サンズの最強メンバー

サンズに未来はあるのか。

新HCとルビオを迎えて開幕ダッシュに成功し、今シーズンはひと味違うところを見せそうだったサンズだけど、エイトンの薬物サスペンドに始まり、ルビオはずっとどこかが痛い状態を続け、あっちもこっちもケガ人だらけ。そのうち順当に順位を落としていきました。

戦術的にもシーズン前半に通じたプレーが、中盤あたりから当たり前のように対処されていき、そこにエイトンの絡ませ方が微妙なものだから、進展が観れていない今日この頃。

一方でブッカーがディフェンスに目覚めたように奮起し始めたので、例年のような気力不足なプレーは少なく、戦おうとするメンバーが増えてきました。その点ではポジティブだけど、結果には繋がっていません。

〇レーティング
オフェンス  105.3→110.2
ディフェンス 114.2→111.3

明確に改善してきているので、このまま継続していきたいところです。大きく改善していますが、一番は大差で負ける試合が減ったことだと思います。数字の変化で結果が出たのではなくて、結果が数字を良くしたみたいな。

とはいえ、数字的には攻守に自分たちの武器を見つけたともいえず。どんなチームに仕立てていくのか、まだまだ時間が必要です。

◉最強メインユニット

ところが、そんなサンズには驚異的なレーティングをたたき出しているユニットがあるのです。これがまた驚きのユニットで

ルビオ、ブッカー、ウーブレイ、ミカル、エイトン

・・・普通のメインユニットじゃねーか。なんら面白い部分がない、一般的なスタータークラスの選手を並べたら強いっていうね。なお、通常時はミカルだけはスターターではありません。

〇このユニットのレーティング
オフェンス  121.6
ディフェンス 101.4

なんと+20.2という驚異のレーティング。オフェンスは出来すぎとはいえ、ディフェンスもしっかりと結果を残しているのだから+20とは言わないけど、+10ぐらいは出来そうだ。

いやいや、メインがこんなに強かったらもっと勝っているだろうに。実はこのユニットが21試合226分しかプレーしていません。それだけケガ人やら出場停止やらで、ユニットとして組める機会が少なかったことに。

逆に組んだら超強い。と言いたいところですが、この21試合も10勝11敗と負け越しています。おかしいぜ。おかしいな。

モンティ・ウィリアムスHCは特定のセカンドユニットを作らず、選手交代を繰り返し、スターターとベンチメンバーを混ぜて試合トータルで戦う事を選択しています。今のところ、それが裏目に出ているし、わかっていてもそうするしかない選手層という問題があります。

実は今こそジャマール・クロフォードを獲得して、ベンチメンバーだけの時間を10分~15分引っ張らせるのが正解だったりしてね。

◉レーティング比較

それではこの5人について、個別にオンオフレーティングを比較していきます。なんせ特にこれと言って書くことがないので、データ比較くらいしかやることがありません。

〇ブッカー(オン/オフ)
オフェンス  113.7/98.7
ディフェンス 112.5/104.1
レーティング差 +1.2/△5.4

ブッカーがいないとオフェンスがどうしようもないことがわかります。実際問題、ブッカーの役割を少しでも出来そうな選手がベンチに皆無です。トロイ・ダニエルズを残していれば、とも思いますし、ケナードを欲しがったのもよくわかります。

その一方でディフェンスレーティングがブッカー不在で跳ね上がるのも気になります。ディフェンス重視で臨んでいれば、そこまで大きな欠点にならないことがわかります。

レーティングは「100ポゼッションあたり」で換算しているわけですが、ブッカーがいない時間にスローダウンしてディフェンスを強化するならば、レーティングが大幅にマイナスだからって得失点差としては大したことない可能性も。

〇ブッカーの得失点差(オン/オフ)
オンコート 36.1分 +0.7点
オフコート 13.8分 △2.0点

うーん、これまた何とも言えません。ブッカーについては主砲としての役割を果たしつつ、そこにベストなローテーションを組むことが出来ているとも言い難いようです。

〇ルビオ(オン/オフ)
オフェンス  112.0/105.1
ディフェンス 108.2/111.6
レーティング差 +3.8/△6.5

ルビオに関してもオフェンス力低下が目立ちますが、ここは許容範囲であり、そこまで優秀なセカンドPGを連れてこれるのかって話でもあります。

問題なのはブッカーの時はディフェンスが良くなったのに、ルビオの場合はベンチに下がると明確に悪くなってしまう事。

〇ルビオの得失点差(オン/オフ)
オンコート 31.6分 +2.3点
オフコート 20.5分 △3.4点

そのため、ここでも明確な得失点差が生まれてしまいます。ルビオとブッカーの代役となるサードハンドラーに良い選手を引っ張ってこれれば、一気に改善するとも言えます。それはトロイ・ダニエルズではないね。

コンボガードの6thマンを手に入れろ

これがサンズがやらなければいけない最優先事項のようです。ドラギッチやティーグが獲得できれば良いけど、エイトンもいるしアロンゾ・トリアーとかどうかな。

テーマが特にない中で書いているから、話の方向性が定まっていません。いずれにしても強力なメインユニットがいるわりに活かしきれていないのは、ケガ人だけでなくガード陣の層が問題になっている様子です。

◉ウイングコンビ

同じことをウイングのウーブレイとミカルでも見てみましょう。

〇ウーブレイ(オン/オフ)
オフェンス  110.6/107.6
ディフェンス 110.4/109.2
レーティング差 +0.2/△1.6


〇ミカル(オン/オフ)
オフェンス  109.9/107.8
ディフェンス 108.2/111.9
レーティング差 +1.7/△4.1

ひとつの特徴は両者ともプラスになっているので、ケガ人が多くてユニットを組めなかったとはいえスターター陣は概ねプラスを生み出していることがわかります。セカンドユニット問題。

一方でこの2人はガードコンビほどの差が出ていません。カム・ジョンソンがベンチにいるので少しマシなのと、そもそもこの2人が交代で登場する事情があります。ということでコンビで出ている時間を観てみましょう。

〇ウーブレイ+ミカル
オフェンス  110.6
ディフェンス 105.6

このコンビは54試合もプレーしていますが、明確に結果を出しています。レーティング110が普通になったから、守れる方が大切。ここにルビオを足してみると

〇ウーブレイ+ミカル+ルビオ
オフェンス  113.2
ディフェンス 102.7

45試合で組んだ3人組ですが、一気に強豪チームの数字に変貌します。主力3人組でここまで結果を残せるって素晴らしいことであり、負け越しチームとは思えません。

層の厚ささえ手に入れれば、ちょっとしたきっかけで勝てそうな数字を残していることがわかりますが、どうも重要なのはディフェンスっぽいので、ディフェンスの良いウイングって大切だね。

このオフに出てくるウイングのFAは、ディフェンスタイプが多くいます。理想はミルサップですが、イバカやフェイバーズを獲得してビッグマンの控えにもするのも良いかも。ハークレスやクラウダー、バータンズと誰かしら手に入れたいです。

◉エイトンはどうなるのか

最後にセンターのエイトン。ここについてはべインズが活躍しているので、控えの部分をそこまで気にする必要はありません。でもべインズはオフにFAなんだけどね。

〇エイトン(オン/オフ)
オフェンス  110.5/109.3
ディフェンス 108.4/111.5
レーティング差 +2.2/△2.1

まぁプラスなのでいう事はなく、頑張ってくださいというだけです。ただし、エイトンがいるとブロックできるようになるのですが、いないと途端にブロック力が落ちます。

ディフェンスのチームとして結果を残したいのであれば、センターの控えも欲しい所です。そして、ここまでの数字を見るとブッカーの存在が難しいのですが、全体的にはディフェンス優先の雰囲気が強まってきました。ブッカー1人が混ざるくらいはOKだけど、人数が増えてくると難しいわけだ。

ちなみにエイトンですが

〇エイトン
プレータイム 33分
得点 19.0
FG 55%
FT 77%
リバウンド 12
ブロック 1.7

これだけの数字を残しているので、悲観する必要は全くありません。上手く絡ませる方法を見つければよいし、そしてディフェンスが成立するなら、このままいきたい。

◉5人組で強くなれるのか

予想外に凄いレーティングを誇っていたサンズの5人組。言い換えれば6人目以降に悩んでいるサンズ。セカンドユニットをどんな構成にするのかも悩むところです。同じような選手をベンチに備えて交代させるのか、セカンドユニット専門のチーム構成にするのか。

オフェンスは良いけど、ディフェンスが苦しくなるブッカーを中心にして、その周囲をディフェンスがよくなるメンバーで固めるのが、成功のカギのようです。

攻守に優れたエースクラスを1人連れてこれるなら、それに越したことはありませんが、オーナーの評判が悪いチームにスターがくるわけでもなく、的確な補強が求められます。逆に言えば、それに成功すれば浮上するのかも。

ルビオ、ブッカー、ウーブレイ、ミカル、エイトン

この5人組でどこまで強くなれるのか。5人じゃないところが大事そうなのでした。

サンズの最強メンバー” への4件のフィードバック

  1. エイトンは悪くない数字ですが低評価なのはドラ1としては物足りないといった感じでしょうか
    あと決定力不足が目についてきた感じがします
    あとウーブレはイケメン

  2. 五人で強くなってほしいですが、厳しいような。

    ブッカーかエイトンをトレードして、新たな選手かドラフト指名権でいい選手を取ってもらいたいのですが。

  3. ロスターがぱっと見でわりと選手層が厚く見えるのは、やはりミカルがベンチから出てくるからという部分が大きいでしょうね。
    僕はブッカーとルビオのそれぞれに代役が一人ずつ欲しいと思っていましたが、管理人さんの言うコンボガードを一人組み込むやり方の方が、今のモンティのローテーションの組み方に馴染みやすいかもしれません。
    おそらくサンズのフロントも控えガードに不安があるからオコボ、カーター、ジェロームとPGばかり集めたんだと思いますが、プレーメイカーとして伸びそうな気配がイマイチ感じられないのが辛いところです。
    ドラギッチはITやブレッドソーと役割が被ったせいで怒って出て行っちゃいましたから望み薄ですが、戻ってくれたら嬉しいです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA