17-18シーズン順位予想 イースト編

イーストの順位予想です。プレビューしていないのは、ピストンズ、ネッツ、ニックス、ホークス、ブルズ、マジックの6チームです。そこはもう適当な内容になります。



1位 キャブス 60勝+。

強くなったかどうかはプレーオフになってから。しかし、確実に安定感は増しました。ラブをセンター起用するというのも、セカンドユニットが強くなるのでプラス要素です。
これまで足りなかったシーズンへのモチベーションもあれば、休養も得られ、毎試合活力あるチームがみれそうです。アイザイア・トーマスがいればより安定したのですが。

レブロンを忖度しない選手が加入したことは非常に大きいです。レブロンがケガしなければ、いやケガしても1位と予想します。



2位 ウィザーズ 47〜53勝

2位には期待を込めてウィザーズを。昨季は新HCでスタートに手間取ったけど49勝しました。補強不足だけど、ウォール&ビールのトップを奪うというヤル気に満ち溢れた姿勢に期待しています。
決め手になったのは、ウォールがコービーからの課題「ディフェンシブ1stチーム」を受け入れた事。No.1の2wayガードという事を証明するシーズンになります。

選手層は薄いからケガには弱いです。



3位 セルティックス 46〜55勝

戦力補強は成功したものの新加入ばかりな事、そしてアイザイア・トーマスを支えるという分かりやすい構図がなくなった事で少しバランスを壊しそう。
またビッグマン不足も懸念事項。プレシーズンゲームでアーロン・ベインズが先発していたので、やっぱりビッグマン欲しいようです。

トップ3はこの3チームだと思います。



4位 ラプターズ 41〜48勝

ラウリー&デローザンで5割はするけど、それ以上は読めない。後半戦に照準を合わせるだろうから、4位目指して頑張って抜け出すかな。



5位 ヒート 41〜46勝

自信を手に入れたヒートが躍進する予想。ユーロでのドラジッチは素晴らしかったです。
目標50勝にしましたが、5割ラインを超えていたら満足してしまいそうなので、そこまでは到達しないかな。



6位 バックス 39勝〜50勝

MVP予想もあるアンテトクンポに率いられ50勝の可能性もあるバックス。でも勝ちまくる事はないと予想します。

そもそもアンテトクンポが目立ちすぎてはいけないチームオフェンスをしていますし、微妙なバランスで崩れる面も。パーカーがいなくなりアンテトクンポがインサイド多めになった方がバランス良かったし。
ミドルトンが高い確率で決めて、接戦を制し続けられるかが分かれ目。



7位 ホーネッツ 38勝〜45勝

インサイドとシューター、そしてケンバの控えを手に入れたのだから成績を上げるはず。でもそんな上手くいかない気もするホーネッツ。5割を超えたラインでウロチョロしそうですが、ディフェンス主体で戦う事を思い出せれば機能しそう。
ハワードさん、3P打ってる場合じゃありませんよ。ブロック増やそうよ!



8位 シクサーズ 30勝〜40勝

単なる希望枠です。正直30勝前半くらいだと思います。

シクサーズが勢いに乗って連勝する期間が何回か出ることと、他のチームがモタつく事が条件です。前者は怪しいけど、後者はありそうなのが希望枠でムリやり順位を上げた理由です。
プレシーズン見る限りシモンズは素晴らしいけどレイアップ入らないし、信頼出来るフィニッシャーがレディックとオカフォーだけたし、でもローテーションもよくわからないし。

あと人とボールが動くチームだったはずが人が動いてなかったので、まだまだ時間がかかりそうです。
やっぱりディフェンスに力を入れた方が良いと思う。フルツはルーキーとしては良いディフェンス。



9位 ピストンズ 35〜42勝

シクサーズよりは勝ちそうなピストンズ。でも管理人の好き嫌いで下げられてしまいました。
ブラッドリーも加入し、ドラモンドの活躍次第ではディフェンス面は期待できます。

問題はオフェンス。レジー・ジャクソン頼みでは進化しないです。昨季たまたまみた試合でトバイアス・ハリスが活躍しまくってたのは偶然なのだろうか。



10位 ペイサーズ 30勝〜38勝

限りなく期待値の低いペイサーズだけど、アンセルフィッシュでオールラウンダーでシュートは打つ選手を集め、ローテーション力で勝負する構成になりました。
層の厚さはあるので、シーズンくらい良い思いをしたい所です。



11位 ニックス 25勝〜35勝

PGさえいればプレーオフ争いも出来るがするニックス。好ましいのは勝つ気がある事。
実はポルジンギスはオフェンスよりもディフェンスで効力を発揮している事と、プレシーズン初戦16分で17点とったカンターをオフェンス面で表に出せば、ロースコアで勝負できるチームになれそう。

将来性があるかは不明ですが、そのうちFAで誰かとるんでしょう。



12位 ホークス 20〜30勝

勝てる要素は少ないのですが、スターターだけみれば勝利の経験はあるので。



13位 ネッツ 15勝〜30勝

ラッセル&クラブ&リンのアウトサイドは時に大当たりするでしょう。戦力的には昨年とそんな違いはありませんが、爆発力の分だけ勝てるように。



14位 ブルズ 20〜30勝

若手メンバーも揃えて再出発だけど、インサイドもいるし、プレシーズンでも3P攻勢という武器をみせたし30勝くらいはしても良いのだけど、フロントに勝つ気持ちが薄すぎる気がします。
選手とフロントに乖離があるのが、ローズ離脱以降の雰囲気になっています。



15位 マジック 15勝〜30勝

うーん。よくわからないだけです。
そもそもポジションバランスが非常に悪いチームで、ルーキーのイサークもアーロン・ゴードンと被ってないか?
オフェンスリバウンドとりまくるしか強みを感じられないので。



まとめ

ーートップ3ーー
キャブス
ウィザーズ
セルティックス

ーー上位シード争いーー

ラプターズ

ヒート
バックス

ホーネッツ

ーープレーオフ争いーー

シクサーズ
ピストンズ
ペイサーズ

ーー再建争いーー

ニックス
ホークス
ネッツ
ブルズ
マジック



ESPN先生の予想でもトップ3は同じですが、60勝はおろか50勝チームもないとのこと。(アーヴィングトレード前の予想)
あとはマジックはもっと勝てるという予想くらいで、後は同じようなものです。

プレーオフは35、6勝という低いライン予想です。
管理人も同じような予想ですが、プレーオフ出るために最後は頑張るだろうと予想しています。8位ラインが低空飛行で終盤に入ったらニックスにもチャンスはあります。

だから他の7チームは多少負けてもプレーオフ出れるでしょう。

若きスターで成長過程のシクサーズ
メンバーはいるが未熟なピストンズ
スターはいないが最新型バスケのペイサーズ

割と楽しみなレースが期待できます。
さて、とりあえずイーストはここまでです。
開幕までにプレビュー終わるかな。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA