トバイアス商売

シクサーズに行くってさ。

世の中がアンソニー・デイビスで盛り上がる中で、まさかのポルジンギスがトレードされたのに続いて、クリッパーズのエースがトレードされました。しかも行先はシクサーズ。これですごいメンバーがそろうことになりました。まずはそこから触れていきましょう。

ベン・シモンズ
ジミー・バトラー
トバイアス・ハリス
ジョエル・エンビード

とてつもないメンバーです。えっ?ドラフト1位を忘れているって?誰の事だろうか。
バトラーには否定的な管理人ですが、シモンズのチームに合わないよね。でもトバイアスはコーナーまで活用しながら、高いシュート力で得点を取るタイプのエースです。自分でガツガツいくわけでもなく、なんならエンビートよりもシモンズに合うタイプの選手です。超期待。

凄いメンバーといっても今のNBAでスターターが豪華メンバーに大して意味はありません。それを証明していたのがクリッパーズなわけで、ベンチも含めて1試合トータルで強いことに意味があります。
その意味でむしろエンビートがベンチにいる時間こそがトバイアスを獲得した最大の意味があるかもしれません。走れるトバイアスはフルコートオフェンスに適応するだけでなく、ストレッチ4としてスペースを謳歌できるはず。エンビートがいるとわき役になるわけですが、主役の時間こそがんばってね。

ところでバトラーといえば、少し前に「もっとオールドタイプなピック&ロールをやりたいぜ」って発言していたよね。その望みは叶わないし、シクサーズでやることじゃないわけですが、シモンズ&トバイアスがベンチならバトラー&エンビートでピックを使うのは悪い選択ではありません。
そこら辺をどんな考え方しているのかは気になるポイント。ツープラトンにしたら面白そうだし、レディックやボールデン、そしてマッコネルがいるのでいろんな対応が可能だと思います。

4人で出ている時はストレッチ4としてボールを待ち、セカンドユニットではエースとして輝ける。トバイアスの場合は若いころからエースのような扱いではなかったため、それが役割だと指定すれば、しっかりとこなしてくれそうです。そこは非常に良い条件だと思うよ。

◉ディフェンスのチームに

より期待できるのはディフェンス面です。トバイアスのディフェンスはそんなに良くはないですが、スピードがあってブロック力もあります。運動能力系のリムプロテクターは、シクサーズには足りない要素でした。
ここにトバイアスが加わることによって、シモンズはペリメーターディフェンスに専念できそうです。使い勝手が良すぎるシモンズがいろいろな対応をしていましたが、スイッチ可能な相棒を得ることでよりやりやすくなりそう。

エンビートがどかんと真ん中に存在しているだけに、そもそも強みのあったシクサーズですが、その一方で走り負けての失点なんかも多くなっています。ビッグマンでありながら機動力で助けられる点では組み合わせとしても良くできているトバイアス。超期待。

失ったのはケガでプレーできるかも怪しいウィルソン・チャンドラー、ムスカラ、シャメットの3人です。シャメットについてはいろいろありますが、まぁとりあえず戦力ダウンってことはありません。どうにでもなるでしょ。
トバイアスにくっついてくるのが、これまた仲良しのマルヤノビッチ。でも出番がどれだけあるのかわかんないね。トバイアスの遊び相手にして、エンビートがファールトラブルの時に出てくる要員かな。

しかし、それ以上に怖いのがマイク・スコットの獲得。ちょっと信じられないぜ。そんなにシクサーズを強くするのかってくらいサービスしたクリッパーズ。
走れるトバイアスに、同じく走れてシュートの上手いスコット。ここにシモンズとか悪夢じゃね!?超期待。
トバイアスと同じようなタイプのPFはスモールラインナップで大きな力を発揮します。前述のとおり試合トータルでの強さを求めるなら、スコットをスターターにしてトバイアスをベンチに持っていったほうが効果的なくらい。
シモンズ以上にエンビートに合いそうなのがスコット。ハンドリングしないので、よりスペースが要らないのでエンビートのポストアップにはアウトサイドのシューターになれるし、ストレッチしたなら逆にポストで働くこともできます。

そんなわけで凄いトレードを成立させたものだよシクサーズ。これで簡単に機能しないから難しいわけですが、機能しそうなメンバーなので、ブレッド・ブラウンは責任重大。
それぞれ気になるのはやっぱりバトラーとの相性はそんなに良くないであろうということ。スペースを使ってポジションを変える選手なので、止まっているバトラーをどうするのか。
そんなマイナス点なんか気にならないくらいの大きな動きでした。

◉マイナスは未来

そんなシクサーズのマイナスは未来の話だけです。マックス契約を求めているであろうバトラーを残すのであれば、そこに大きなサラリーを求めるであろうトバイアスまで残すのは至難の業。シモンズは来シーズンが契約4年目なのでルーキースケールのラストイヤーです。
なので来シーズンは何とかなるのですが、それ以降は難しくなります。トバイアスはクリッパーズの契約延長を断った経緯があり、それなりの契約は求めてくるはずです。
シクサーズは4人を残すみたいなことを言っているらしいですが、そんな簡単な話ではありません。このオフにサラリーキャップが空くチームがいくつもある中でトバイアスに何を提示するのか。デュラントばりに1+1というのも一つの手段ですが、未来は不透明です。

そんな未来については指名権も手放しました。まぁこれに関してはシクサーズにはあまり関係ないかな。正直、何とでもなるし、そもそも若い選手多いしね。必要なシューターの補強と第3PGの補強は忘れずに。あとはフルツを売れれば問題ないでしょう。

◉振り返ればレイカーズ

さて、このトレードでシクサーズはチームの強化を目指したわけで、その結果はどうあれ否定されるほどのものはありません。だけどクリッパーズはガリナリが離脱しているのに、まさかのエースを放出です。代役になれるスコットも出したので、完全に諦めモード。
諦めるような勝率ではないわけですが、諦めだよね。予想されていたこととはいっても、今シーズンの内容を考えると残念だし、トバイアスがエースとして輝いた時間はとっても短かったなぁって感じです。

これでもうレイカーズに抜かれることは既定路線です。タンクしなかったことは褒められるのですが、一方でここで諦めるってどうなんだろうね。
個人的にはレイカーズがプレーオフになるとウエストの8チームが予想通りです。だから頑張れキングスとウルブズ。予想通りとかダメだろ。

諦めたのは良いとして、今回のトレードでクリッパーズが目指した大きな要素はオフにFAを呼び込むためのキャップスペース構築です。トバイアスを諦めたことで、特に問題ないですね。あとは誰を獲得できるのかってだけですが、あまりいないんだよね。

◉グリフィンのトレード

1年前にクリッパーズが手に入れたのは

トバイアス、マルヤノビッチ、ブラッドリー
そしてSGAと今年のドラフト2巡目指名権です。そして今回はこれにFAで獲得したスコットをつけて

1巡目指名権×2、2巡目指名権×2
ランディー・シャメット
これにチャンドラー、ムスカラです。つまりトータルするとブレイク・グリフィンで手に入れたのは

SGA、シャメット
1巡目×2、2巡目×2

ということになります。SGAじゃなくってジェローム・ロビンソンだっけ?まぁどっちでも良いか。グリフィンで4人の1巡目選手を手に入れたことになります。商売上手だよね。
グリフィン1回では無理だったけどトバイアスを経由した商売が連続されました。錬金術に大成功です。でもこれって、アンソニー・デイビスとのトレードにも使えるから、そうなれば面白すぎるのですが。

もう一つ面白いのはクリッパーズがシャメットを選んだこと。シャメットは良い選手だし、ルーキーとして大活躍しています。
しかし、クリッパーズにはブラッドリーとべバリーがいるだけでなく、ガードには有望株ばかり。SGA、ジェローム、ソーンウェルやらガードばかり揃えてどうするのか。シクサーズにはボールドウィンとかプレーしていないザイアー・スミスとかコルクマズとかいるのですが、あえてのシャメットです。

SGA以外をシュート力ある選手で固めたい希望があるのかどうか。でもこんなにいたらクレイ・トンプソンとか狙えないよね。候補になるのはデュラントやレナードというウイングたちになりそうなクリッパーズ。指名権を使ってアンソニー・デイビスを獲得し、FAでウイングを取る。青写真過ぎると思いますが、成功したら恐ろしいことになります。

未来を担保に入れながら、明確なチーム強化に成功したシクサーズ

現在を諦めながら、未来に向かった可能性を大きく広げたクリッパーズ

随分と真逆を行く両チームで成立したトレードは、ここもやっぱり次の動きが気になるのでした。

トバイアス商売” への18件のフィードバック

  1. このビッグディールにすっかり隠れちゃいましたがピストンズがsviと2巡目、レイカーズがブロックを獲得するトレードが最終局面のようです。ピストンズ目線でいくとキャップスペースが少し広がることと指名権を得られること以上にポジティブ要素はあるのでしょうか?sviについてよく知らないので今季のPO諦めたのかと思ってしまいます……まぁ行けたところで来季ブロックを残すのは厳しいので動きとして理解できなくはないのですが。

    1. 残せないからシューター変更なのでしょうね。どれだけの意味があるのかちょっとわかんないトレードでした。
      これだけで終わったらちょっと失敗なにおいはします。

  2. チャンドラーはサラリー合わせだと思うんですが、サラリー合わせならアミアジョンソンを使うと思ってました。
    アミアジョンソン+フルツで誰か取りますかね?

    1. すいません間違えました。
      アミアジョンソンは安いのでサラリー合わせになりませんでした。

  3. これってやっぱジェリーウエストが凄いってことなんでしょうかね?シクサーズこのトレードするならバトラー無しでコビントン、サリッチでよかったんではと思うのは間違いですかね?まあ何だかんだバトラーはPOで俺力を発揮しそうですが。
    個人的にはクリッパーズが諦めてくれたらキングスの若手たちがPOを経験できるのでうれしいです。内部のごたこたで空中分解寸前のレイカーズに競り勝って欲しいです。レブロンも映画の撮影の予定あるし張りきらないと思うので。

    1. グリフィン放出を後押ししてからのクリッパーズは秀逸ですから、ジェリー・ウエスト改革でしょうね。
      ただ間違いなく優秀なスカウティングがあるので、ウエスト1人の力ではないと思います。フロントの充実が素晴らしいですが、現場は選手がコロコロ変更されて大変でしょうね。

  4. 4人残すのは一応可能ですが、シモンズのことを考えるとバトラーかトバイアスどちらかに絞った方がいいですよね。そうなればトバイアスを残してバトラーのサラリー分でベンチメンバーやら補強した方が良さそう。
    マコネル、シモンズ、トバイアス、スコット、ボールデンの並び見たいなー。

    1. その時になってから考えるのでしょうね。トレードという手段もありますし。トバイアス商売

  5. シモンズ中心のバスケに舵を切ってくれそうなトレードで期待しちゃいます。オフに延長するならバトラーではなく、ハリスにつぎ込んでほしいです。2人とも同じ2011年ドラフト組ですが、ハリスの方が3つ若いし。今のところ、バトラー獲得は失敗って思うほどのことはないですが、せっかくハリス、スコットという絶妙な3,4番手を獲得したので、PHIは見誤らないでほしいです。

    1. バトラーのネックは年齢もあるのでマックスは出したくないですね。どんなマネジメントするのか。フィリーなので強気かな。

  6. シクサーズはバトラー諦めてトンプソンとかどうですかね?
    トンプソン側がどうとるかはわからないですが。

    フルツ、、、

  7. ハリス、バトラー両方残せると思えないんですが、もし優勝したら「金よりレガシー」って言って二人とも残ってくれますかね?(笑)
    試合には勝ちましたがラプターズにまた強敵が増えてしまいました。ラプターズは動かないつもりなのか、それとも…。
    そしてキャップスペース空けてスター獲得狙ってるニックスにクリッパーズが待ったをかける状況になってこちらも面白いですね。

    1. ラプターズはラウリーが健康なら動くほどではないと思いますけどね。レナードがエースで十分だから、コンディションとモチベーションを重視したい。

  8. ハリスのトレードはこの時期だから成立したんでしょうけど

    シモンズ、レディック、コビントン、ハリス、エンビード

    ベンチにサリッチ、スコット、ボールデン、マッコネル

    ガンガン走って欲しかったな

    まーバトラーはPOで真価を発揮してくれますかね⁈とにかく楽しみなチームが出来上がりましたね

  9. 昨今のスモール重視のトレンドをぶち壊すようなPHIのサイズ感には期待せずにいられないですね。もっともボバンとエンビード以外だいたいみんな走れるわけですが。これでMIL、TOR、PHIの東側の争いが面白くなりそうです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA