2018/11/26 グリズリーズvsニックス

渡邊雄太がベンチ入り。Gリーグの試合に出た後に合流したらしい。

◉フィッツデイルとガソル

不仲だったという2人。何だか美談にしようとしているガソルがいるけど、忘れてはいけないのはガソルの今のプレーを生み出したのはフィッツデイル。そして、グリズリーズのオフェンスは笑えるほどにフィッツデイルが構築した形です。フロアに大きく広がり、ヘルプディフェンスを減らして誰もがアタックしていく形。そのキモはガソルの3Pだけど、フィッツデイル以前のガソルにはそんなプレーは存在しなかったんだ。

HC交代しても結局同じことをしているグリズリーズ。違うのは積極性を封印したことで何度もオフェンスを組み立て直すこと。結果的にコンリーとガソルの中心力は強くなっていることと、ベテラン中心にしていること。

もう1つの違いはジェイレン・ジャクソンがいること。ものすごく大きいと思うのだけど、実はフィッツデイルがグリズリーズで次に打ちたかった手が、まさにこんな選手の存在だと思うんだ。シンプルなハイローでのターンシュートを決めてくれるPFの存在はとっても大切。この試合の初得点もそんなジャクソンがアーリーオフェンスで押し込んだ形。ガソルと違って走ってくれることも大切。それを繰り返すジャクソン。ドラフト4位は伊達じゃない。

 

グリズリーズを離れたからといって悪いことばかりではないフィッツデイル。手に入れた職は勝利からは程遠いニックスのHC職だけど、代わりにチャレンジを好む若手達を育てる事が出来ています。アロンゾ・トリアー、ムディエイ、バーンレイといった他のチームで必要とされなかった選手を交代交代で起用していき、少しずつ伸ばして上げています。

一方でベテランのカンターの扱いには少し困っているし、チームとしてはコートニー・リーもどうしようかって事なので、ベテランにとっては安定しないプレータイムと積極的にやらせることが良いことばかりではない。だからニックスで良かったね。

フィッツデイルからしたら全員に同じようにチャンスを与え、調子の良い選手を優先するだけなのだろうけど、それがガソルには受け入れがたかったのではないかと思わせてくれるニックスのチーム状況です。

細かく交代していくニックスはカンターとミッチェル・ロビンソンを並べると、ガソルが3Pを決めてしまいましたとさ。育ててしまったフィッツデイルが打ちやすい状況を与えてしまい、先手をとったのはグリズリーズ。

フィッツデイルとガソル

◉個人アタック

お互いに似たような形で個人アタックを繰り返していく両チーム。バークやカンターが抜けていくので形にはなるけど、ちょっと苦しいニックス。それはどうしてもミドルの選択が多くなるから。それに比べるともう1人合わせているグリズリーズはゴール下シュートが打てるので確率で上回ります。

毎回の話だけど、グリズリーズって書く事が無いんだよね。個人の連続得点って殆ど無いから、わざわざ書くほどじゃないし。スパーズなんかも同じ悩みがある。ベンチメンバーになってもパスを回して、でもパスでは殆ど崩していなくて、1on1出来そうなときに仕掛けているよ。仕掛けてもダメならやり直すよ。

ニックスも同じような感じだけど、ニリキナに積極的にやらせるからわかりやすい部分もあって、まぁシュートが決まらないニリキナ。書ける。バークや2WAY契約のトリアーが活躍しているチームだけど、ニリキナの持つ素材の大きさは間違いなく一段上で、身体能力の部分でもウイングスパンでも他の選手が出来ないようなプレーをするニリキナ。だけど、やっぱり決まらないし、ムディエイが成長している部分をみるとちょっとね。まぁムディエイも4年目でやっとなので、ニリキナも焦ってはいけないのかも。

 

そんな感じで徐々に、本当に徐々に点差が開いていきます。爆発するほどの要素がないグリズリーズとカンターとバークくらいしか個人アタックが決まらないニックス。ノックスもエアボールだし、苦しいぜ。カンターに押し込まれてしまうジェイレン・ジャクソンですが、オフェンスでは自分に引きつけてゴール下へアシストとルーキー対決では完勝です。

ディフェンスも効き始め、ハーダウェイがミドルをエアボールと時々ある大爆発の匂いも全く感じさせないので、2Q4分が経過する頃にはグリズリーズが10点リードに。守れるだけでなく、オフェンスで時間を使うからニックスの得点が伸びていないのでした。

取り返しに行くのはトリアー。アーリーオフェンスでシュートまで持って行きレイアップを決めていくと、ディフェンスが寄ってきたところでバーンレイの3Pをアシスト。さすがスーパー2WAY契約。繰り返すけど渡邊雄太と立場は同じ。

 

タイムアウトからフィッツデイルはコンリーのマークをヘゾニャにします。するとヘゾニャは守れていないけど、関係ないところでミス連発になるグリズリーズ。狙いは違うところにあったのかもしれないけど、偶然かな。コンリーは3Pを決め、ガソルにもフリーで打つ形を作りますが決まらず。で、すぐにムディエイがマークに戻ります。何だったんだこの時間。

気持ちよく打てるようになったのでテンプルとガソルの3Pも決まって調子が良くなるグリズリーズ。ムディエイがドライブや3Pを決めるけど、トリアーにカイル・アンダーソンをつけたことで突破を許さず、グリズリーズが9点リードで前半が終わります。

結局の所、個人アタックが多いのでニックスのオフェンスはグリズリーズのベテラン達を超えられなかったような前半でした。

 

◉走るカンター

ニックスはトランジションで対抗しようとします。走っていればついて来れない選手がいることを理解しているフィッツデイル。でも追加要素のジェイレン・ジャクソンが3P決めてしまうから点差が縮まらないスタートに。コンリーとガソルの3Pも決まって13点差に広がるのでした。

ピック&ロールで簡単に打ててしまうガソル。カンターはイーストに移籍して良かったよね。守れない感じが存分に発揮されてしまいます。バーンレイも似たようなものか。しかし、バーンレイが見事なパスを通してヘゾニャがイージーレイアップ。さらに走るカンターにムディエイがアシストを通していきます。オフェンスリバウンドも押し込むカンター。ハーダウェイの3Pで僅か2分の間に4点差に。

よく考えてみよう。グリズリーズは何故、こんなに勝っているのか。その最大の理由にしたのは「スローダウンするからラッシュされない」こと。この2分で11-2のラッシュを食らったグリズリーズは軽快なオフェンスを展開して決まらず、逆に走られてしまったのでした。らしさを失っていたグリズリーズ。

タイムアウトでもその流れを止められず、スローダウンしたのにムディエイにスティールされたり、グリーンがブロックされてしまい走られます。カンターのゴール下に対してブロックしたグリーンでしたが、そのブロックの際にネットに手を絡めたのでテンディングをコールされたこともあって、まさかの逆転されたグリズリーズ。13点リードから4分余りの出来事は今シーズン好調な理由を全て覆してくれた形です。

 

さらに走るカンターはゴール下を外しても粘り強くリバウンドを押し込み、ディフェンスリバウンドも抑えてトリアーを走らせます。さらに苛立っているのかファールの多いグリズリーズ。なお、グリズリーズはそもそもファールが多く、決められるくらいならファールで止めるチーム。チームかガソルか。

でもフリースローを外してしまうカンターとトリアー。3Qだけで14点11リバウンドのカンターの活躍で逆転したニックス。まぁでも割と良くあるシーン。特別良かったわけじゃないけど、3Qだけで15本のフリースローをゲットしたのは良く出来た感じであり、自滅したグリズリーズ。8つのファールで15本(テクニカル含む)なわけでファールしたらフリースローになっていました。

走られるのが嫌ならもっと早めに止めましょう。シュートモーションになってからファールしてどうする。渡邊雄太の良いところは「ファールしないでディフェンス出来ること」という記事があったけど、真逆を行くグリズリーズでした。あとガソルが走らないのは知っていたけど、グリーンも結構怪しいね。25-5のランを食らった理由は走れないでファールしたこと。

 

◉間違えたフィッツデイル

ガソルがカンターとミッチェル・ロビンソンに囲まれながらサーカスショット&ワンを決めます。カンターを出し続けるのは負けたくないフィッツデイルの気持ちが出ているのか。そんなカンターのパスをカットして速攻に走るマック&コンリー。戻るバークが止めるのですが、戻ってくるのがトリアーしかいなかったニックス。ルーズボールを奪われてバークのハッスルを台無しにします。前半から戻るのはサボりがちなニックス。これでさすがにカンターを休ませます。間違えたフィッツデイルによって6点差に。

さらにトランジションディフェンスが悪いニックスは人数が戻っているのにピックアップに失敗してカイルがゴール下&ワン。指示出したのにピックアップしなかった味方に怒っているトリアー。下げられるニリキナとミッチェル・ロビンソン。そういうことだね。

ジェイレン・ジャクソンが3Pを決めればトリアーを連続ブロックして反撃します。ヘルプが来ないときにドライブしていたトリアーですが、それよりも早かったジャクソンのヘルプ。コンリーのアシストからガソルのゴール下で2点差になると、ジャクソンは更にバークもブロック。凄い遠いところから走ってきたぞ。

トリアーはスピードのミスマッチで1on1を仕掛けますが、ついていきブロックするジャクソン。ハーダウェイの3Pはカイルがブロックしてディフェンスのチームらしくなって、残り6分で流れは完全にグリズリーズに。

 

ショットクロックをいっぱいまで使ったコンリーがステップバックミドルで同点になった残り4分。3Qと違い「らしさ」があるグリズリーズ。ゴール下でパスを受けても囲まれているのが見えていて、ワンタッチパスでフリーのコンリーに打たせるジャクソンですが決まらず。決まらないけど、これが出来るチームは強い。それをするのがルーキーって。フリースローで遂に逆転したグリズリーズ。

ムディエイのユーロステップをブロックするジャクソンは、着地するやそのルーズボールにもダイブします。ジャクソンがいなければフィッツデイルの掌で踊らされていたかもしれません。この試合7ブロックを記録し、ブロック力がないはずのディフェンスを更に強力にしています。

 

◉バークを信じたこと

それでもジャクソンの上から3Pを決めたハーダウェイで残り2分でニックスが逆転。でもコンリーがフローターで直ぐに逆転。バークのフリースローで再逆転。この試合FG3/15とオフェンスはダメダメなバークですが、コンリーについて行けるってことで起用されている様子。そこはニリキナじゃないのか!とも言いたくなるけど。

残り1分40秒でそのコンリーがコーナーへ動いたところにテンプルが出したパスを信じられないほど離れた45°くらいでカットしたバーク。そのまま速攻に持ち込み、ムディエイがダンク&ワン。またもムダなファールをしたグリズリーズで4点差になります。バークを使ってオフボールを追いかけさせたフィッツデイルの狙いが上回ったシーン。

さらにバークを抜いたコンリーがステップを踏んだところでガソルの影から手を伸ばしたバークがカットします。プレッシャーディフェンスでルーズボールにしたカイル。バーンレイが押さえきる前にムディエイのタイムアウトコールが有効になり、レフリーへの不信感を強めていくグリズリーズ。この試合は些細なコールからフランスとレーションを溜めて、意味のないファールを繰り返している感じなんだよね。

残り1分でタイムアウト後にバークのミドルは決まらず。コンリーのパスアウトからマックに打たせますがバーンレイが触り決まらず。ファールゲームのフリースローをムディエイがしっかり決めて勝利したニックスでした。ジェイレン・ジャクソンはまたも3P決めて、最後までわからなくしたけど、ボール運びの安定のために出てきたニリキナもフリースローを決めたよ。

 

〇FG

ガソル 10/21

コンリー 8/24

この試合チームで86本の内、2人で45本のFGアテンプトだったガソル&コンリー。今シーズンの平均は2人で30本程度なのでかなり多かった事に。つまり、そんなチームじゃなかったのに、2人が打ったのか打たされたのか。フィッツデイルを勘ぐりたくなるスタッツにして、勝負を決めたバークの起用でした。ディフェンスのために起用されたバーク。

グリズリーズの敗因は32本も打たせたフリースローに、14取られたオフェンスリバウンド。カンターは21点26リバウンドだってさ。スタッツ以上に41分もプレーさせたのが珍しいから相当勝ちたかったんじゃないかと憶測。フィッツデイルの逆襲。ガソルに対する逆襲。

ニックスはカンターを除くとそんなに褒めるような選手はいなくて、チームのFGは37%止まり。ただただカンターがリバウンドを確保してくれた助かったような試合です。アシストも17しかない。

一方のグリズリーズはテンプルとグリーンが悪かったくらいの試合で、FG44%で27アシスト。ターンオーバーはお互い7つしかなく、グリズリーズはなんと19ブロック。

これでなんで負けるんだってことですが、むしろ時々はこういう負け方をするのが爆発しないチームの戦い方なわけです。3Qにらしさを失った時間も出てきたことで、結局はずーっと接戦のような形が続き、最後のピンポイント勝負でフィッツデイルの作戦にハマったグリズリーズ。

そういうこともあるさ、って感じなのだけど、その相手が若い選手を率いるフィッツデイルってのがドラマな試合でした。

 

 

 

2018/11/26 グリズリーズvsニックス” への4件のフィードバック

  1. 両チームのファンとしては、それなりに見ごたえのありゲームでした。フューチャーニックス(もうずっと言ってますけど)と過渡期の熊さん。このゲームに関してはフィッツの策略が勝ったようで。熊さんは痛い取りこぼし、それもフィッツに。ニックスはノックスが気になります。単純にここまでのスタッツでアロンゾに負けている泣)逆にアロンゾは記事通りの活躍でした。

    1. ノックスは高い身体能力に3Pがあることが評価されていましたが、その一方でオフェンスパターンとして得点出来るかどうかが疑問視されていました。ポルジンギスの成功によって「ノックスも大丈夫」みたいな空気がありましたが、ここまでは苦しんでいますね。フィッツデイルにハマりやすい選手だとは思います。
      逆にトリアーはパターンは多いので、そこが機能しています。ノックスも時間が必要でしょうが、ニリキナよりは短めかな。

  2. いつも楽しく読ませていただいてます。今回は逆シャアの小ネタもあり思わずニヤニヤしながら読んでしまいました!

    まさに、ジェイレン・ジャクソンの良さが出たゲームでしたね。派手さはあまり無いですが、ポストアップ、3P、パスアウト、さらにディフェンス面の貢献。チームへの献身性とアンセルフィッシュさを兼ね備えたいい選手ですね。
    ドラフト4位は伊達じゃない。いや、これで4位かよと言いたくなりますね笑
    これからの活躍にも期待したいです!

    1. バレると恥ずかしいな。

      ジェイレン・ジャクソンがここまでパスを出せるとは思わなかったので、それが良い方向に出ていますね。エースを求めないチーム事情もプラスに働いています。コンリー、ガソル時代が終わったときに、誰かしらエースを連れてこれればジャクソンも輝くでしょうが。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA