ECSF④セルティックスvsラプターズ

ゲーム3をラウリーの奮闘とアヌノビーの劇的なブザービーターに救われたラプターズ。いい加減にシアカムに何とかしてほしいところですが、そんな感想でも勝ててしまうのは凄いことだ。

セルティックスからすると、同じように続ければ勝機はしっかりと見えてくる。ただ緩くしているアヌノビーで得点されているのも事実であり、それがブザービーターになっているので、ちょっと工夫もしたいところ。

◎ラウリー、ラウリー、ラウリー

今日も今日とてラウリーしかないラプターズ。ただ、そのラウリーがすごい立ち上がり。マッチアップはテイタムなのだけど、そもそもポジションが大きく違う中で、テイタムがピックアップする前にラウリーは攻めてしまいます。攻め切らなくてもオフボールで動いているから、微妙にずらされていく。

加えてハーフコートでピックアップできても、ガソルのスクリーン1枚ではがされてしまいます。ガソルのスクリーンなんて、全然聞いていないし、ケンバにかけたらムービングスクリーンをコールされるし、大したことないのですが、通常がPFのテイタムにそれを求めるのはちょっと違う。

そしてスイッチしてしまったらスピードのミスマッチを利用して決めていくラウリー。すごいぜラウリー!

当然、ラウリーへのカバーは徹底しますが、そうすると最も空くのがガソル。決まらんぜガソル。ただ、そのガソルが弱気でエクストラパスを回すと、決めまくったヴァンブリード。ゲーム3同様に「3Pしか打開策がない」って感じなのですが、その3Pが決まりまくるぜ。ディフェンスはケンバだし。

「3Pしかない」のはシアカムも同じで、ボール貰ったら大体は3P。ブラウンに困りまくっているシアカム。でも3P決めたからね。ちなみにイバカも決めたので1Qは得点がとれたラプターズ。

ただ、やっぱりシアカムもイバカもインサイドを攻められず、スマートにオフェンスファールしちゃうし。ヴァンブリードのドライブは決まらず、ガソルは空いてもカッティングしない。ラウリーが1人だけインサイドを攻略し、他は3P決めていたのでした。

◎決まらなかった3P

「テイタムとヘイワード両方の役割をこなす」テイタムというシリーズになっていますが、本日も両コーナーにパスをフルテイタム。ちなみに「コーナーを狙う」のはシーディングゲームから続くラプターズ対策になっているので、ブラッド様の戦略でもあります。

このヘイワード部分が機能している反面で、テイタム部分についてはアヌノビーに押さえ込まれたゲーム3でした。1Qもその傾向があってアヌノビーが来るとパスを出すしかないテイタム。しかし、シアカムがマークだとポストアップから強気なスピンムーブで見事に決めていきます。

ラプターズがシアカムにやって欲しいであろうプレーでシアカムを攻略するテイタム。またロバート・ウィリアムスがピック&ロールでダンクに行くのも、ガソルにやって欲しいプレーだろうに。1Qをビハインドで終えたセルティックスでしたが、それは3Pが決まらなかっただけで、内容としてはやりたいことが出来ています。

2Qになると更にイバカに3P決められて、点差は離れていくけど、選手交代しても問題なく構築しているし、次第にラプターズよりも走っていることも明確になっていきます。

なので開始3分くらいから、今にも逆転しそうなセルティックスなのですが、そのたびにイバカが3P決めるんだ。4本連続ヒットのイバカ。対してテイタム&ブラウンが7連続ミスなので、なかなか追いつけません。

アヌノビーがベンチに下がるとディフェンスが苦しそうになるラプターズですが、マット・トーマスをいれてゾーン気味にすると奮闘したトーマス。素晴らしいディフェンスをしたのですが、この時間にセルティックスが追いつきます。だってイバカ→ガソルで3Pがなくなったので・・・。

アヌノビーが戻ってくるとテイタムが止められていきますが、かわりに例によってコーナーへのパスが出まくります。ここでブラウンではなくオジェレイを置いたブラッド様。3P1本とドライブからファールドローで逆転に成功します。

代わりに3Pしか打っていなかったシアカムがインサイドまで切れ込むように。まぁオジェレイなので半分くらいは止めるんだけど。面白いものでそうしたら3Pが決まらなくなったラプターズ。

なんともいえない前半は最後にヴァンブリードが3Pを決めて49-49の同点でした。

〇ラプターズの3P
シアカム 1/8
イバカ 3/3
他 5/15

そんなに決まったわけではありませんが、得点の半分以上が3Pとなりました。イバカの確率に救われたし、シアカムは「フリーにしといてOK」と思われています。

〇セルティックスの3P
テイタム 0/3 
ブラウン 0/4
他 4/12

セルティックスはとにかく決まらなかったです。それで同点なのだから、悪くない結果。前半はなんだかんだでセルティックスのペースになったと言えます。もうさすがにシアカムが何とかしないといけない。何とかしていればリードを奪えていました。

セルティックスはテイタムとブラウンが決まっていないけど、他のプレーで貢献して「後は決めるだけ」みたいな感じなので、気にすることもなく。

◎エース

後半になって3Pも打ったけど、ローポストで持たせることが増えたシアカム。初めての気がするターンシュートを決めます。スマートとブラウンが相手なので簡単ではないものの、サイズで上回っていることもあり、押し込んで欲しいと修正してきたような内容でローポストを任せています。

セルティックスのオフェンスは大きな変化はなかったものの、ブラウンがシアカムを抜き、ヴァンブリードをスピンムーブでかわすと、そこにはラウリーが。見事にチャージドローされたブラウンが4つ目のファールになってベンチに下がります。

本日はシュート決まらないわ、ファールトラブルだわ。唯一良かったのがシアカムを封じ込めていた事なのに・・・ってことでベンチに下がるのがマイナスかプラスかわかりません。この交代でシアカムは3Pも決めて8点リードになります。やっとエースが来たラプターズ。ブラウンにビビっていただけに思えてしまうシアカム。

さて、ゲーム2でスマートが3P連発した時間帯に、ラプターズは「リスクの低いオフェンスでしのげなかった」と書きましたが、今度はシアカムが決めていってセルティックスはしのがないといけません。

ここで時にテイタムがヴァンブリードとのミスマッチを利用し、時にケンバがファールをもらいに行き、見事にしのいでいきます。前半のテイタムからのパスのような良さはないのですが、変にペースアップもしないし、誰もがプレーをわかっている。

一気にラッシュしたかったところで、流れをつかみきれなかったラプターズ。渡さなかったセルティックス。アヌノビーがオフェンスリバウンドを押し込んでいるし、一気に決めたかったんだけど、ケンバにやられたね。

そしてファールドローするのでガソルが4ファール目。良いのか悪いのかわかりませんが、中継役のガソルから3P決めているイバカになりました。そしたらイバカがケンバの3Pにファールし、だけどヴァンブリード、イバカ、ヴァンブリードと3P3連発になったので点差が広がりました。

見事だったケンバ、見事すぎてガソルがいなくなり、ラプターズのオフェンスが活性化。結果的に点差が二桁に。ラプターズ的には3Pばかりなのでリスキーなことに変わりはないのですが、セルティックス的にはどうにも致し方ない。

残り1分から。ローポストのシアカムがこのシリーズ初めての20点に載せるムーブを決めるも、テイタムがこの試合初めての3P。さらにルーズボールにダイブしたらファールコールしてもらえるラッキーでフリースローもゲット。でもフリースロー2本とも外してしまった。

81-73で8点リードで終わらせたラプターズ。毎試合こんな感じだな。クローズには弱いし、ケンバとテイタムがアタックするとレフリーコールされることもあって、実に微妙な点差です。負けているよりははるかにいいけどね。

◎ファールをめぐる

しかし、意外にも先にコールに悩まされたのはセルティックス。シアカムのターンシュートを見事に守ったと思ったテイタムがファールをコールされ、スマートのゴッツゴツのスクリーンをオフェンスファールにされました。どっちもファールには見えないので、レフリーがバランスとりに行ったような。「片方だけに厳しくはないよ」ってね。

ここで踏ん張ったのがスモールラインナップになってセンターをするグラント・ウィリアムス。ゴール下の争いからファール貰ってフリースロー、プットバックで加点しチームを助けます。ハードワークも欠かしてはいけないぜ。パウエルのシュートレンジが決まらなったラプターズは、またも引き離せず。オフェンスリバウンドもとれそうでとれない。

ラプターズはラウリーが3人を引き付けてイバカのダンクをアシスト。シアカムはポストからジャンプシュート。セルティックスはブラウンのドライブレイアップに、テイタムがドライブからジャンプシュート。共に主役が得点するので拮抗していきます。このシリーズ初めてじゃないか?

ところがここからブラウンがフリーの3Pを3連発で外し、シアカムとラウリーもシュートミスで続きませんでした。そしてこれをクリアしたのが、1つ前のディフェンスでヴァンブリードが倒れていたところで、足を滑らせたアヌノビーによってまたもフリーになったブラウンが3P。アンラッキーなラプターズ、ラッキーなセルティックス。

今度はテイタムの3Pが外れ、リバウンドはガソル。周囲にセルティックスは誰もいなかったのに、つかみ損ねたガソル。ボールはスマートの前に落ちてファールをもらいます。ガソルは5つ目。ラッキーなセルティックス。

苦しいラプターズはラウリー。3Pを決めて得点が伸びない中で救うと、守ってももはや誰のマークをしているのかわからないくらいにヘルプに出まくり。あっちもこっちもダブルチームみたいになるラプターズ。これでタイスからターンオーバーを引き出します。テイタムがスマートのパスをとれないと全力でダイブしたうえで、テイタムにボールを触らせサイドラインを割らせた。チャレンジでジャンプボールになったけど。

ちなみにトランジションのオフボールでそこら中でスマートが手をひっかけたり、足を引っかけたりしているけど、全然ファールコールされないぜ。

◎クラッチ

残り3分。ガソルを狙ってケンバがフリーで打った3Pが決まらず、逆にタイスを狙ったラウリーはファールをもらいに行ってラプターズが11点リードになります。残り3分までリードをキープできてのクラッチだ!

ケンバのドライブはアヌノビーが止めるものの、またコーナーが空いたのでキックアウトからブラウンが3P。やっと決めたぜブラウン。さらにブラウンはコーストtoコーストを狙うも、これをアヌノビーがブロック。それでもラウリーのジャンプシュートをどこからか飛んできてエアボールにするブラウン。

テイタムが流れのまま左手でシアカムを吹っ飛ばすと、これがシアカムのファールに。なんじゃそりゃ。フリーで打ったテイタムの3Pが外れてリバウンド争いは、ガソルがタイスに押されますが、ユニフォームを掴んだままだったガソルがファールコールされて退場。

で、このフリースローも2本ミスすると、リバウンドでシアカムを左手で吹っ飛ばしたスマート。ボールがテイタムに落ちてきて&ワン。なんじゃそれ。

ちょっとセルティックス贔屓なコールが多い(っていうかスマートが全然ファールコールされない)のですが、得点は伸びなかったので、残り1分5点差。

ヴァンブリードの3Pが外れ、トランジションに行こうとするテイタム。今度は左手で軽くラウリーを推したテイタムがオフェンスファール。さっきまではディフェンスファールだったのに、軽く押したらオフェンスファールになったらテイタムもやってられないだろうに。っていうか相手がラウリーだとファールコールされる。

ということでファールコールされないスマートの隠れたファールと、ファールコールをさせるラウリーの上手いフォローリアクションによって、時間だけが過ぎていったようなクラッチタイム

アヌノビーがしっかりフリースロー決めて残り27秒のケンバアタックもアヌノビーが止めきり、ゲーム4はラプターズが完勝となりました。やっとラプターズらしかった勝ち方。

〇3P
ラプターズ 17/45
セルティックス 7/35

シアカムが2/13と外しまくったけど、17本の3Pで攻略したラプターズ。そのシアカムも2P8/10と後半に結果を残しました。一方で打たせるけど決めさせない3Pディフェンスってのも出てきた。

まぁセルティックスからすればコーナーからしっかり決めておけば良かっただけの話であり、ブラウンの2/11が響いてしまいました。ただし、テイタム、ケンバ、スマートの3人も1/6なので全員の責任です。ポイっと忘れましょう。

とにかくラウリーなゲーム3でしたが、ゲーム4も同じ。スタッツにない貢献度が高すぎて、無尽蔵すぎるスタミナでどこでもラウリーが顔を出してきました。うーん、スタッツならケンバが目立つけど、ラウリーの方がオールスターに出続けていたのもよくわかります。

セルティックスがフリーで打っていた3Pの何本かも、ラウリーが動き回って生み出されるフリーで、何とかボールを繋いで打てたって感じもあったセルティックスだったので、兎にも角にもラウリー劇場なゲーム4でした。存在感がありすぎたラウリーでした。

あれだな。ヤニスみたいなんだけど、周囲がそれに呼応するかどうかがバックスとの差かな。スイープはダメだぞヤニス!

ECSF④セルティックスvsラプターズ” への2件のフィードバック

  1. whynotさんの記事を読むばかりでゲームを観ていないのでこう言うのもどうかとは思いますが、ガソルってなんでコートに立っているんですか?w 選手を絞った起用をしないと安定感を失いやすいってことでしょうか。

    1. ガソルの良いところ
      ・ディフェンスのカバーがブロックではなくコースを切りに来るので、安定して守れる
      ・オフェンスはボールムーブの中継点になるので、ガード陣の積極的なアタックを助けられる
      ・スクリナーとしてガソルやシアカムよりはマシ

      ガソルの悪いところ
      ・カバー範囲が狭く、アジリティもないので、大きなパスでディフェンスが崩れる
      ・シュートが決まらないし、ゴール下にも詰めない

      こんな感じですね。文字にすると悪いところばかりが出ますが、一応チーム戦術の一部としてはイバカよりもマシです。
      ブシェイの方が良い気もしますがガソルほどは安定してないし。
      ラウリーとヴァンブリートにやらせたいからガソルなのかなーと思ってます。まぁ見事にセルティックスには弱点扱いされてますけど。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA