カペラとグリズリーズ

5年90Mはお買い得なのかどうか。

 

ロケッツはクリント・カペラと5年90Mの契約を結びました。契約の中にはウエストファイナルに進むこと、リバウンド率、フリースロー成功率などのインセンティブが含まれており、カペラに求めることが具体化されています。

5年は長いものの平均18Mというサラリーは近年高騰していたビックマン達の中ではお手頃価格であり、チーム3番目の選手としても決して高額ではありません。お互いにとってギリギリの妥協点が詰められた契約であったと思われます。

 

しかし、そもそもそれだけの価値があるのかは微妙な選手であるのも事実です。このブログでは絶賛されるカペラですが、絶賛と実力評価とは少し乖離する部分もあります。ロケッツが当初提示したという4年60Mが実力評価としては適正価格だったとも考えるのです。

 

 

◉価値の高い選手と勝てる選手

 

カペラに近い選手としては、ケビン・ラブが4年120Mで契約しました。カペラを大きく上回る契約ですが、2人の昨シーズンの成績は大差ありません。

カペラ 13.9点 10.8リバウンド、1.9ブロック

ラブ 17.6点 9.3リバウンド 0.4ブロック 

過去の実績やオールスターの選出など、ラブは知名度で上回りますが若いカペラの成長度を考えると、そこまでの差はありません。

 

しかし、ラブの状況にカペラが置かれたらお先真っ暗です。チームの主役としてプレー出来るラブに比べるとカペラにボールを持たせても何も出来ません。時折奇跡みたいなユーロステップをしますが。

一方で、もしもキャブスにレブロンがいたらカペラとの適合性は高かったでしょう。ディフェンス力があり、ゴール下のフィニッシュ力が高く、スクリナーやリムプロテクターの能力があるカペラはレブロンのパスから高確率で得点してくれるし、レブロンがディフェンスをサボってもヘルプで助けてくれます。サボってもというか、2人が二段階で襲いかかってくると思うと更に怖い。

 

つまりはカペラはロールプレイヤーにすぎないのだけど、ロールプレイヤーとしてはラブを上回る能力を持っています。ある意味希少価値が高いのでした。

 

NIKE 公式オンラインストア

平たく言えばカペラはチームの主役にはなれないけど「勝てる選手」ではあるわけです。今のNBAのトップセンターで言えばアンソニー・デイビスは別格として、ヨキッチやタウンズと比較しても優勝するために必要なのはカペラかもしれません。その要素は大きく3つです。

高いFG%

機動力を併せ持つディフェンス力

ヘルプとリムプロテクト能力

要するに弱点がないことが勝つために重要なのです。その点でカペラは非常に有能です。分かりやすい弱点がなく、フリーにするわけにもいかなければ、スピードのミスマッチでも狙えません。あと、余計なことしないというのも大切。

優勝を狙うかどうかは別にして、ロケッツにハーデンがいる限りカペラは超優秀なセンターだと思います。5年90Mの価値はハーデンとセットならばあるかな。

 

そんなわけで価値の高い選手、チームを強くする選手と優勝するために必要な選手は必ずしも一致するわけではありません。優勝を目指すチームと強くなりたいチームでは、ちょっとばかり集めるべき選手が違うんだよね。

そんなこともあってロケッツがベイズモアに興味あるとか信じられない。もっと他に候補がいるだろうに。お互い要らない選手を交換したいのだけど、ホークスは商売する気マンマン。

NIKE 公式オンラインストア

この記事は割とどうでも良い記事なのですが、別にカペラに触れたかったわけではなくて、

・優勝を目指すチームがする補強

・チームを強くしたいときの補強

それぞれの立場によって同じ選手を補強しても評価を変えると言いたかっただけです。

 

◉とても難しい補強のグリズリーズ

 

このオフのグリズリーズの補強は

カイル・アンダーソン

ギャレット・テンプル

ジェイレン・ジャクソン

ジャボン・カーター

オムリ・カスピ

他(渡邊雄太)

 

若い選手もいて一概には言えないけど、ディフェンスの良い選手を集めており、視点が優勝するための選手集めに思えてきます。しかし、グリズリーズの立ち位置はその前段階なんじゃないの?

強くなりたいチームが集める選手としては、ちょっとインパクトに欠けるメンバー達です。まぁ昨シーズンよりは良さそうではありますが、自分達がどんなチームなのかを表現する能力に欠ける気がしているのです。

 

管理人の友人(ウォーリアーズファン)はカスピの素晴らしさを語りましたが、それは主役達を活かすためのスクリーンをしながら、自分もシューターとしてスペーシングも出来るような良さです。このチームでカスピは一体誰にスクリーンをかけて、どこにスペーシングすれば良いのか。えっ?チャンドラー・パーソンズだって。まぁ確かにね。

 

コンリー、ガソル、ジェイレン・ジャクソンがコアとして大活躍すれば問題ありませんが、さすがにちょっとパターンが限定されて苦しいし、単純に人数も足りません。ロールプレイヤーの質を求めたのは良いのですが、今のところ全く形が見えてきません。

オフェンスの形はもちろん、ディフェンス面もこのメンバーをどうやって構成してくるのか。カペラは超優秀だけど、カペラを5人集めても何をしたいかわからない。グリッド&グラインドだけでは勝てるわけないので、ビッカースタッフHCの頭の中では何が構成されているのでしょうか。

 

コンリーとガソルを強みとしたときに、それでも存在する弱点を埋めるのがロールプレイヤーでもあります。コンリーは割とパーフェクトだけど、得点する選手が必要です。ガソルにはスピードが足らずトランジションを補う選手が必要です。その両方をジェイレン・ジャクソンがやれる事を期待するのかな。

NIKE 公式オンラインストア
フィッツデイルは「ゴール下か3Pか」と「全員が個人技アタックしてパターンを増やす」というヒートとセルティックスを組み合わせたようなオフェンスをしていました。だから3Pとドライブ能力がある選手を集めていました。実は結構良い感じに集めたのですが、コントロール役のコンリー離脱もあってはかない夢と散ったのです。ちなみにヒートかセルティックスかといえばガソルを終盤に起用しないのも納得しませんか?

このオフのグリズリーズは、そんなオフェンスは全否定するような選手の集め方をしています。勝利をもたらすのはディフェンス力であり、チームに必要なのは連携だから個人能力よりも戦術理解度と言わんばかりのやり方です。

 

それは優勝を目指すには正しいやり方だけど、優勝を目指すには主役があまりにも不足しているのがグリズリーズ。

主役の不足をロールプレイヤー達の個人技アタックで補おうとして失敗した昨シーズンから脱却し、再びディフェンスに活路を見出したいのでした。多分課題はディフェンスといってもトランジションディフェンスなんだけどな。それは高速化していく現代の中でカペラの価値が高い理由でもあります。

 

もう少しグリズリーズについて書こうと思ったけど、「渡邊雄太はどんなチームにいるのか」を書くときにネタがなくなりそうだから、これくらいで辞めよう。

 

 

カペラとグリズリーズ” への10件のフィードバック

  1. ベイズモアってそんなアレな選手なんですか?個人的にはそこまで悪い選手だとは思ってないのですが。

    1. 個人能力はありますが賢くプレー出来るタイプではないです。余計なことをするタイプ。それがなければブーゲンフォルツァーはもっと起用したはずです。

      シュルーダーと違いポジションのダボつきもないのに、ホークスが若手達の中に混ぜたくないのは推して知るべしかと。

      JRスミスの話もあるようにロケッツとしてはカーメロでダボついたポジションを整理してウイングを増やしたいだけかと思います。

      1. 昨季は戦力として考えられるウイングが1人減っただけで崩壊しましたからね 二の舞は嫌なのかな
        今度はヒートのジョンソンとウィンスローなんて噂も出てきましたね〜

        1. そっちはまだまともで良いかな。かなり意味のあるトレードです。
          でもヒートにはうま味がないような。

          ホーネッツ書きましたが、マービン&ギルクイストを引き取れ!なんていう可能性もある気がしました。
          でもサラリーバランスがとれなかった。

          ロスター枠1つ空けたのはトレードが成立しやすくするためだと思います。

  2. 前から気になっていたんですが
    “ブーゲンフォルツァー”なんですか?
    “ブーデンフォルツァー”だと思っていたんですけど、現地ではそう読むのでしょうか?

  3. グリズリーズについては、あれだけ平均得点とオフェンシブレーティングが低いのに、カスピ以外ディフェンス寄りのプレイヤーを集めたのが意外でした。
    来季に向けて個人的にはディロン・ブルックスとジャマイカル・グリーンがキーマンだと思いますが、そこらへんは次の記事で書くんでしょうか?

    1. グリズリーズを書く機会があるかは不明ですが、オフェンスが何したいのか不明すぎて困ってしまいます。コンリー不在だった昨シーズンで、そこで活躍したエバンスが移籍ではゼロベースみたいなものですよね。

      ジャマイカルとジェイレン・ジャクソンをどう活用するのかがカギだと思いますが、空想の産物になってしまいます。

  4. カペラは今回の額じゃ安いと思いますね。現代Cに必須な能力を全て持っていて、マイナスなポイントがほとんどないです。現代において穴になってはいけない能力が、全て埋まっているというか。強いて言えばFTと小さい選手相手へのポストアタックでしょうか。

    ウィザーズやヒートにカペラが加入したら、50勝チームどころか55勝チームになりませんかね?強くなりたいレベルのチームであっても、ピック&ロールの達人のような選手がいるチームなら、オールスター選手加入と同じくらいのインパクトをもたらせると思うのですが。

    1. ウィザーズやヒートだと強くなるでしょうが、微妙なチームもありますよね。
      周囲との連携が出来なければ消えてしまいますし、「ビックマンはブロックとリバウンドだ」みたいなHCだと価値を落とされてしまいます。

      その意味ではこれくらいが適正かなーと。
      ただ優勝したければカペラですよね。お客さんを呼べるかというとちょっと・・・ということです。
      自分で選ぶならアンソニー・デイビスの次にカペラを選びます。

      ロケッツはこの手の選手を上手く集めていますが、キャブスは違う選手ばかり集めています。でもファイナル進むのだから、何とも言えませんでした。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA