2019/02/11 シクサーズvsレイカーズ

ムスカラはフィリーからLAに行ったら、またトレードされてフィリーにきているLAのチームに合流したそうな。

ベン・シモンズはスーパーレジェンドであるレイカーズの社長とトレーニングしたいんだってさ。マジック・ジョンソンはルーキーシーズンにファイナルMVPを獲得したわけですが、その理由が大黒柱のカリーム・アブドゥル・ジャバーがケガをしたことで、PGだったマジックがセンターを務めたフィリーでの第6戦に42点、15リバウンド、7アシストと大活躍したことでした。
それは確かにシモンズに通じるところがあって、エンビートがけがしたらシモンズセンターってのも一つの手段でした。でも、そこまでの活躍は出来ないかな。

そんなどうでも良い話は置いといて、走るぜシクサーズ。エンビートもトバイアスも走ってくれるから、気持ちよさそうなシモンズのパスで次々にダンクになります。マギーはエンビートに対して無力なんだよね。
しかし、レイカーズもまた走り負けません。特にクズマが次から次へとシュートを沈めていき、シュートスキルの高さを見せつけます。レブロンとの壁パスみたいな形で3Pも決めちゃってさ。

するとシクサーズはトバイアス。ドライブからダンクをきめれば、アウトサイドから打ち、親友とのピック&ロールでリバースレイアップ。シクサーズのランニングゲームをより早めてくれる特殊なPF。
エニス、トバイアス、コルクマッツという動けるウイングを揃えてシモンズゲームが加速します。が、またもクズマが3Pで勢いを止めます。

そこからシクサーズはフルメンバーチェンジみたいになって、マッコネル、レディック、バトラー、エンビート、スコットになります。非常に理にかなっているし、本当にツープラトンにするのか。
エンビートのポストムーブにマッコネルのパッシングが組み合わさり、スコットとレディックがストレッチする形は、走らないけど強力。落ちたシュートをバトラーがプットバックダンク。
しかし、またもクズマがオフェンスリバウンドをファールを貰いながら押し込み、1Qだけで23点FG8/11で4本の3Pを決めたことでレイカーズは40点。

強力メンバーでチームとして点を奪ったシクサーズの39点を1人で上回ったクズマでした。観たいのはシモンズ&クズマってことで。

◉ツープラトンとクズマ

もちろんクズマを休ませる2Q。当然のようにシクサーズがリードを奪っていきます。何故かレブロンもイングラムも出ていないレイカーズ。前回も書きましたが「ローテーションが一定していない」とクレームするけど、プレーしているのはベテラン達なわけで、自分たちのプレーは何とかしろよ。

現在コートにいるメンバーは、そこまで若くないのですが、若いチームっぽく走ってはミスする両チーム。シクサーズの課題はここかもね。エンビートとバトラー中心なら走らないでミスを減らすべきかも。レイカーズは問題外に速攻のパスが合わない。
戻ってきたイングラムがドライブからマギーにアシストしますが、こちらも走らないでミスを減らすべきかも。ムスカラが3Pで射貫いてくれるし、しっかりとオフェンス構築しても悪くないぞ。

シクサーズは再びバトラーとエンビートを下げてシモンズ&トバイアスにします。ツープラトンだぜ。NBAなのにツープラトンだぜ。
しかし、今度はレディックがいることで意外と合わなくなります。ボールを貰いに来るレディックによってトバイアスのスペースがつぶれている感じ。でも、まぁそういう時間も必要なのかなくらい。

一方でレブロンとクズマが戻ってきたレイカーズが逆転に成功します。オフェンスで上回れなかったシクサーズ。バトラーとエンビートが戻ってきてスターターにするのでした。
そこから一気にリードを奪ったシクサーズ。目立たなくなったトバイアスですが、その分クズマを追いかけて得点を止めると、エンビートも走って展開を速めれば、レディックがコーナーで3P&ワン。さらにもう1本3Pを追加し、イングラムからテイクチャージします。
豪華メンバー集めたけど、一番目立ったのがレディックだったシクサーズ。クズマ以外にパスを出す先がないレブロンと、一番使えない選手が一番パスを出したくなるレディックというシモンズ。
それはチームメイトの差でもあるし、全体が動き回る中で誰にでもパスを出すシモンズと、全体を止めた中でフリーを作ってパスを出すレブロンのプレースタイルの違いが次第に生み出したというのは言い過ぎだな。ちなみにシモンズのマークだったレブロンは、トップでボールを持つシモンズをドフリーにしてゴール下を守っていたけど、シモンズはアタックせずパスを出しましたよ。

前半は76-67というハイスコアゲームでした。クズマが40点とっていればレイカーズがリードしていたのに、という前半です。

◉層の厚さアタック

後半にまさかの事態が発生します。ドフリーにされたシモンズが3Pを打ちました。外れたけど、騒然とした会場。でも今シーズン3本目だとか。
そんなプレーを挟んだけど、相変わらず走るシモンズのパスからトバイアスの3Pも決まって後半も良いスタートを切りますが、ミスになるとレイカーズがカウンターでイージーに得点したことで点差は縮まります。
するとバトラーとエンビートのツーメンゲームにしたシクサーズ。でも決まらなかったから、まぁ何が良いかなんて結果で判断するのは簡単じゃないよね。

ここでレイカーズについて考えてみましょう。ロンゾとハートがいないのは響いていますが、それとは別にしてトレードにも動きました。
手に入れたのはブルロックとムスカラ。わかりやすくシューター役で、ストレッチする人材不足を感じたからです。それは戦術レブロンらしさでもあります。ところがケガの影響もあってドライブが強くないレブロンなので、いまいち機能していません。まぁそれは一時的な理由でもあるから仕方ない。

問題はブルロックに何をしてもらうのか伝わっていない雰囲気だということ。コーナーで待つのか、クズマとのスクリーン交換でフリーになるのか。イングラムと共に行方不明になりがちです。
ある意味、もっと問題なのはレブロンと同時に起用されていないムスカラ。その意図は何なのか。もう少しいろんなプレーが出来るビーズリーを放出してシューター入れた意味がないような。

シモンズのダンクミスなんかもあって、シクサーズの得点が前半のようには伸びませんが、レイカーズもまたイングラムとクズマの個人技のみって感じですが、そもそも前半も似たようなものだったしね。ってことでクズマのフローター&ワンに3Pも決まって4点差までもっていきます。

ところが残り2分半からレブロンとクズマをベンチに戻すと、一気にシクサーズペースに。休養十分のエンビートがインサイドで強さを発揮し、守り切ると最後にマッコネルが3Pを決めて15点リードのシクサーズです。
シクサーズが良いというよりはレイカーズが悪かったのですが、シクサーズが良かった理由は分厚い戦力でしっかり休めたからです。

◉まとめる

スコットがミドルを決め、さらに速攻&ワンで20点差になります。うーん、ちょっと前まで4点差だったのにな。もうまとめようか。

シクサーズは序盤こそトバイアスとシモンズの連携の良さが光りましたが、トータルでみればそこそこって感じです。それよりもエンビート&バトラーの時間の方が良かったかもしれません。ただそれは徐々にアドバンテージがもたらされるくらい。
爆発力があるのは前者で、安定しそうなのが後者。それがシクサーズの事情になりますが、一方で相手にも事情があるわけで、ツープラトン気味でこの両ユニットが出てくると対抗しきれないのが普通です。レイカーズがはまったのはまさにそんな部分でした。

また走り回るシモンズゲームは相手の方が先にスタミナロスしていくわけで、それは昨シーズンのこれくらいから連勝を重ねた事実が示しています。今は似たようなことをバックスがやっているけど。
レブロンがいることで、カウンター発動するとレイカーズは追いついていきましたから、ギャンブラー要素はしっかりと残っています。結局はそこに帰結したシクサーズだけど、違うのは層が厚いから戦い方に幅があることでした。

こう書くと無敵みたいなシクサーズですが、慣れていなかったとはいえレイカーズの守り方に苦しさもありました。シューティング能力が少し落ちたシクサーズなので、もっとガチガチにインサイドを固めればよかったし、それがレイカーズの守り方だったはずが、何度もエンビートがフリーになっていました。
その理由はちょっとよくわかりません。新加入が増えて守り方が一定じゃなくなったのかも。後半は固めるようになっていきましたが、もう疲れちゃって走り負けたかな。

23点差がついた試合でしたが、レブロンは±0でした。スターターは全体的に悪くなかったけど、ベンチメンバーが20点差くらいつけられました。
スター選手を集めて層の厚さアタックのシクサーズ。やらないと思っていたツープラトンを採用し、試合トータルでの強さを発揮した試合になりました。

なお、エニスだけは何してんのか。もう1人のシモンズを使ったほうが良いと思うぜ。

PS.読み直してみたら試合の内容へ言及している部分が少ないね。得点が多くて印象で書くって感じでした。

2019/02/11 シクサーズvsレイカーズ” への2件のフィードバック

  1. まぁトバイアスは良かったと思いますがでも結局1番強いなぁと感じるのは結局エンビートがトップから3p打ってベンシモがプットバックするようなフレキシブルなシーンを観た時だったりします。そういう意味ではあっさりしてるトバイアスはやっぱり正解と思うわけです。不正解とは言わないまでも濃厚なバトラーはボール止めるしとかいっちょまえに思ってますがこの試合の目だたなさは良かったなと。

  2. トバイアス良い印象でした。
    東は4チームに絞られた感ありますが少しシクサーズは抜けた気がしますがどうでしょう。
    2つコアのデュオが作れるのは強みですね。
    あとはその2つのデュオをどう組み合わせて最強のユニットを作るか。
    ブラウンはそれができないなら解任ですかね、、、

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA