ見ました。なんだこれ。マキシーはシーズン中も個人の突破力を発揮していたけど、それはまだ主役が他の選手である以上はアクセントになっていた。でも、自分中心のチームで、ひたすら個人アタックしていくので、なんかもうわけわかんなかった。

対するマブスもテリーが同じような感じ。マキシーほどじゃないけど・・・というのも単に「マキシーよりも突破力がないから」に見えました。マキシーは決める。テリーは外す。そんな違いはあれど、サマーリーグとはいえどっちも自由にやらせ過ぎなのと、それ以上に主役に選ばれた選手以外は残るのはムリなんだろうね。そんな感想でした。

その中でアイザイア・ジョーが良いシューティングで得点していた事だけが救い。シーズンに入ってマキシーとジョーのどっちが欲しいと言われたら、ジョーだよね。シクサーズとしてはシューターの方が大事だもん。

◎サッグスと仲間たち

新HCモズリーが指揮を執るマジック。その中心になったのがドラフト4位のサッグスでした。

と、ここまではいいんだけど、今回のサマーリーグにはコール・アンソニーとRJハンプトンがいたから、話はちょっとめんどくさくなります。2年目の2人は共にPGではあるけど、中身的にはSGのようにコントロールよりもアタックしていくタイプ。そんな事情もあってかサッグスをPGに指定してきました。

とはいえ3ガードはやっぱりヘンテコ。誰かをベンチに回せばいいんだけど気を使ったのかな。そしてドラフト8位のワグナーも加えたもんだから押し込まれまくったようなディフェンスになりました。ってことで、物凄くバランスが悪かったマジック。

その中でサッグスは昨日のカニングハムとジェイレン・グリーンの良い部分を足したようなプレーで圧倒しました。素晴らしかったね。まだフルツもいるとはいえ、すでに開幕でスターターPGが決まった気がするくらいでした。

サッグスがもっともよかったのはリバウンド。スモールラインナップで飛び込みまくって9つを奪うわけですが、ここからトランジションを生み出せるのが魅力。なのでPGとしてもスコアラーとしても輝いているよ。

うーん、マジでラウリー。なんでラプターズはスキップしたんだろうか。「サッグスよりバーンズ」とするチームがあるのはいいけど、ラプターズはガードに欲しいタイプだったと思うんだけどなぁ。

対人のディフェンスにはちょっと苦労しているように見えましたが、チームディフェンスな部分では鋭い読みとハードワークを見せていました。攻守両面で働いており、ちょっとアンソニー&ハンプトンは圧倒されてしまった。

もう1人のルーキー・ワグナーは苦労してしまいました。3P6本全て外し、ターンオーバーも3つ。なんかもう借りてきた猫というか、あれもこれも上手くいかなかった。3ガードの影響もうけていますが、PFだったのもマイナスかもね。ってことで、ワグナーはアピールできず。

そんなチームなのでインサイド担当は頑張りを見せやすかったのですが、Jānis Timmaがなかなかの活躍をしたと思ったら2013年の60位指名だってさ。うーん、29歳だけどNBAに新規参入したいのかな。

◎クミンガ&ムーディー

なんというか。悪い意味じゃなくて「普通」でした。ネガティブに言えば「よくいるタイプ」でポジティブに言えば「オールラウンド」です。特にムーディの方はもっとシューターよりかと思っていたので、強気にアタックできるのは好印象でした。

ウォリアーズのサマーリーグといえば「働き者なウイング候補がいて、主役がいない」でしたが、今回はしっかりと主役。そしてゲイリー・ペイトンとカイル・ガイがいたのでガードもガードをしていました。要するにガードアタック中心の、ありがちな形。とはいえ、ちゃんと構成はしていたぜ。

普通の再建チームとして考えたら、クミンガとムーディーのコンビは面白い。でも、ウォリアーズなので「これはシーズンも期待できそうだ」という活躍ではないんだよね。個人能力と可能性は感じたけど、スプラッシュとどうやって絡むんだろうか。

ってことで、2人は及第点というか、しっかりとやっている。クミンガは特にオールラウンドに振舞えるしさ。ただ、このサマーリーグは「NBAスタイルに慣れようぜ」で終わりそうです。「ウォリアーズスタイルを体験しよう」ではなさげ。そんな雰囲気でした。

◎ガード過多

あとで違う試合も観たいと思っていますが、今日は1試合+1Qのみ。

サマーリーグの悪いところというか、ダメなチームは「ガード中心でやりたいことがわからない」です。それはガード陣はそれでも構築出来てしまう能力が高いことに由来します。今日はとってもそういう空気を感じてしまいました。オリンピックの後だから尚更ね。

だからマキシーとかテリーとか、ポテンシャルはあるんだけど「他にも同じような選手はいるじゃん」に留まるならどうもね。特にテリーはドンチッチいるからさ。もう少しいろんなことが出来ないと生き残れないぜ。

ウォリアーズの2人は「今日はこれでいい」なので、この先にいろんなことをするのでしょう。ルーキーはそれでいいと思う。ただサッグスは単に得点を取ったのではなく、PGとしての振舞いも含めて選手としての完成度の高さを見せました。ってことで、個人の活躍度だけ見たら似たようなものでも、サッグスみたいに振舞えないと苦しくなる今日この頃でした。

それが嫌ならトレ・ヤングくらいの圧倒的なPGにならないとさ。ジェイレン・グリーンはハイスコアリングマシーンになれそうだったけど、他のガード陣はあくまでもいろんなプレーの組み合わせが出来ないとダメよ。そんな印象です。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA