イーストの順位をおさらいしておこう

残り8試合でどうなるのか。

スケジュールも発表されたので、順位予想をしておきましょう。今回の特殊事情は

・残り8試合
・対戦相手はプレーオフチームばかり

特に後者が大切で、弱いチームに堅実に勝利を拾ってきたチームからすると、かなりハードルが高くなります。トップチームとばかり当たる可能性もあるので、8連敗が発生しやすくなっています。

◎バックス 53勝12敗
◎ラプターズ 46勝18敗

バックスに追いつく可能性を秘めているのはラプターズだけです。バックスが1勝7敗なら・・・それはないだろ。

〇バックスの対戦相手
セルティックス
ロケッツ
ネッツ
ヒート
マブス
ラプターズ
ウィザーズ
グリズリーズ

ネッツ、ウィザーズ、グリズリーズから1勝、他の5チームから1勝くらい何とかするでしょ。はい、首位確定です。

◎ラプターズ 46勝18敗
◎セルティックス 43勝21敗
◎ヒート 41勝24敗
◎ペイサーズ 39勝26敗
◎シクサーズ 39勝26敗

2位争いはシクサーズまで追いつく可能性があります。ラプターズからすると5勝3敗はしておきたいところ。それでもセルティックスが8-0だと追い抜かれます。

〇ラプターズの対戦相手
レイカーズ
ヒート
マジック
セルティックス
グリズリーズ
バックス
シクサーズ
ナゲッツ

怖いよね。ここから5勝ですよ。なかなかのハードルです。というのもラプターズはイーストの消えた6チームとの対戦を残していました。それが消えて強豪ばかりになってしまった。じゃあセルティックスはどうかな。

〇セルティックスの対戦相手
バックス
ブレイザーズ
ヒート
ネッツ
ラプターズ
マジック
グリズリーズ
ウィザーズ

なんと、こちらは一転して楽なスケジュールです。強豪相手に勝ててない今シーズンなのですが、格下からの取りこぼしが少ないのも特徴。確実に5勝以上はしてきそうです。

ってことで、2位争いはそこそこ熾烈です。直接対決でセルティックスが勝てば逆転も現実的になるのでした。言い換えれば2つしか勝ち星が変わらないとはいえ、ヒートがセルティックスに追いつくのは難しいです。

1位 バックス
2位・3位 ラプターズ・セルティックス

とはいえ、ラプターズは4勝はしそうで、そうなるとセルティックスは7勝しないといけません。勝負は初戦のvsバックスです。

◎ヒート 41勝24敗
◎ペイサーズ 39勝26敗
◎シクサーズ 39勝26敗

〇ヒートの対戦相手
ナゲッツ
ラプターズ
セルティックス
バックス
サンズ
ペイサーズ
サンダー
ペイサーズ

堅実に勝てそうなのがサンズしかいません。ただし、ヒートはラプターズ、バックスにも勝っているし、ペイサーズには連勝しています。逆にセルティックスには連敗。

トレード後はイマイチな状況が続いていることもあり、ここから6勝以上は考えにくく、3位以上に上がるのは難しそうです。でも、順位を落とすかも微妙です。相性の良いペイサーズにさえ連敗しなければOKです。

〇ペイサーズの対戦相手
シクサーズ
ウィザーズ
マジック
サンズ

レイカーズ
ヒート
ロケッツ
ヒート

ウィザーズ、サンズ、マジックにしっかり3連勝すればヒートの背中が見えてきます。そして勝負の直接対決で連勝すれば4位シードが現実的に・・・ってプレーオフのファーストラウンドかよ。

〇シクサーズの対戦相手
ペイサーズ
スパーズ
ウィザーズ
マジック
ブレイザーズ
サンズ

ラプターズ
ロケッツ

しかし、同じ勝率のシクサーズはかなり楽なスケジュール。ウィザーズ、マジック、ブレイザーズ、サンズに4連勝すればペイサーズは楽に追い越せそうです。そう考えると

ペイサーズが4位 ・・・ヒートとシクサーズとの直接対決を制して6勝以上(ヒート3-5、シクサーズ6-2)

これくらいの条件が必要になるので、難しい気がしてきます。なお、ペイサーズもヒートもシクサーズとの直接対決を勝ち越しています。

ヒートが4位 ・・・ペイサーズから1勝して4勝4敗以上(ペイサーズ6-2、シクサーズ6-2)

これくらいの条件でOKなので、ヒートの4位が最も可能性が高いです。しかし、イージーな相手がサンズしかいないので5割ってそれなりに大変

シクサーズが4位 ・・・6勝2敗以上(ペイサーズ5-3、ヒート3-5)

最後にラプターズとロケッツがあるのもポイントで、相手が手を抜く可能性があります。なので6勝のハードルは他の2チームよりも低くなっています。ただし、ペイサーズとヒートが2試合直接対決を持っているので、両チームの条件を同時に満たすのがちょっと難しそう。

ということで、

4位 ヒートorペイサーズ
5位 シクサーズ
6位 ヒートorペイサーズ

こんな予想です。4位になるほどは勝てないであろうシクサーズだけど、5位にはなれるってね。そしてヒートとペイサーズの直接対決ですが、ここまでヒートの2連勝なので、4位ヒート、6位ペイサーズが現実的かな。

◎ネッツ 30勝34敗
◎マジック 30勝35敗
◎ウィザーズ 24勝40勝

ここはウィザーズから見てみましょう。最低でも6勝が必要です。

〇ウィザーズの対戦相手
サンズ
ネッツ

ペイサーズ
シクサーズ
ペリカンズ
サンダー
バックス
セルティックス

前半で「あれ?頑張ったらイケる?」と思わせておいて、後半で現実に戻されます。バックスとセルティックスは手を抜いている可能性高いけどサンダーとペリカンズは順位争いしてそうだし。6勝以上のハードルはかなり高いです。9位。

9位 ウィザーズ

戦力ガタガタのネッツは8連敗もあり得ます。

〇ネッツの対戦相手
マジック
ウィザーズ
バックス
セルティックス

キングス
クリッパーズ
マジック
ブレイザーズ

しかし、スケジュール的には強い相手が3試合しかありません。頑張れば5勝いけるぜ。でもプレーオフ決まっているのに頑張れるのか?

〇マジックの対戦相手
ネッツ
キングス
ペイサーズ
ラプターズ
シクサーズ
セルティックス

ネッツ
ペリカンズ

こちらは強いのが4試合。最後のペリカンズは8位に入れるか次第だしな。そこそこ勝てそうですが3勝できればラッキーくらい。

ということで、ネッツとマジックは直接対決の2試合次第です。戦力的にはマジックが上回り、今シーズンの対戦成績もマジックが2連勝。

7位 マジック
8位 ネッツ

逆転する予想にしておきましょう。8位になるとバックスとの対戦。アーロン・ゴードンにヤニスと対戦して欲しいので、マジックが8位になることを希望しています。

◎面白みがないぜ

そんなわけでイーストの予想は「順当に終わる」でした。何の面白みもありません。実はこの記事は結構前に書いたやつで、オラディポは出ない想定でした。

本当はペイサーズの予想は「オラディポによる大逆転劇」だったのですが、その時はオラディポが出ないという話だったので、ボツ記事になってしまいました。最後にちょっとだけボツ部分を載せておきましょう。

大ケガから戻ってきたオラディポが「エース」としてのプレーを取り戻せるか

カウンター速攻で違いを作ってくれるのがビクター・オラディポの存在でもありました。昨シーズン途中に右足大腿四頭筋腱断裂の大ケガを負って長期欠場となったオラディポは、今年の1月に遂に試合に復帰するも、ケガの影響もあって本調子からは程遠く、フィールドゴール成功率は40%を下回っており、20点を超えたのは約1か月半後のセルティックス戦が初めてでした。そしてこれが中断前の最終戦でもありました。

オフェンスではゲーム勘不足もあって苦しいプレーをしていたものの、やはりオラディポはオラディポ。ヘッドコーチのネイト・マクミランはエースに輝きを戻せるように起用し続け、オラディポも相手の動きを読んだ見事なヘルプや、アグレッシブなプレッシャーディフェンスでペイサーズに足りない武器をもたらしてくれそうでした。

中断期間はゲーム勘を取り戻すことは出来ないものの、不足していたスキルトレーニングを行える時間でもありました。「毎日をリセットする」というメンタリティで常にポジティブで前向きなオラディポだけに、苦しい中断期間もケガをする前以上に強くなろうとトレーニングを重ねているでしょう。ペイサーズがシーズン再開後にホームコートアドバンテージを手に入れるには、そしてプレーオフで勝利を得るためには、オラディポが真のエースとして帰ってくることが必要になりそうです。

ということでペイサーズというかオラディポはいろんな要素を変える可能性があります。とりあえず、プレーはよくないのですが、カバーディフェンスの良さを持っているので、カウンターアタックが見ものです。

イーストの順位をおさらいしておこう” への1件のフィードバック

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA