2018/11/04 ホークスvsヒート

地味に上手く行ってないのがヒート

両チームともに最後に観たのがキングス戦。なのでキングスを通してみる特徴整理であり、キングスとの違いがもたらす相性問題が絡んできます。そこがなかなか面白い展開を生み出しました。

 

◉続ホワイトサイド問題

キングス戦でのホワイトサイドはゴール下での強さをみせつけましたが、一方でコーリーステインを止められませんでした。それは1on1の戦いで負けるというのではなく、キングスのコンビネーションにおいてフィニッシュにタイミングを合わせて顔を出すコーリーステインを止められないと言うこと。

昨シーズン発生したホワイトサイド問題。それはスモールラインナップが流行する中で出番が失われたことに苦言を呈したことで発生しましたが、ホワイトサイド自身も別にワガママにクレームしたわけではなく、「他のチームでは自分のようなビッグマンを活用するシステムを採用しており、ヒートももう少し考えて欲しい」みたいな内容でした。シーズン終盤になっての発言としては問題ですが、気持ちはわからなくもない。

そしてキングスには見事にそんな形でコーリーステインを活用され、その一方でヒートはとっても下手。この試合でも次々にドライブするガード陣のアタックに対して、ホークスのヘルプが出るのにホワイトサイドを活かしたのはマグルーダーくらい。全体的にスピードのあるアタックをするガード陣だけど、実は上手く使いたかったらディフェンスをシールしたり、引き出す動きを混ぜないと行けません。ホワイトサイドの動きもだけど、ガード陣の動きもアレなのでチームとしてホワイトサイドを使えていないのは事実。

もっと簡単なのはアウトサイドに立たせて3Pという安直なやつ。1Qにホワイトサイドは1本3Pを決めましたが、これが弾道が低い。トレーニングを積んできたとは思えないんだ。そこそこシュートが上手いホワイトサイドであり、インサイドで強いけど上手くないので3Pはアリな気もするけど、このシュートはなぁ。

なお、ドラギッチのいないヒート。唯一起用にパスをだしてくれるPG不在はホワイトサイドを消してしまうことにも繋がるのでした。2Q途中から膝が痛そうだったので、どうなのかな。

 

しかし、この手のセンター問題は実はディフェンス面にあり「3P練習するよりも守れるようなトレーニングしろ」と言いたくなります。カペラもルーニーもトリスタンもアウトサイドシュートなんかないわけで、リーグの強豪は別にセンターに3Pを求めていないぞ。でも守れる。

ホークスのビッグマンはアレックス・レン。MIP候補ではないけど、最もプレーが変化した選手の候補にはなりえる突然の3Pシュートの開花は、昨シーズンのデッドモンみたいなものか。シュート力なんて身につかないと思っていたレンですが、もう既にこのプレースタイルこそが本領とばかりのプレーになっています。ポストアップからポップしてのコーナー3Pというのは、単にスペーシングしているのとは違うのでした。

ベンチから出てきたデッドモンと2人で1Qに3P3本全て決め、さらに周囲も続いて7本の3Pで41点を奪ったのでした。その理由はアウトサイドでルーズすぎるホワイトサイドのディフェンス。ディフェンスのヒートですが、プレッシャーをかけてもセンターに預ければ逃げることが出来るホークス。さらにドライブすると必ずビッグマンにキックアウトすることが出来るのでオフェンスが楽に。

 

結局の所、ホワイトサイド問題ってアウトサイドをドフリーにしてしまうこと。対面のセンターが3Pを打つタイプだったことで非常に目立ったけど、それだけではなくオフェンス全体を潤滑にしてしまっています。頭が痛いぜスポルストラ。まずはせめてドフリーを何とかしてくれと言いたそう。

結果的にキングスが相手よりも相性的にホークスに大苦戦するヒート。3P5/12で31点を奪う好調なスタートを切った1Qだったのに、ディフェンスで完敗してしまったのでした。

 

◉5人のガード

しかしヒートは2Qに反撃します。だってオフェンス好調だし。

リチャードソン、マグルーダー、ウェイド、タイラー・ジョンソンという4人が前半で二桁得点に。4人でFG20/29という大当たり。唯一2点しかとれなかったウィンズローは6アシストと同じようなポジションの5人で交代交代に得点を作っていくのでした。

まぁホークスのガード陣は守れそうにないし、唯一守れそうなプリンスも逆をとられていたし。ヒートはフィジカルトレーニングを重視しているのか、誰もがしっかりと絞られた身体付きになるので、ちょっとスキル系の多いホークスからすると非常に守りにくそう。両チームの編成の考え方に違いを大きく感じます。

本来はガード陣の突破が怖くてもインサイドを塞げば良いのだけど、ホークスはチームディフェンスの方はまだまだって感じで、ちょくちょくマークミスからアウトサイドでフリーを作ってしまいます。トランジションの中でローテーションするチカラも大切。そうするとミスマッチも多くなりがちだけど、ミスマッチにならないディフェンス力も大切

 

ホワイトサイドよりもアデバヨが長くプレーする2Qなのでその点では守れるようになっているヒートなのですが、1Qにあまりにも3Pを決められた反動でドライブを許すようになってしまいました。止められているようで、あまり止められないヒート。止めたと思ってもロング3Pをハーターに決められてしまったり。

残り2分で2点差まで追いつくのですが、最後の一押しが守り切れず、ファールからのフリースローでも加点され、アデバヨのターンオーバーからデッドモンがトランジション3Pなんてシュートまで決められてしまったのでした。シュートを打たないのは良いけど、ミスはダメだよアデバヨ君。だからホワイトサイドの方が価値があるのでした。

 

前半はプレーした11人が全員得点し、最多得点がプリンスの12点なのに74点まで到達したホークス。目立たなかったのはベイズモアなんだけど、今シーズン観ていてベイズモアはとても良くなった。良くなったけど、目立たないときの方がホークスはチームとして良い雰囲気。

トレ・ヤングはここまで超絶ロングシュートみたいな目立ち方はなく、良いPGとしてゲームコントロールの巧みさを感じさせます。速くもないしシュート力で引きつけるわけでもないけど、微妙な緩急と広い視野、味方の次の動きを理解しているプレーメイクが光ります。

ベイズモアが登場するのは、そんなヤングの形があまり機能しなくなってきてから。エースムーブするけど、そんな能力はないだろって感じのベイズモアなんだけど、チームオフェンスが構築された中で、アクセント的な良さを見せてくれるから結構成功しています。で、必要が無かった前半。だけど別に不満タラタラでプレーしている雰囲気じゃないからね。

チームオフェンスが機能するホークス。チームディフェンスはないホークス。再建中の空気感が強いよ。

 

ジョン・コリンズはいつになったら出てくるの?

◉インサイドが攻められない

3Q早々にリチャードソンにやれれているプリンスが4つの目ファールでベンチへ。なんとなく攻めるしかなくなったようなホークス。ヤングがオリニクとの1on1で見事なムーブをすれば、自陣のジャンプボールから手元に来たボールをタッチダウンパスでハーターへ。そして3Pにストップジャンプシュートも決めて15点差にします。

ヒートは4分経たずにホワイトサイド→アデバヨ。ヤングに出番を減らされたのか、膝が悪いのか。この後は出場しませんでした。

シュートは好調なのでアウトサイドからは得点になるのだけど、デリック・ジョーンズが見事に合わせた2つのダンクを失敗したり、ウィンズローがレイアップミスしたりとちょっとインサイドの得点が苦しくなります。ホワイトサイドの問題ではない雰囲気のヒート。ヤングがちょっとスピードを落として自分が打つような雰囲気からレンへアリウープさせたけど、そんなプレーが欲しいヒート。

ドライブからのキックアウトは機能するのだけど、ホークスとしてもインサイドへのパスがないから、チェックには飛び出せます。それでも決めるリチャードソン。3Qは3P3/7と決めたのに、2P5/18に終わったヒート。インサイドでどうやって得点するのかが、ちょっと定まっていないよね。定まっていないからトランジションに勝機を探した昨シーズンでもあるけどさ。

ただ、ホークスもヤングがベンチに戻るとインサイドでのフィニッシュが減ってしまいます。ドライブしては潰されていく感じ。二桁リードが5点差まで縮められてしまいます。

戻ってきた途端に見事なアシストでダンクを生み出すヤングだったけどさ。まさかのオーバードリブルというルーキーいじめみたいなコールもされたけど。

お互いにインサイドをどうやって攻めていくのかに悩んだ3Qはヤングのパス能力とドラギッチ不在が目立ったのでした。そして最後はヤングがブザービーターのフローターを決めてホークスが9点リードで4Qへ。

 

◉ヤングと仲間達

4Q初めのプレーで再びオーバードリブルをコールされるヤング。後で問題になりそう。

止まらないリチャードソンが3Pで反撃します。欲しいわリチャードソン。もうただのディフェンダーではなくなったな。ウィンズローもフローターで続いて4点差に。

見事なダブルクラッチをスローに決めるヤング。3Pで返すウェイド

3Pを決めるプリンスに同じく3Pで返すウィンズロー

ヤングのパスからレンのダンクをリチャードソンがブロックと思ったけどファールコール。アリウープもファールコール。ウィンズローが再び3Pを返す。

互角に打ち合っていくのだけど、やっぱりホークス側にはインサイドでの得点があり、それを生み出すのはほぼヤング。

ヤングがベンチに戻ると、インサイドのオフェンスがやっぱり停滞していき、ジェレミー・リンがフローターを打っても後ろからリチャードソンがブロック。そしてやっとアデバヨがリバウンドをダンクで押し込み、速攻でタイラーがファールを貰って残り6分半でヒートが逆転します。

その後、ヴィンス・カーターがプットバックダンクを決めて再逆転します。ベンブリーとウィンズローのドライブが決まり合って残り4分半2点リードでヤングが戻ってきます。もう完全にヤングのための試合になる空気が漂っている。でもリチャードソンのミドルで同点。

ヤングのドライブにファールしたウィンズロー。微妙に止まってファールを引き出されたのだけど腕が頭にあたったのでフレグラント1に。にやにやするヤング。ウィンズローにそんな意図がなかっただけに。でも自分で取り返します。ちなみにずっと右サイドから抜いて行って左手レイアップを続けるウィンズロー。全然守れていないカーターなんだけど、ミドルで取り返すと、プリンスがウィンズローを止めてスティール。

勝負所になってそれまで消えていたベイズモアがコーナーからドライブしリバースレイアップ。散々ヤングに悩まされた中で、コーナーで出番を待っていたベイズモアの個人技に対応出来なかったヒート。

4点リードで1分なので時間を使うヤング。最後にアデバヨとのアイソレーションになると見事に止められます。これを決めるようになるともっと目立つのだろうけど。そしてアデバヨが勝負所でコートに居る理由でもある。

ただヒートのオフェンスもホークスに読まれまくっていて、キックアウトしても全くフリーが作れない。苦しいオフェンスのヒート。結局そのまま逃げ切ったホークスでした。最後の方で働いたのがプリンス、ベイズモア、そしてカーターだったよ。ヤングが中心だけど支える体制を作ろうとしている。

 

◉ハッキリともやもや

24点15アシストのトレ・ヤング。非常に素晴らしい出来でした。アシスト数はキャリアハイ。フォックスにまざまざと見せつけられた次の試合でアシストを伸ばしてきたのでした。そんなアシストから生まれた3Pは5本。チームで13/38でした。

あれっ、終わってみると多くなかった3P。1Qにラッシュしてからはレンがコーナーに行くことも減り、ホワイトサイド対策だったことがわかります。アデバヨが相手ならインサイド攻めるべき。

そして2Pは33/56で59%の高確率になったホークス。そのうち10がヤングのアシストで、7がヤング本人が決めたシュートなので半分以上がヤングが絡みました。試合を決めたのはヤングは関係なかったベイズモアのリバースレイアップ。

そんなわけで数字の面以上にヤングの存在価値を強く感じたこの試合。まだ止めに来られると苦しむのですが、そんな時はベイズモアやプリンスに任せてしまうなどゲームメイク出来ているのが目立つのでした。

7人が二桁得点だけど、16点以上はヤングのみというバランスアタックだったホークス。これが最後まで続かなかったのがキングス戦だったようにまだまだ不安定。特にディフェンス面が機能しないと、どこかで打ち負けるって感じです。その点では相性が悪かった気もするヒート。

ヒートは3P6/10だったジョシュ・リチャードソンを中心に、前述の5人が二桁得点でした。それはヒートの強みとしてしっかりと発揮されたわけだけど、他のポジションはどうしたのかという内容に。

3P16/40としっかり決めながら勝利を逃したのは苦しかった。今シーズンのヒートはホーネッツに連敗していますが、この2試合もオフェンスが機能しながらディフェンスで止められずに負けています。勝てそうで勝てないという苦しいシーズン序盤に。ほんの少しの差で勝てるとも言えるし、勝つための具体策がないともいえるし。なんだろうね。

徐々にコンディションが上がっていくと、同じ内容でも局面で勝利する場面が増えて勝率が上がる可能性もありますが、そうではないシステム面ももう少し手をつけて欲しいところ。未だにバトラーが欲しいのかどうか知らないけど、選手を代えなければどうにもならないのであれば、フロントの失敗だね。

もっと内容が悪ければ文句のつけようもあるのに、そんなに悪くないけど、だからといって全てが良く出来ているわけでもない。もやもやしたヒート。ハードにプレー出来ているのに守れていない部分とか、何かしらの刺激は必要な気がしてくるのでした。

ドラギッチがいないから緩急のなさがより目立ったね。

 

 

 

2018/11/04 ホークスvsヒート” への4件のフィードバック

  1. いつも楽しく拝見させてもらってます

    15ドラフトの同期コンビはすっかり成長してくれて嬉しい限り

    と言いつつウィンズロー再契約は未だに納得出来ない、これ以上「いい選手」止まりのプレイヤー達に金払ってどうするんだろうか
    何が悪いのかよく分からないけど下位チームとの対戦で黒星増やしてるようじゃあかんよ

    1. いやー、どうするんですかね。ウェイドが今シーズン限りとはいえ、同じようなポジションにグッドプレイヤーを揃えすぎていて。
      でも、ジョシュ・リチャードソンはもう一歩上に上がった感じはあります。ディフェンス込みなのでチームとしては微妙ですが。

      トレードに出したくてもサラリーが高くて成立しにくい状況もなかなか厄介。
      ライリーとスポルストラは次の一手をどうするのかな。

  2. ジョシュリチャードソンってロケッツに合うと思いますか?ロケッツばっかでごめんなさい^_^;

    1. あんなディフェンダーを加入させたら反則です。3Pも40%決めているし。

      でも最近はハンドラーメインなのでウイングとしての仕事をしていないのと、ビッグマンを守るのが得意なわけではありません。デュラントを止める仕事はしますよ。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA