ウォーリアーズvsキャブス プレビュー

予想?ウォーリアーズのスイープ!

 

本当にスイープする力量差かどうかは別にして、歩んできた道を考えるとそう思いたくなるのが心情です。イーストとウエストという争いの中で示された内容は大きな違いがあったわけです。とはいえ、キャブスがスパーズより弱いかというと、さすがにそれはないかな。戦力的な部分で言えばスイープは言い過ぎなのですが。

そしてあまり語ることがない対戦カードなので、ゲームレポートを楽にしてもらうための共通用語を作る目的のプレビューです。

 

◉キャブスの狙い

ティロン・ルーは何か仕掛けるのは大好きです。それが上手くいっている印象はあまりないのですが、それでもペイサーズやセルティックスに勝ったのだから、結果を残したと言えます。今回のファイナルも何かしらを仕掛けてくる事が予想されますが、

「ウォーリアーズへの新しい対策方法」

なんてものが今更キャブスから出てくるとは考えがたいので、よくある内容に終始することになります。なお、ロケッツが行った対策はいくつかあるわけですが、キャブスはそれを実行する能力に欠けています。例えばハーデンのディフェンスは酷いものですが、だからといってJRスミスやコーバーがハーデンより守れるのかといえば答えはノーです。

 

〇カリーを潰せ!

定番の作戦です。ロケッツ戦は「カリー潰したところで・・・」以前にウォーリアーズが警戒しているからカリーが持ちすぎないという至極簡単な方法で回避しています。しかし、カリーは相手をなめたプレーをすることがよくあるので、持ちすぎて潰されることはありえる話です。ファイナルでそれをやるなんて変な話ですけどね。昨季もやっていましたよ。

オラディポを潰しに行ったように、ボールマンにダブルチーム気味に仕掛けるのは得意技のキャブス。その狙いは下手な選手にボールを持せることですが、ウォーリアーズ相手だとカリーからボールを奪う方が現実的です。

ルーニーやベルを空けてしまえば、彼らがドライブしてくることはないので、狙い所となります。特にベルはミスをしてくれます。ルーニーは意外と堅実に繋ぐ。

 

そんなわけでキャブス定番のブリッツ気味に仕掛けるダブルチームの成否は重要です。成功する気はしないのですが、意外と読めないのはウォーリアーズの対応だったりします。

 

〇ドレイモンド・グリーンをフリーにしろ

そして同時にロケッツよりもこの作戦を採用してきます。こちらもロケッツ相手だと殆ど打たなかったグリーン。ところがファイナルだと割と打ってくることが予想されます。それくらい明確にフリーにされるということでもあります。

カリー相手に仕掛けると共に、そのときに持たされる形になるのがグリーンなので、暴走パターンが発動しないことは重要です。同じような理由でフリーになって3P決めていき、3年前にMVPとなったイグダラですが、果たして出てくるのかどうか。

 

つまりウォーリアーズからすると、グリーン、ルーニー、ベルが大活躍すれば楽勝です。その確率が高くないことは誰もが知っています。ここらでマギーを起用したいところですが、あのふざけたプレーをみていると起用したくないでしょうね。ウエストの大活躍は期待したいところです。

 

・・・・・・・・・

一方でウォーリアーズ側の狙いは想像しにくい面があります。

警戒すべきは当然レブロンです。ここでレブロン担当からイグダラが外れる上にマコーというわけにもいきません。デュラント、グリーンは良いとしてもう1人欲しいのですが、それがクレイ・トンプソンになるのか。

そんなマッチアップに対してキャブスが採用する作戦を考えます。

 

〇カリーを狙え

ロケッツと違うのはキャブスの方がポストアップから攻める手段があることです。そこで重要なのがラブですが、こちらも出てくるのかどうか。

ルーニーのペリメーターディフェンスを観ているとあれくらい守れるならば十分計算が成り立つので、おそらくそこは大きな穴にならないはず。結局のところ、最も効果的に攻める事が出来るのがカリー相手のポストアップになります。ロジアーを狙ったのと同じパターンなので、キャブスは既に練習済みです。

 

そんなポストアタックに対して、ウォーリアーズが何をしてくるのかは試合を観て確認する必要があります。とはいえ、昨季もキックアウトさせて外から打たせていました。ただし、イグダラが高速ヘルプでプレッシャーをかけています。そんなヘルプが期待できなくなると「レブロンのポストアップ+シューター」作戦は有効に機能する可能性があります。

 

〇グリーンのヘルプとスモールラインナップ

もうひとつがルーニー他に対して、レブロンが外からアタックしたときにグリーンのヘルプがどこまで有効なのかです。それはvsレブロンなので(レフリー問題も含めて)苦しむ気がするからです。

グリーンに悩まされるようになると、一気にウォーリアーズのラッシュが始まります。

悩まされないためにキャブスがスモールラインナップを採用するかも注目です。レブロン以外をアウトサイドに構えさせてしまえば、ヘルプはこなくなります。ウォーリアーズ側はイグダラとマコーが足りないのならばウイング不足になるので、ベルあたりを起用せざる得なくなります。

 

好調だったトリスタン・トンプソン。その利点を減らしてでもグリーンのヘルプを削りに行くのかどうか。どちらを選択しても、メリット・デメリットが出てくるはずです。

 

・・・・・・・・・・

 

◉ウォーリアーズはどうでるのか。

 

〇レブロンは疲れる

昨季の対策というか考え方は簡単でした。自分達のペースで展開を早くしていけば、キャブスが失速するのはわかりきっていたわけです。それは今季も同じでたびたび疲れ切っているレブロンの姿があります。

ウォーリアーズとしては試合開始から常に早い展開を心がけていき、いつも通り3Qで一気にラッシュする形が期待できます。クリス・ポールさえいなければロケッツ相手でも機能したのだから、問題なくキャブスには通用するはずです。

 

ところが、今季はひとつ不安材料があります。それはウォーリアーズ自身も既に疲弊していること。主力4人はロケッツとのシリーズで長時間プレーし、そして常にアリーザにタイトにマークされていたデュラントは次第にシュートを落とすようになりました。

あれだけ止めようがなかったデュラントですが、第4戦から第6戦はFG30%台に落ち込んでいます。キャブスがオフェンス力を発揮してきてもデュラントで繋ぎ、どこかでラッシュし、デュラントで締めれば何も問題なかった昨季に比べると、「疲れているレブロン」vs「疲れているデュラント」の対決はどちらに転ぶかわかりません。

 

 

〇アーヴィングがいないこと

 

それは大きな事でクレイ・トンプソンがマークすべき相手がいなくなりました。ラッキー。

その一方でジョージ・ヒルとジェフ・グリーンの存在は楽勝だったオフェンス面で苦労することになります。カリーを止めるディフェンダーも、デュラントを止めるディフェンダーもいなかった昨季のファイナルに比べれば、攻めるポイントを設定しにくいウォーリアーズ。

 

とはいえ、普通に考えればコミュニケーションミスが多いキャブスのディフェンスなので、早い展開さえ実行できればイージーシュートが生まれてくるはずです。やっぱりポイントになるのは「キャブスのシュートが決まるのか」という点です。決まれば走れないし、落ちれば速攻連発です。

そんなわけでアーヴィングがいない分、より止めたいのはコーバーです。昨季も3P31%に抑えましたが、この確率を落としてしまえば、ウォーリアーズとしては楽に守れてしまうだけでなく、速攻に繋げることが出来ます。

一方でヒルの存在はトランジションディフェンスを向上させています。ただし、ヒルをコーナーに置くと意味がありません。キャブスのセットオフェンスの形次第で、ウォーリアーズのチャンスは変化してきます。

 

・・・・・・・・・

 

〇デュラントのポストアップ

狙うのはスミスとコーバーです。セルティックスを思い出せばブラウンが圧倒した部分です。デュラントはより圧倒するでしょう。そうさせないために、キャブスはスイッチしない可能性がありますが、ならばトンプソンが外から射貫きやすくなります。

つまりポイントになるのは、トンプソンとデュラントによるスクリーンです。

これでマッチアップ変更やフレアスクリーンでトンプソンをフリーにしてしまえば、イージーショートを増やすことが出来ます。あまりイメージにはないですが、有効なスクリーンプレーが出てくるかは注目です。

 

 

〇ヤングとクック

好調だったヤングと荷が重すぎたクック。より信頼できるのはヤングになります。イアン・クラークよりも役に立つことを示さなければいけません。

相手の隙をついて走るリビングストン、堅実に決めていくウエスト、未知数のマコーも含めて沈黙していたウォーリアーズのベンチメンバーはvsキャブスであれば働くポイントがいっぱい出てきます。多少守れなくても、オフェンスで十分に取り替える算段がつくからです。

 

特にヤングとクックは3Pで勝負を決めるラッシュに繋げることが期待されます。疲弊しているスターターに比べるとスタミナ的には楽なはずのベンチメンバー。さすがに働かないといけません。

 

・・・・・・・・・

長ったらしくなりそうなのでまとめましょう。

 

①カリー潰しとフリーになるドレイモンド

②レブロンによるカリー狙いとヘルプディフェンス

③走るウォーリアーズと不明なスタミナ問題

④守れるようになったキャブス

⑤ベンチが働けるウォーリアーズ

 

書いていて面白いのは、全てのポイントが「本当にそうなるのか不明」ということです。

それは主にレブロンやスプラッシュブラザーズ&デュラントが破壊してしまうからですが、昨季のファイナルと違い、お互いが疲弊して迎えるファイナルという条件も関係してくるので、ここまでのプレーオフ全て含めての戦いと言うことです。

 

例えばウォーリアーズのベンチメンバーが働くなんて普通ですが、それをロケッツにより破壊されてしまったので、ファイナルになって本当に働くのか不安だったりします。そんな時は「経験」ってやつがものをいうらしいですが、だったらウォーリアーズが楽勝な訳です。

 

これらの項目の中で破壊された項目が多くなると戦いとしては不利になっていきます。

特に怪しいと思っているのは④キャブスが守れるかどうか、③ウォーリアーズのスタミナです。もちろんレブロンの方が疲れているのですが、デュラントも攻守にフル稼働させられています。

 

そうなるとスプラッシュブラザーズが火を噴くかどうか。

スター選手が揃っている利点を活かし、クレイ・トンプソンのファイナルMVPなんてシーンを予想してみましょう。

 

 

 

ウォーリアーズvsキャブス プレビュー” への6件のフィードバック

  1. どちらも疲弊しているなか、出来るだけ早く決着をつけたいのはレブロンだと思います。とはいえ、キャブスが4-1,4-2が勝つというのは想像しにくいです。
    イースト勝ち上がり方からメンタル面は充実していそうですが、体力面ではさすがに不安がありそうです。
    レブロンに疲労が見えた時点で、シリーズが決まってしまうんじゃないかと思います。レブロンの負担を減らすためにも、コーバー・JRらアウトサイドの活躍が必須だと思います。
    まぁ、そんなことはシーズンはじめから分かってることですが。

  2. whynot様の予想全然当たらないからなー

    だから逆予想でキャバリアーズにワンチャンスある気がして気がしました

    とりあえずスイープされることと、トンプソンが活躍することはなさそうで一安心です 笑

    いつも考察を楽しく読んでます!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA